カードローンを徹底比較! あなたに適したカードローンはこれだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
カードローン 徹底比較0

「カードローンの種類が多過ぎて選び方が分からない…」。カードローンの利用を検討する際、非常に多くの方がそう悩まれています。

カードローンは大きく分けて、「銀行カードローン」と「消費者金融カードローン」の2つがありますが、どちらにも異なったメリットがあるのです。

ここでは、各カードローンのメリットを徹底的に比較し、あなたにピッタリのカードローンの選び方を詳しく解説します。

1.カードローンの分類と適している人

冒頭でも触れたように、カードローンは2種類に分類できます。それぞれのメリットは下記の通りです。

カードローン徹底比較1

上記は、各カードローンのメリットを簡単にまとめたものです。消費者金融カードローンの大きなメリットは、「融資までの早さ」と「即日融資」です。消費者金融カードローンは審査にかかる時間が非常に短く、融資までの手続きもできる限り簡略化されています。

したがって、「どうしても即日で借り入れしたい」という方にとっては強い味方だといえます。加えて、銀行カードローンに比べると審査の難易度が低めに設定されているため、審査に不安を感じる方でも融資を受けやすいという特徴があります。その反面、金利は高めで、長期的な借り入れに利用すると利息額が膨らんでしまう可能性があります。つまり、消費者金融カードローンは「完済までの期間が短い場合に適している」といえるのです。

次に、銀行カードローンは消費者金融カードローンとほぼ正反対の特徴を持っています。融資までのスピードよりも条件面が充実しています。例えば、消費者金融カードローンの設定金利は100万円以下の融資の場合、18%前後です。対して、銀行カードローンの場合は同条件でも15%前後に設定されています。

したがって、消費者金融カードローンよりも格段に利息を抑えられます。また、銀行カードローンの中には、提携ATMを手数料無料で利用できる商品もあります。つまり、銀行カードローンは「長期間の返済コストを抑えて利用したい場合に適している」ということになります。

2.カードローンを比較するポイント

ご自身がどちらのカードローンに適しているのか分かったところで、カードローンを比較するポイントに触れていきましょう。カードローンは、

  • 金利
  • 審査の早さ
  • 提携先ATMの豊富さ
  • 提携先ATM手数料が無料かどうか

この4つのポイントを比較することで、より具体的に「ご自身のニーズと合っているか」を判断することができます。それぞれの比較方法を簡単に解説します。

ポイント1 金利

金利は低ければ低いほど利息額が少なくなるため、返済コストに直結する重要な項目です。カードローンの金利は、

例)実質年率 4.5%~18.0%

というように、左側に下限金利、右側に上限金利が表記されていますが、金利を比較するときは「上限金利」を比較します。その理由は、よほど大きな金額を借り入れしない限り、下限金利は適用されないからです。カードローン利用者のほとんどは100万円までの少額利用者ですので、上限金利を比較することにより具体的に判断することができるのです。

ポイント2 審査の早さ

審査の早さは、融資が下りるまでの時間に大きく影響します。特に、「当日中に借り入れしたい」「急いでお金を用意したい」という方は、この項目を優先することで即日融資を受けられる確率を格段に上げることができます。

提携先ATMの豊富さ

カードローンはその性質上、定期的に返済する必要があります。その際、コンビニATMやさまざまな地方銀行など、カードローンの返済先となる提携先ATMの豊富さは「使いやすさ」に大きく影響します。「使いやすいカードローンがよい」という方は、この項目を優先すれば満足度の高いカードローンを選択することができるでしょう。

ポイント3 提携先ATM手数料が無料かどうか

カードローンは、自社で運営しているATMとは別に、提携している金融機関でも利用することができます。しかし、提携先ATMを利用するたびに手数料を支払わねばならないとすれば、毎月の返済コストがかさんでしまいます。カードローンの中には全ての提携先ATMが無料で利用できる商品もありますので、「提携先ATMを利用したいけど、返済コストを少しでも抑えたい」という方は、この項目を優先しましょう。

このように、各比較ポイントの意味を理解したうえで自分の優先順位を把握しておけば、「違うカードローンにすればよかった」と申し込み後に後悔するような事態を避けることができます。次章では、それぞれの比較ポイントから見た具体的なおすすめカードローンを、ランキング形式でご紹介します。

3.各ポイントカードローン比較ランキング

ここでは、各比較ポイントの優良カードローンをランキング形式でわかりやすくまとめました。

①低金利カードローンランキング

順位 商品名 金利
1 りそな銀行カードローン 3.5%~12.475%
2 住信SBIネット銀行MR.カードローン プレミアムコース 1.89%~7.99%
3 みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%

②審査が早いカードローンランキング

順位 商品名 審査時間
1 アコム 最短30分
1 アイフル 最短30分
1 プロミス フリーキャッシング 最短30分

③提携先ATMが豊富なカードローンランキング

順位 商品名 提携先数
1 楽天銀行スーパーローン 53
2 アコム 18(クレディセゾン含む)
3 プロミス フリーキャッシング 17(クレディセゾン含む)

※EnetATMは1提携先として計算しています。
※提携先数は公式ホームページ上に明記されているものに限ります。
※コンビニ内メディア端末は除外しています。

④提携先ATM手数料無料カードローンランキング

順位 商品名 詳細
1 バンクイック 全て無料
2 三井住友銀行カードローン 原則無料
3 楽天銀行スーパーローン コンビニATMは全て無料
(無料で利用できる提携先ATM多数あり)

4.ニーズ別優良カードローン

上記のランキングでは、それぞれの比較ポイントを分かりやすく順位化しました。上記を踏まえたうえでの「ニーズ別優良カードローン」は、下記の通りです。ご自身のニーズに合ったカードローンを検討する際に、ぜひ参考にしてください。

①低金利なカードローンがいい

りそな銀行カードローン

りそな銀行カードローン情報

▼りそな銀行カードローンの詳細を確認したいなら
りそな銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

②すぐにお金を借りたい

アコム

アコム情報

▼アコムの詳細を確認したいなら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

③提携先ATMが多いカードローンがいい

楽天銀行スーパーローン

④提携先ATMを無料で使いたい

バンクイック

バンクイック詳細

▼バンクイックの詳細を確認したいなら
バンクイックのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

5.まとめ

カードローンを検討する際のニーズは幅広く、単純にスペックの優れたカードローンが全ての方に適しているわけではありません。したがって、まずはどのようなカードローンを求めているのか、ご自身のニーズを明確化する必要があるのです。しっかりと情報収集を行い、ご自身にピッタリのカードローンを見つけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket