アコム

カードローンを早く完済する基本ステップと完済後の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ローンカード

カードローンの完済にはコツがあり、そのやり方を実践すれば予定よりも早く完済するも十分にできます。

この記事ではカードローンを早く完済するためのポイントや注意点などをわかりやすくまとめました。

カードローンはいわば借金です。取り入れることができる方法はぜひ今すぐ取り入れていただき、できるだけ早期に完済していきましょう。

1.カードローンを早く完済するための5つのポイント

カードローンを早く完済するためのポイントをご紹介します。

ポイント1 繰上返済をする

カードローンを早く完済するために、毎月余ったお金ができたら繰り上げ返済をしましょう。繰り上げ返済とは、毎月の返済とは別に余ったお金を入金して返済に当てていくことです。

繰り上げ返済の場合、返済したお金は元本にすべて充当されるので利息が取られません。利息は元本に比例して下がるため、繰り上げ返済をすればするほど元本が減っていき、次回からの返済が楽になります。

カードローンを完済する一番のコツは繰り上げ返済です。繰り上げ返済を上手に使って、早期に完済しましょう。

なお、カードローンは完済しないかぎり、次回の返済日も返済する必要があります。繰り上げ返済するときは、あくまでお金が余った時にするようにしてください。次回に返済するお金がなくなってしまうようでは元も子もありません。

ポイント2 返済期間を把握する

自分のカードローンの返済期間はいつまでなのか、その期間を把握していない方は結構いらっしゃいます。今のまま払い続ければいつ返済が終わるのかを調べることが重要です。

カードローンの返済期間は毎月の明細にも書いてありますので、チェックしておきましょう。

わからない方はカードローン会社に電話するのも1つの手です。返済期間をしっかりと把握し、今後に活かしていきましょう。

ポイント3 借り換えを検討する

現在使っているカードローンはどのような経緯で契約したでしょうか。急いでいてどこでもいいので早く貸してくれるところで借りたかもしれません。

そんな時は借り換えを検討してみてください。金利の安いところに乗り換えれば返していくのが楽になりますし、完済した時のトータルの支払総額も減ります。

例えば100万円を金利年18%で5年間借りていた時の金利は90万円ですが、100万円を年15%で5年間借りていた場合の金利は75万円になります。簡単な計算例ですが利息が年3%下がるだけで25万円もの差が出ることがわかります。

長い付き合いが前提であるカードローンは金利が非常に重要となってきます。少しでも金利の安い銀行カードローンに借り換えができないか検討してみましょう。

ポイント4 おまとめを検討する

複数のカードローンを利用している場合には、返済を一本化して負担を軽くできるようなおまとめローンがあると便利です。

おまとめローンによって金利が安くなれば、返済総額の減少や月々の負担がラクになりますし、返済が一本化されて複数あった返済日も一日で済むようになります。

ただし、おまとめローンは返済を一本化できるだけの高いお金を借りることになるため、その分審査が厳しくなります。なかなかカードローン会社もホイホイとは貸してくれません。これまでの実績や返済能力が重要になってきます。

ポイント5 残高スライドリボルビング方式以外を選ぶ

残高スライドリボルビング方式では、例えば返済額が100万円の場合は月10,000円の返済、残高が50万円に減れば月々の返済額は5000円、残高が30万円になれば月々の返済は3000円のように、残高が減っていくと返済額も自動的に減っていきます。

返済はだんだん楽になっていきますが、その反面、返済が終わるまでの期間は延びていってしまいます。

カードローンを早く完済したいのであれば、返済方式が残高スライドリボルビング方式以外のカードローンを選ぶのもポイントの1つです。借り換えやおまとめをする際には返済方式にも注目しましょう。

借り換えやおまとめの予定がなく、利用しているカードローンの返済方式が残高スライドリボルビング方式の場合には繰上返済を上手く使ってみてください。そうすることで早く完済することが可能です。

2.カードローンを完済した後の注意点

カードローンを完済したとしても契約はまだ続いています。完済したからといってカードローンが自動的に解約になるわけではありません。解約の手続きが完了し、カードにハサミを入れてはじめてカードローンの解約となります。

カードローンは年会費がかかるわけではありませんので、また使うためにとっておいても良いですが、持っていたらついつい使ってしまう可能性もあります。直近で利用する予定がない場合には、カードローンを解約してしまうことをおすすめします。

3.カードローンを解約した方が良い人

カードローンの解約をしたほうが良い人についてお話しします。

ケース1 住宅ローンなど他のローンに申し込む人

住宅ローンなど他のローンに申し込む際にはカードローンを解約しておいた方が良いです。一般的に住宅ローンは「ローン返済比率 = 年間合計返済額 ÷ 年収」で評価され、この割合が高ければ高いほど返済が困難であると見なされます。

カードローンの枠を持っているとこの年間合計返済額がMAXまで、つまりカードローン限度額いっぱいまで借入たものと見なされてしまいます。住宅ローンを組むことを考えている場合、完済したカードローンはすべて解約してしまうのが良いでしょう。

これは車のローンなどでも同様です。カードローンを複数枚持っていれば、たとえ使っていなくとも多額の借入を抱えていると判断されてしまうため、ローン返済比率を高めてしまいます。

審査に通らなかったり、審査に通っても融資額が減らされてしまうことがありますので、使っていないカードローンは解約し、ローン返済比率を下げましょう。一般的に20%以下が返済比率として望ましいとされています。

この枠内に収まっていない場合はカードローンを持ちすぎている可能性がありますので、住宅ローンや自動車のローンなど、他のローンを組む前にカードローンは解約することをオススメいたします。

ケース2 けじめをつけたい人

  • もうカードローンは使いたくない
  • 返済に疲れた
  • 返済が大変だった
  • 借金はしたくない
  • 貯金体質に生まれ変わりたい

さまざまな理由でカードローン生活に「けじめ」をつけたい人はカードローンの解約がおすすめです。またカードローンが必要になったときには再契約すれば良いです。再契約には再度審査がありますが、延滞や事故歴などがなければ再契約は容易です。

4.カードローンを解約しない方が良い人

万が一の際、カードローンをまた使うかもしれないと感じている方は、カードローンを解約せずに持っておくのも1つの手です。カードローンは利息以外のお金はかからないため、維持しているだけではお金は発生しません。

ATMにカードを差しこむだけでまたすぐに利用ができます。解約せず持っておく場合には無駄遣いだけは注意しましょう。

5.カードローン完済後の信用情報

カードローンの信用情報は解約して5年経過すると消えます。解約しないと信用情報はずっと信用情報機関に残り続けます。

遅延や延滞などがなく、借入状況が優良な場合には、信用情報をそれほど深く考える必要はありませんが、今後のために将来的に残したくない方はカードローンを完済したらすぐに解約してしまいましょう。

ちなみに、カードローンを解約したからといって事故情報がすぐに消えるわけではありません。事故情報は事故情報で保有される期間が決まっていますので、その期間が経過しない限り解約したとしても信用情報機関に残ります。

6.まとめ

カードローンはただ単に返済をするよりも、ポイントをおさえた上で返済をしていくと早く完済することができます。できることはしっかりと実践をして1日でも早い完済を目指しましょう。

また、カードローンの完済と解約はイコールではありませんのでその点も注意してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket