アコム

カードローン審査に通らない理由はこれだ!FPが教えるカードローン審査の傾向と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
カードローン 審査 通らない0

「カードローンの審査を何度受けても通らない…」とお悩みではありませんか?

カードローンの審査はさまざまな項目を精査した上で、総合的な良否判断となっています。しかし、「特に思い当たる節もないのにカードローン審査が通らない」という方も実は少なくないのです。

では、審査に通る人と通らない人の違いは、どのようなポイントなのでしょうか。この記事では、カードローン審査に通らない要因となりやすいポイントをもとに、審査の傾向や対策を解説していきます。

1.カードローンの審査に通らない3大理由

結論から触れておくと、カードローンの審査に通らない場合、当然ながら何らかの要因があります。そして、カードローンの審査に通らない要因は、多くの場合下記のような理由です。

  1. 信用情報に問題がある
  2. 収支バランスに問題がある
  3. 収入の安定度が低い

それぞれ簡単に解説していきましょう。

理由1 信用情報に問題がある

信用情報とは、「信用情報機関」が管理している、個人の信用に関わるような情報のことです。信用情報に記載されている項目は、

  • 本人の氏名、勤務先等の情報
  • クレジットカードやキャッシング、割賦払いなどの契約内容
  • 過去の返済履歴、延滞情報
  • 他社の借入件数、借入合計額
  • 事故情報の有無

などです。カードローンの審査ではこれらの項目をもとに、「誠実に返済してもらえそうかどうか」を判断されます。

したがって、クレジットカードやキャッシングの延滞を繰り返していたり、過去に自己破産などの債務整理を行った履歴があったりと、信用情報に何らかの問題がある場合は、カードローンの審査に通らない可能性が高くなってしまいます。

理由2 収支バランスに問題がある

カードローンの審査で重視されるポイントとして、「収支バランス」があります。収支バランスはその名のとおり、収入と支出のバランスのことを指します。

例えば、年収500万円でカードローンの審査を受けたとしましょう。通常であれば、問題なく審査に通過できるレベルの年収です。しかしもし、申込者の子どもの人数が4人、住宅ローン有り月10万円、他社の借入4件だったらどうでしょう?

そう、年収に対しての支出割合が大きいと判断されやすくなってしまうのです。

カードローンの申し込み時には、家族構成や住宅ローンの有無、住宅が自己所有かどうかなど、利用者の収支バランスを判断するための項目があります。もちろん、家計を入力するわけではないので暫定での審査なのですが、収支バランスに明らかな問題があるような場合は、カードローンの審査に通らない可能性が高くなります。

理由3 収入の安定度が低い

カードローンの審査に通らない要因として、収入の安定度が要因となる場合があります。収入の安定度は雇用形態や職種、勤続年数等で判断されることになります。

したがって、例えば転職したてで勤続年数が極端に短かったり、年収の波が大きい職種だったり、収入の安定度に問題があるような場合は、審査結果に影響する可能性があります。

このように、カードローンの審査に通らない理由を大まかに想定することもできるのです。次章では、カードローン審査に落ちてしまう意外な理由を解説します。

2.カードローン審査に落ちてしまう意外なポイント

カードローンの審査で落ちてしまう理由として、意外なポイントが要因となってしまう場合があります。その意外なポイントとは、「携帯機種代金の滞納」です。

携帯の代金は、携帯会社との契約で規定されています。したがって、通話料や通信料を滞納したとしても、カードローン審査に通らない原因になることは少ないでしょう。

しかし実は、携帯機種の分割代金を含んでいる場合は「割賦払い契約」に該当し、信用情報機関に登録される情報として取り扱われるのです。

つまり、毎月の携帯代金に機種代金が含まれた請求を滞納し続けてしまうと、「信用情報に問題がある利用者」として取り扱われることになり、カードローンの審査に通らない要因となる場合があるのです。

携帯の代金は、ついつい支払いを忘れてしまったり、他の支払いよりも後回しにしてしまったりと、優先順位を下げてしまいがちです。しかし実は、このように信用情報の面で大きく影響する場合もあるのです。

特に思い当たる節がないにも関わらずカードローンの審査に通らない方は、各信用情報機関に信用情報の開示請求を行い、割賦契約を含めて問題がないかどうかをチェックすると良いでしょう。

3.審査に通りやすいカードローンと通りにくいカードローン

「カードローン」と一言でいっても、各社さまざまな商品を取り扱っています。わかりやすくいえば、審査に通りやすいカードローンもあれば、通りにくいカードローンもあるということです。

「カードローンの審査に通らない…」と悩んでいる方は、審査に通りやすいカードローンの見分け方を知りたいと思います。審査に通りやすいカードローンの見分け方は下記のとおりです。

  1. 消費者金融が取り扱っているカードローン
  2. 「新規貸付率」または「成約率」が45%以上
  3. 金利が18%前後

上記のポイントを全て満たすカードローンであれば、カードローン全体の中でも審査の難易度は低いといえます。

2の「新規貸付率」と「成約率」はどのようなものかというと、「申し込み者数に対しどの程度の割合で審査を通過させたか」を表している指標です。この数値が高ければ高いほど、申し込み者数に対し審査に通過した人の割合が多くなるということです。

審査基準が厳しくなればなるほど審査に通過する人の割合は下がりますので、この指標をもとにカードローンを選ぶことで、審査に通りやすいカードローンを見つけることができます。

これらの指標は、消費者金融各社の「月次データ」「マンスリーレポート」でチェックすることができます。カードローン審査に通らない方は、この点もチェックしつつ商品を選択しましょう。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「一番借りやすい消費者金融はどこ?審査通過率を徹底比較」

4.カードローン審査の傾向と対策

ここまで触れたように、カードローンの審査に通らないのは複数の要因が考えられます。その中でも、カードローン審査の傾向として、下記のようなケースは即審査を落とされてしまう可能性があります。

カードローン審査で即落とされてしまう可能性があるケース

  1. 他社の借入件数が4件以上
  2. 他社の借入残高が年収の3分の1を超えている
  3. 過去5~10年以内に自己破産等の債務整理を行った
  4. 現時点で、クレジットカードやキャッシングの返済を3ヶ月以上延滞している
  5. 勤続年数が半年未満、かつ年収100万円未満

上記のケースに該当してしまった場合、いくら審査に通りやすいカードローンを選んだとしても、審査に通らない可能性は非常に高いです。特に、3・4のように、利用者自身に社会的信用がないと判断されてしまいやすい状態であれば、カードローン審査に通るのは非常に厳しいでしょう。

ただし逆にいえば、上記ケースに該当しないように対策を立てれば、カードローン審査にも有効だといえるでしょう。特に、他社の借入件数を絞ったり、残債をできるかぎり返済した上でカードローンを申し込みしたりと、収支バランスを改善するような対策は難易度も高くありません。

カードローンの審査に通らない方は、上記ポイントをチェックしつつ、ご自身の状況を把握するようにしましょう。

5.まとめ

カードローンの審査に通らない理由は、意外とシンプルなものです。ご自身に身に覚えのない方は、信用情報機関への開示請求を含め、対策を検討しましょう。信用情報の開示請求は、各信用情報機関の公式ホームページからも行うことができますので、必要に応じて活用してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket