銀行カードローンの審査って厳しいの?審査通過率を上げる賢い選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
カードローン審査のチェックリスト

「銀行カードローンの審査って厳しいの?」

カードローンには大きく銀行系と消費者金融系の2つがあり、銀行カードローンの審査は大手消費者金融に比べて厳しいとよく耳にします。

しかし、実際のところ銀行にはメガバンク、地方銀行、信用金庫・信用組合などがあり、同じ銀行カードローンでも審査の中身にはかなり差があります。

そこでこの記事では、銀行カードローン審査の難易度や賢い選び方をまとめました。

銀行内部の観点からポイントをお伝えしていますので、銀行カードローンを選ぶ時の参考にしてみてください。

1.銀行カードローン審査の難易度

銀行カードローン審査の難易度をメガバンク、地方銀行、信用金庫・信用組合に分けてお伝えしていきます。

①メガバンク

メガバンクとは三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行などです。メガバンク系銀行カードローンの保証はアコムやプロミスなど消費者金融が担当しています。

カードローン 保証会社
三菱東京UFJ銀行 アコム株式会社
三井住友銀行 SMBCコンシューマーファイナンス
みずほ銀行 株式会社オリエントコーポレーション

銀行カードローンは銀行ならではの金利なので消費者金融よりも審査は厳しめです。

②地方銀行

千葉銀行や北陸銀行など大手地方銀行のカードローン審査はメガバンクとあまり変わりませんが、次のような場合は審査にプラスになることがあります。

  • 給与の振込先に設定している
  • 公共料金の引き落としに設定している
  • 定期預金をしている
  • 取引年数が長い
  • 重点営業エリア内(銀行の支店近く)に住居や勤務先がある

なお、大手地方銀行のカードローンは消費者金融が保証会社になっているケースが多いですが、地域密着の地方銀行の場合は銀行グループの子会社が保証会社になっている場合も多々あります。

このような場合、保証会社にとって銀行は親会社にあたるため、カードローン審査もある程度融通がきくかもしれません。

③信用金庫・信用組合

朝日信用金庫やしずおか信用金庫などのカードローン審査は地方銀行と同様、次のような場合は評価が高くなります。いかにメインバンクとして利用しているかが大きな評価基準です。

  • 給与振込の受取口座として指定している
  • 定期預金や定期積金を利用している
  • 公電気・ガス・水道の引落しに設定している
  • インターネットバンキングを利用している
  • 外貨預金や投資信託などの取引をしている

全ての項目がスコアリング評価のポイントになるわけではありませんが、多ければ多いほど審査担当者の心証が良くなるのは間違いありません。

ただし次のようなデメリットもあるため利便性では大手金融機関に及びません。

  • 営業エリアが限定されている
  • 無料で利用できる提携ATMが少ない
  • インターネット取引が弱い

地元の信用金庫や信用組合に預金口座を持っているなら、そちらのカードローンに申し込むのも一つの有効手段です。

2.審査通過率を上げる銀行カードローンの賢い選び方

銀行カードローンを選ぶ時はメインバンクとして利用している銀行を最優先で検討してみてください。メガバンクや地方銀行、信用金庫・信用組合などどの金融機関でも構いません。

メインバンクとして利用していない銀行や預金口座を持っていない銀行に比べ、優遇措置が手厚かったり審査にも有利に働く可能性が大きいです。

金利やサービス内容も確認した上で自分に合っているようであれば、普段利用している銀行のカードローンを利用しましょう。

3.銀行カードローンおすすめランキング

おすすめの銀行カードローンをご紹介します。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは最大800万円借入できるので「まとまったお金を中長期で借りたい方」に特に選ばれています。みずほ銀行の口座を持っていればキャッシュカードですぐ利用できるのも選ばれているポイントです。

みずほ銀行カードローン詳細

▼みずほ銀行カードローンの詳細を確認したいなら
みずほ銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるので「お金を短期間借りたい方」「少額の借入をしたい方」に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクの詳細を確認したいなら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンはコンビニATMなど多くの提携ATM手数料が無料なので銀行カードローンの中でも利便性が非常に高いです。普通預金口座を持っていれば審査通過後すぐに手元のキャッシュカードで利用できます。

三井住友銀行カードローン詳細

▼三井住友銀行カードローンの詳細を確認したいなら
三井住友銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

4.まとめ

借入や返済方法が充実しているなど利便性が高いのはメガバンクですが、地方銀行や信用金庫など地域密着型の金融機関はメガバンクでは審査対象にならないところまで考慮してくれる可能性があります。まずはメインバンクとして利用している銀行のカードローンを確認してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket