アコム

カードローンの限度額を銀行と消費者金融別に徹底比較した結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
カードローン限度額を調べている人

カードローンで借入を考えている時、その限度額って気になりますよね。

果たしていくらまで借りることができるのか。自分が必要としている金額を無事に借りることができるのかなど、不安や心配になったりするものです。

この記事では、カードローンの限度額の比較や限度額でカードローンを選ぶときのポイント、限度額の決まり方などについてまとめました。

できるだけ損せず借入ができる方法をご紹介していますので、カードローンを利用する時の参考になれば幸いです。

1.大手銀行カードローンの限度額比較表

大手銀行カードローンの利用限度額を比較しています。

カードローン金利年限度額
三菱東京UFJ銀行年1.8%~14.6%500万円
みずほ銀行年2.0%~14.0%800万円
オリックス銀行年1.7%~17.8%最高800万円
三井住友銀行年4.0%~14.5%800万円
りそな銀行年3.5%~12.475%800万円
イオン銀行年3.8%~13.8%800万円
ジャパンネット銀行年2.5%~18.0%1,000万円
楽天銀行年4.9%~14.5%500万円
東京スター銀行年4.5%~14.6%500万円
静岡銀行セレカ年4.0%~14.5%500万円
横浜銀行年1.9%~14.6%1,000万円
関西アーバン銀行年4.0%~14.4%500万円
ソニー銀行年2.5%~13.8%800万円

2.消費者金融カードローンの限度額比較表

主な消費者金融カードローンの利用限度額を比較しています。

消費者金融金利年利用限度額
アコム3.0%~18.0%1~800万円
プロミス4.5%~17.8%1~500万円
アイフル4.5%~18.0%500万円
SMBCモビット3.0%~18.0%1~800万円

3.限度額でカードローンを選ぶときの2つのポイント

限度額でカードローンを選ぶときのポイントを2つご紹介します。

ポイント1 銀行カードローンを選ぶ

銀行カードローンの方が消費者金融カードローンよりも限度額が高いところが多くあります。たとえば消費者金融カードローンの場合、SMBCモビットとアコムは800万円まで借入ができますが、プロミスやアイフルは500万円までしか借入することができません。

また、消費者金融カードローンは総量規制の対象です。年収の3分の1までしか借入ができないため、最高限度額のお金を借入したい場合、最高限度額の3倍の年収が必要になります。

そのため、SMBCモビットとアコムは800万円の3倍の2,400万円の年収が、プロミスやアイフルは500万円の3倍の1,500万円の年収がないと、そもそも最高限度額の金額を借入することができません。

クレジットカード限度額3

銀行カードローンで借りれる限度額も年収の3分の1程度にはなりますが、まとまった金額の借入を考えている場合には、低金利の銀行カードローンの方がお得です。

ポイント2 希望限度額の金利を確認する

最低金利は最高限度額に近い金額を借入する時に適用される金利です。

例えば三井住友銀行カードローンの金利は年4.0%〜14.5%ですが、年4.0%が適用されるのは「700万円超800万円以下」の金額を借入する場合です。100万円以下の金額を借入する場合には年12.0%~14.5%の金利が適用されます。

ついつい最低金利に目が行きがちですが、利息の支払いをできるだけ減らすためには希望限度額の金利を確認することがポイントになります。

4.おすすめ銀行カードローン

限度額から選ぶ時のおすすめ銀行カードローンをご紹介します。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは入会で1,000ポイントもらえることから「楽天を普段から利用している」方に特に選ばれています。いつもの口座で利用することもできますし、コンビニなどの提携ATMから借入や返済も可能です。

なお、楽天銀行の口座を持っている場合は24時間振込が可能なので、楽天銀行口座を持っている方にも選ばれています。

楽天銀行カードローン詳細

▼楽天銀行カードローンでお得に借りる方法はこちら
楽天銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは最大800万円借入できるので「まとまったお金を中長期で借りたい方」に特に選ばれています。みずほ銀行の口座を持っていればキャッシュカードですぐ利用できるのも選ばれているポイントです。

なお、みずほ銀行の住宅ローンを利用するとカードローン金利が年0.5%低くなります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

みずほ銀行カードローン詳細

▼みずほ銀行カードローンでお得に借りる方法はこちら
みずほ銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるので「お金を短期間借りたい方」「少額の借入をしたい方」に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクでお得に借りる方法はこちら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

5.限度額の決まり方

実際にいくら借入ができるのかは、カードローンに申込をした後の審査によって決まります。

希望限度額100万円で申込をしたけど、審査の結果50万円までしか借入できなかった場合もあれば、希望限度額50万円で申込をしたけど、限度額200万円で審査に通った場合もあります。申込をした人によって限度額はちがうので注意しましょう。

また、最高限度額が1,000万円のカードローンだから自分も1,000万円まで借入ができる、というわけではありません。

その人がいくらまで借入ができるのかは、あくまで審査によって決まりますので覚えておきましょう。

6.限度額の増額と引き上げるための3つのコツ

限度額は自分から増額申請をすることもできますし、カードローン会社から増額の提案が来ることもあります。ただし、利用開始後すぐに増額できるというわけではありません。どのようにすれば限度額の増額ができるのか、そのコツを3つご紹介します。

コツ1 返済の延滞をしない

返済を延滞している、もしくは返済を延滞したことがある場合には、あなたの信用が下がってしまいます。信用が低い人にはまず増額の提案は来ませんし、増額の申請をしても通らない可能性が高くなってしまいます。

たとえうっかり忘れてしまったのだとしても、延滞は延滞です。限度額の増額のためにもそうですが、身を滅ぼさないためにも返済日はきちんと守るようにしましょう。

コツ2 定期的に借入をする

借入と返済を繰り返すことによって、利用実績を積み上げることができます。1回借りてすぐに完済して終わり、というのも実績は実績ですが、何度借入しても、しっかりと返済をしている人の方が利用実績は高くなります。

カードローン会社はお金を貸すのが仕事なので、お金を定期的に借入してくれて、きちんと返済してくれる人が上客です。将来的に限度額を引き上げたいと思っている場合には、定期的に借入をして、しっかり返済するようにしてみてください。

コツ3 半年以上利用する

カードローンの利用を始めたばかりの状態では、利用実績がないため増額申請をしてもまず通りませんし、増額の提案も来ません。利用実績を作るために、短くても半年以上は利用するようにしましょう。

7.まとめ

カードローンを限度額で選ぶ場合、銀行カードローンを選ぶこと、そして最高金利が低いカードローンを選ぶことがポイントです。この2つのポイントをおさえた上で、あなたに合ったカードローンを選んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket