カードローンはフリーターでも利用できる?最短融資の方法や注意点を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
カードローンを利用するフリーターの女性

カードローンはフリーターの方でも利用可能です。

カードローンの利用条件は商品によって異なりますが、「原則安定した収入があること」という申込条件が規定されているケースがほとんどです。

そのため、金額の大小に関わらず毎月収入があればカードローンを利用することは可能です。

ただし、申込は可能でも全てのカードローンで審査に通過できるわけではありません。カードローンの審査難易度は商品によって異なるからです。

審査に通過しやすいカードローンもあれば、審査に通過するのが難しいカードローンもあるため、フリーターの方がカードローンを利用する際は商品選びも大切になってきます。

この記事では、フリーターの方に適したカードローンや注意点などを詳しくまとめました。

1.フリーターの賢いカードローンの選び方

カードローンは大きく分けて次の3つの種類がありますがそれぞれ特徴が異なります。

  • 消費者金融カードローン
  • 銀行カードローン
  • 信販会社のカードローン

このうち、フリーターの方が選択しやすいのは消費者金融カードローンです。それぞれの要点を見ていきましょう。

①消費者金融カードローン

消費者金融カードローンはアコムやプロミスなど消費者金融会社が取り扱う商品です。審査スピード、融資時間が非常に素早く、急いで融資を受けたい方に適しています。

その反面、設定されている金利は高めで、長期間ズルズルと借入してしまうことにより、利息が高くつきやすいというデメリットがあります。

消費者金融によっては無利息サービスという特典を取り扱っている場合があります。このサービスは初回の利用に限り一定期間の利息を免除してもらえるサービスです。

短期間の利用であれば無利息サービスを活用することで利息を効果的に節約することができます。

加えて「アルバイト、パートでも利用可能」と明記している商品が多く、フリーターの方でも安心して申込することができます。

審査の難易度も低めで、大手消費者金融の中には約43%の新規貸付率(※審査を通過した人の割合のこと)となっている業者もありますので、初めてカードローンを利用するフリーターの方にとっては選択しやすい商品だと言えるでしょう。

②銀行カードローン

銀行カードローンとは大手銀行を含む銀行が直接取り扱っているカードローンのことです。

銀行が持つ「安心、安全」というイメージをPRしている商品が多く、消費者金融や信販会社よりも貸付利率を低めに設定しているカードローンが非常に多いです。

その反面、融資までに時間がかかるケースもあるので時間に余裕のある方に適していると言えます。

銀行が取り扱うカードローンの中には「パート・アルバイトでも申込可」と記載している商品もありますが、消費者金融よりは審査の難易度が高くなっています。毎月の収入がしっかりしているフリーターの方に適している商品だと言えます。

③信販会社のカードローン

クレジットカードを主に取り扱う信販会社ですが、カードローンを取り扱っている業者も存在しています。

信販会社が取り扱うカードローンの特徴として、クレジットカードにカードローン機能を付加した商品があります。

このような商品であれば1枚のカードでショッピングとしても利用することができ、加えてキャッシング機能を利用すれば現金を借入することも可能です。

機能が集約された商品なので「カードを何枚も持ち歩きたくない」という方にはピッタリの商品だと言えます。

ただし、商品内容は消費者金融寄りですが審査スピードは遅めです。融資までに時間の余裕がある方に適している商品でしょう。

2.フリーターがカードローンを利用する際の注意点

フリーターの方がカードローンを利用する際の注意点は「業者によって年収の取り扱いが異なる」という点です。

フリーターの方の中には複数のアルバイトで生計を立てているというケースもあるかと思いますが、カードローンは業者によって「最も多い収入を得ている勤務先の年収」のみを審査対象とする場合があります。

例を挙げると、3つのアルバイトで年収200万円を得ている方がいたとします。それぞれの内訳は100万円、60万円、40万円となっています。

この場合、最も多い収入を得ている勤務先の年収のみを審査対象とする商品を選択してしまうと、年収100万円で審査を受けることになります。年収が下がれば総量規制の限度額が大きく変動します。

総量規制とは、貸金業者を対象とする法律により定められている制度で年収の3分の1以上の貸付を制限します。年収200万円であれば本来66万円まで借入できたはずが、年収100万円の取り扱いになってしまうと33万円が限度になるということです。

フリーターの方がカードローンを選択する際は「複数の勤務先年収を合算しても問題ないかどうか」が非常に重要だと言えます。

3.フリーターにおすすめできるカードローン

フリーターの方におすすめできるカードローンの条件として、

  • アルバイト、パートでも利用可能かどうか
  • 複数の勤務先年収を合算できるかどうか
  • 商品内容が利用しやすいかどうか

という3つを満たす必要があります。

「カードローンの種類が多すぎて調べるのが大変…」という方も多いと思いますので、上記条件に該当する商品を1つ厳選してご紹介したいと思います。

フリーターの方におすすめできるカードローンはプロミスです。

プロミスの特徴は、

  • 実質年率4.5~17.8%
  • 最短審査時間が30分と早い
  • 複数の勤務先でも年収の合算が可能
  • 在籍確認についても相談できる
  • 初回利用の場合、30日間の無利息サービスを活用できる
  • 三井住友銀行ATMを無料で利用できる

となっています。

プロミスはフリーターの方でも利用しやすい商品内容になっており、複数の勤務先年収を合算した金額で審査を受けることができます。

ただし、複数の勤務先を合算する場合は念のため申込後に電話連絡を入れておくほうが良いでしょう。

プロミス

プロミス情報

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

4.まとめ

フリーターの方でもカードローンを利用することは可能です。ただし、収入が不安定であるケースが多いため、過度の借入には十分注意しておく必要があるでしょう。

返済シミュレーションを活用しつつ、無理のない範囲で借入するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket