FPが教えるカードローンの無利息サービスを最大限活用する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
カードローン 無利息0

「カードローンの無利息サービスってなんのこと?」「どの業者の無利息サービスが一番お得なのかな…」

カードローンを利用するにあたり、無利息サービスが気になっている方はきっと多いと思います。

無利息サービスは、一定条件を満たす利用者の利息を無料にしてくれる非常にありがたいサービスです。

しかし実は、無利息サービスの活用には注意点があります。注意点を把握しないまま無利息サービスを利用すると、期間を損してしまったり、ダラダラと長期借入に発展してしまったり、思わぬデメリットを被ってしまいかねません。

この記事では、お金のプロであるFPがカードローン各社の無利息サービスを比較し、無利息サービスの注意点や活用方法をわかりやすく解説していきたいと思います。

1.カードローン無利息サービスランキング

カードローンには、消費者金融カードローンと銀行カードローンの2つ種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

カードローンの無利息サービスは消費者金融カードローンが主に取り扱っていますが、かつて消費者金融だった「新生銀行カードローンレイク」も無利息サービスを取り扱っています。ここでは消費者金融カードローンに加え、新生銀行カードローンレイクの無利息サービスにもスポットを当てて解説したいと思います。

無利息サービスのあるカードローン業者では、

  • アコム
  • プロミス
  • アイフル
  • 新生銀行カードローンレイク

の4社が非常に有名ですが、どのカードローンの無利息サービスが最も優秀なのでしょうか。

FPの見解をもとに、各社の無利息サービスをランキング形式でご紹介します。下の図をご覧ください。

カードローン 無利息1

上記は、各社の無利息サービス内容と利用条件を簡単にまとめ、FP(ファイナンシャルプランナー)の見解からランキングにしたものです。各社の無利息サービスを解説していきます。

第1位  新生銀行カードローンレイク

ランキング1位となったのは、新生銀行カードローンレイクです。

新生銀行カードローンレイクの無利息サービスは、2つのプランから任意で選択できる点が大きな特徴です。「契約日の翌日から30日間無利息」「契約日の翌日から5万円まで180日間無利息」と、利用者にとって非常にメリットの大きいサービスとなっています。

少額であれば半年間無利息で借入できる新生銀行カードローンレイクは、銀行カードローン全体の中でも無利息サービスの面で突出していると言えます。

また、利用条件も「新生銀行カードローンレイクを初めて契約する方」とハードルが低く、初めて利用する方であれば誰でも活用することができます。「どちらの無利息プランがお得なのか知りたい」という方は、新生銀行カードローンレイクの公式ホームページ内に設置されている、シミュレーションツールを活用しましょう。

新生銀行カードローン レイク

第2位  プロミス

ランキング2位となったプロミスは、いわずと知れた大手消費者金融カードローンです。プロミスの無利息サービスのポイントは、「初回利用日の翌日から開始」という点です。

先ほどのランキングをご覧いただくとわかるように、他社のカードローンは全て「契約日の翌日から」と規定されています。わかりやすく言えば、「利用の有無を問わず、契約日の翌日から開始する」ということです。

対してプロミスの場合は、初回利用がない限りは無利息サービスもスタートしません。自分の利用状況に合わせて都合の良いタイミングで開始できるため、無利息期間を無駄にすることなく最大限活用できます。

また、プロミスにはポイント会員サービスというものがあります。ポイント会員サービスとは、一定の条件を満たすことにより、ポイントを獲得できるサービスです。例えば、ポイント会員に登録した後に収入証明書類を提出することで、計260ポイントを獲得することができます。

このように獲得したポイントは、「1ヶ月間提携ATM手数料無料」「7日間無利息」などの特典に利用することができます。ポイントサービスを上手く活用すれば30日間の無利息に加え、7日間を無利息にすることも可能です。

ポイントサービスは無料で利用することのできる非常にお得なサービスなので、プロミスを利用する際はぜひ活用してみてください。

プロミス

第3位 アイフル

ランキング3位はアイフルです。アイフルも非常に有名な消費者金融なので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

アイフルの無利息サービスは、「契約日の翌日から30日間」で、4位のアコムと同じです。ただ、アコムの方でお話ししますが、利用条件の面で見るとアコムよりもアイフルのほうが、利用する際の制約が少ないと言えます。このような理由から、アコムよりもアイフルの方がランキングでは上にさせて頂きました。

アイフル

第4位  アコム

ランキング4位のアコムは、3位のアイフルと同様の無利息サービス内容です。ただし、利用する条件として「返済期日が35日ごとで契約した方」というポイントがあるため、アイフルよりも制約は大きいと言えます。

アコムを利用するメリットは、「審査の早さ」や「新規貸付率の高さ」などにあるため、無利息サービスを優先したい方は、他社を選択したほうが良いでしょう。

アコム

2.無利息サービスの注意点

無利息サービスを利用する際の注意点には、

  • 期間を過ぎると通常の金利が適用される
  • 開始日と終了日を把握しておく必要がある
  • 「無利息だから」といって借りすぎてしまうと、返済できなくなる可能性がある

などがあります。

無利息サービスは非常に利用価値の高いサービスですが、リスクがないわけではありません。無利息サービス期間を過ぎてしまうと通常の金利が適用されるため、思わぬ利息が発生することもあります。このような事態を避けるため、無利息サービスの開始日と終了日をしっかり把握しておきましょう。

また、無利息サービスの期間中であっても通常の返済が必要です。例えば、本来50万円の借入希望だった方が、「無利息だから」といって100万円を借入した場合、100万円に対しての返済が発生します。

カードローンの返済額は借入残高が大きくなればなるほど高くなるため、思わぬピンチに繋がる可能性があります。そのため、無利息サービスを利用する場合でも、計画的に借入する必要があります。この3つの注意点さえ理解しておけば、無利息サービスを最大限活用することができるでしょう。

3.まとめ

無利息サービスは、利用者にとってメリットの大きいサービスです。しかし、無利息であってもお金を借りるという行為には違いありません。無利息サービスの注意点を踏まえつつ、無理のないよう活用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事