アコム

カードローンの無利息期間使いこなし術|賢く利用して利息をゼロに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
無利息期間があるカードローン0

カードローン会社の中には、「○○日間利息が無料」のように、嬉しい無利息サービスがあるカードローンがあります。

短期間の借り入れや少額のお金を借りたいとき、無利息期間を利用すれば利息ゼロでお得に借り入れすることもできます。

無利息期間があるカードローンや利用条件、注意点などをまとめましたので、申し込みの前に確認して、無利息サービスを賢く利用していきましょう。

1.無利息期間があるカードローン一覧

無利息期間があるカードローンをまとめてみました。ノーローン以外は無利息期間を利用できるのは初回のみです。ノーローンだけは全額返済したら翌日からも1週間無料になり、何度でも使えます。

無利息キャッシング比較表

2.無利息期間の条件

無利息期間を利用するための条件もありますが、プロミスのようにEmailアドレスを登録し、明細をWeb明細に設定するなど、簡単なものとなっています。利用できるなら利用した方が、利息の負担が減るので断然お得です。

3.無利息期間の開始日

無利息期間の開始日はカードローンによって異なります。プロミスは初回利用の翌日から30日間、レイクとアコムは契約日の翌日から無利息期間が適用、ノーローンは借入日の翌日から7日間は無利息(全額返済した翌日も1週間無利息)です。

1番お得と言えるのはプロミスとノーローンです。契約日の翌日ではなく、実際に借入した日の翌日から適用なので、無利息期間を損することはありません。レイクとアコムは契約日の翌日から無利息期間が適用なので、契約したらすぐに借入するようにしましょう。

4.無利息期間でお得になる金額

無利息期間を使って30万円借りる場合、それぞれのカードローンでいくらお得になるのか計算してみました。

①プロミス(30日間無利息利用)

金利17.8%で30万円借りると30日間の利息は「30万円×0.178÷365×30=4,389円」になりますので、プロミスは約4,389円お得になります。

②レイクの場合(30日間無利息利用)

金利18.0%で30万円借りると30日間の利息は「30万円×0.18÷365×30=4,438円」になりますので、レイクは約4,438円お得になります。(*180日間無利息は5万円までなので、30日間無利息で計算しています)

③アコムの場合(30日間無利息利用)

金利18.0%で30万円借りると30日間の利息は「30万円×0.18÷365×30=4,438円」になりますので、アコムは約4,438円お得になります。

④ノーローンの場合(7日間無利息利用)

金利18.0%で30万円借りると7日間の利息は「30万円×0.18÷365×7=1,035円」になりますので、ノーローンは1,035円お得になります。

5.無利息のカードローンがオススメな人

無利息のカードローンはどのような方におすすめなのかをまとめました。

その1 初めて借りる人

ノーローン以外のカードローンは、初回限定で無利息期間を利用できます。当然のことですが、支払う利息を減らすことができますので、無利息期間は利用するに越したことはありません。初めて無利息期間があるカードローンを利用するのであれば、必ず無利息期間を活用するようにしましょう。

その2 短期間だけお金を借りたい人

  • 給料日前に1万円だけ足りない…
  • 生活費やお小遣いが緊急でピンチ…
  • お金が入ってくる予定はすぐなのに…

すぐに返せるけど短期間だけお金を借りたい方は、無利息のカードローンはおすすめです。うまく活用すれば利息ゼロで借り入れができます。

その3 急な出費がある人

急な引っ越し費用が必要になったり、冠婚葬祭の費用が必要、ブライダルの手付金が必要になったなど、予期せぬ急な出費が必要になった方にも無利息のカードローンはおすすめです。大きな金額を借りるなら低金利のカードローンの方が良いですが、そこまで大きくない場合は無利息期間をうまく利用しましょう。

6.無利息のカードローンを利用するときの注意点

無利息期間のカードローンを利用するときの注意点は主に4つです。

注意1 条件を確認する

無利息期間が適用される条件はきちんと確認しましょう。Emailアドレスを登録する必要があるなど、条件があります。また、ほとんどのカードローンは初回限定です。過去に一度でも使ったことのある方は条件の対象外ですのでご注意ください。

注意2 開始日を確認する

無利息期間の開始日が借入の翌日からなのか、契約の翌日からなのかは事前に確認しましょう。基本的にプロミス以外は契約の翌日からです。契約の翌日からなら早く借りたほうがお得ですし、プロミスのように借入の翌日からなら返済日の30日前に借りるなど、計画性を持ってうまく回していきましょう。

注意3 返済の延滞をしない

カードローンは絶対に延滞しないでください。借りたお金を期日までに返すのは、社会人としての最初の信用の一歩です。その信用が積み重なり、将来的に住宅ローンや車のローンなど高額ローンが組めるようになります。

期日までにお金を返済しないとブラックリストに載ってしまい、将来的に住宅ローンの審査に通らないなどの不都合が生じます。そういった将来的なことも考え、カードローンで延滞をしないように心がけましょう。

注意4 複数申し込みをしない

カードローンに申し込みをすると、信用情報機関に申込情報が記録されるのですが、カードローン会社はその信用情報を確認することが可能です。1ヶ月に3社以上に申し込みをすると、カードローン会社からするとお金に困っている人だと判断することができますので、審査に通りにくくなります。この状態を通称「申し込みブラック」と言います。

申し込みブラックになると、申込情報が信用情報機関から消える半年間は審査に通りにくくなってしまいますので、いくらお金に困っているのだとしても、一度に申し込むのは2社までにしましょう。すでに3社以上に申し込みをしているのであれば、信用情報が消える半年を待ってから申し込みするようにしてください。

7.厳選|無利息カードローン比較

無利息キャッシングがある大手カードローンを比較してご紹介します。

プロミス

初回借り入れの翌日から無利息期間がスタートするプロミスは最もおすすめです。銀行口座へ最短10秒で振込をしてもらえるサービスも、急いでいる時に重宝します。

プロミス情報

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

新生銀行カードローン レイク

レイクは選べる2つの無利息期間があります。自分が借り入れしたい金額に合わせ、無利息期間を選べます。無利息期間のスタートは契約日の翌日からです。専業主婦の方も借り入れが可能です。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクでお得に借りる方法はこちら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

アコム

アコムも無利息期間のスタートは契約日の翌日からです。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アイフル

アイフルにも無利息期間があり、スタートは契約日の翌日からです。誰にも知られずにカードの受取ができるので、家族に内緒で借り入れしたい人におすすめです。

アイフル詳細

▼アイフルでお得に借りる方法はこちら
アイフルのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

8.まとめ

無利息期間は利息の負担を減らすことができるので、利用しない手はありません。プロミス以外は契約日の翌日から無利息期間がスタートしますので、契約が完了したらすぐに借り入れすることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket