アコム

カードローンは解約すべき?メリットデメリットと信用情報への影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
カードローン 解約

カードローンの申し込みについては誰でも熱心に調べるものですが、肝心の解約については意外なほどに無関心だったりします。

残高が0になって安心してそのまま放置していたけれども、そのせいで住宅ローンの審査がはねられてしまったなんてことも現実に起きています。

カードローンは解約まできっちり行ってはじめて無事契約終了となることを、今回の記事で確認しておきましょう。

1.カードローンの解約方法と条件

カードローンを解約するためには、当然のことながら借入残高を0にする必要があります。

気をつけなければならないのは、残高が0になったから自動的に解約になるということはなく、基本的には自動更新でカードローン契約は有効のままであるということです。借入全高を0にするのと同時に、未払いの利息を清算して所定の手続きを踏まなければ、カードローン契約を解約することはできません。

実際の解約手続きは各社によって若干の違いがありますが、インターネットの手続きだけで解約できるケースは基本的にはありません。各会社のホームぺージを見ても、解約手続きの詳細はコールセンターへ問い合わせるように促すところが多くなっています。

解約したい旨を電話で伝えると、清算に必要な金額や必要書類、持ち物をはっきりと教えてくれますので、まずはコールセンターへ電話をかけることが解約への第一歩となります。

店頭に出向いて身分証明書を提示の上、署名捺印が求められる場合もありますし、解約するだけなのに意外と煩雑な手続きが必要だなと感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

カードローンに限らず、こうした契約関係は極力解約して欲しくはないという思いも当然ありますので、積極的に解約を促してくれる会社はほとんどありません。解約の意志をもって、しっかりと手続きにのぞむ必要があります。

2.カードローンを解約する2つのメリット

解約手続きは多少の面倒を伴うため、それなりの解約のメリットがないと、なかなか手続きに踏み切れないということもあります。カードローンを解約することで得られるメリットを確認しておきましょう。

メリット1 けじめがつく

何はさておき、けじめがつくことがカードローン解約の1番のポイントと言えます。コツコツとカードローンの返済を続けてきて、いよいよ借入残高を0とすることができるのはとてもすばらしいことです。

しかし、残高が0になったとしてもカードローンの契約は有効のままです。いつでもまた借り入れできる状態なので、預金口座からお金を引き出すのと同じような簡単さで、再度借り入れすることができてしまいます。

生活が苦しくなってくると不思議なもので、カードローンの枠が借金の枠であるという自覚が薄れてしまい、使えるお金があるという、誤った感覚に陥ってしまうことが多いです。一旦解約してしまえば借入枠もきれいさっぱりなくなってしまいますので、安易にまたカードローンに頼るという甘えを断ち切ることができます。

クレジットカード地獄の脱出に成功した方が、クレジットカードにハサミを入れる象徴的なシーンがありますが、ローンカードにハサミを入れることも、借金のけじめとして非常に大きな意味を持ちます。

メリット2 解約の記録が付き5年後には情報が消える

個人の借り入れに関するすべての信用情報は、5年間は必ず保持されることが定められています。信用情報には、申込、借入(枠)、返済、解約などの情報に加えて、延滞などの事故情報も含まれています。信用情報が貸金業者で共有されることにより、多重債務者の発生を未然に防ぎ、借り手と貸し手の双方を守る情報として機能しています。

この個人の信用情報のすべては、5年を過ぎると全て抹消されることになっています。延滞などの事故情報はもちろんのこと、返済や、借入枠(極度額)の記録も5年保持の上消去されます。

カードローンの残高が0になったとしても、借入枠があるものとして継続的に記録が残っていくことになります。そのため、カードローンを解約しないと、いつまでたっても信用情報に記録が付き続けるということになります。

カードローンを解約することにより、解約から起算して5年後には何も無かったことと同じになります。住宅ローンなど、改めて新規の借り入れをする際にも、カードローン枠などの記録はなくなっていた方が好ましいので、極力早めに解約しておくに越したことはありません。

3.カードローンを解約する3つのデメリット

メリットの裏側には必ずデメリットも表裏一体として存在するのが普通です。カードローン解約のデメリットについてもしっかりと把握しておきましょう。

デメリット1 いつでも利用できる借入枠がなくなる

解約しない限りカードローン契約は有効のままですので、どうしてもお金が足りなくなった場合、解約していなければすぐに借り入れをすることができます。解約をするときには長期的な視点で見て、しばらくカードローンを使う予定が無いことを確認しておきましょう。

デメリット2 もう一度借りたいときは再度申し込みが必要

解約をするということは、契約を完全にまっさらにするということでもあります。一旦解約してしまうと、借り入れするためには再度申し込みが必要となり、在籍確認なども1からやり直しとなってしまいます。審査も当然のことながら初回申し込みと同様、特別扱いはありませんので、場合によっては審査に落ちてしまう可能性も無いとは言えません。

デメリット3 延滞情報などの事故情報はすぐには消えない

カードローンを解約することにより、延滞情報なども一緒に消えてしまうものと誤解されている方も案外多いですが、全ての記録は5年間は決して消えることはありません。

延滞情報を消すためにあえて延滞記録の付いたカードローンを解約し、別のカードローンに申し込みをすることは、全く意味がないどころか、かえって不利益を被ることにもなりかねません。延滞情報がそのまま残っている状態で新規に申し込みをしても、審査にはねられる危険性が高くなります。

いわゆる申込みブラックとも呼ばれる余計な信用情報が記録されるだけ損となってしまいますので、延滞情報を消すなどという目的で解約することは意味がありません。

4.カードローンを解約した場合の信用情報

カードローンを解約手続きすると、信用情報は5年間は保持されることになっています。カードローンを解約した日の次の日からは、そのカードローン契約の記録は真っ白になります。

つまり、カードローンを解約した日から5年経つと、解約したカードローンの記録は全て真っ白な状態となるわけです。順調に利用していた場合も、途中で延滞事故を起こした場合でも、5年間の記録というのは変わりません。

5.カードローンを解約しない場合の信用情報

カードローンを利用中であれば信用情報は記録され続けますが、残高が0であっても解約しない限り、融資枠が存在するものとしてずっと記録され続けてしまうことになります。カードローンの枠があるということは、いつでも借り入れすることができますので、全く利用していないとしても、その分の借り入れがあるのと同等として扱われてしまうわけです。

理不尽に感じられるかもしれませんが、お金を貸す側の考え方としては当然の考えとも言えます。

6.まとめ

カードローンの解約は、思った以上に重要な意味合いを持つことを感じていただけたと思います。カードローンの契約は一般的な感覚とはちょっと異なる部分もありますが、誤解の多い部分でもありますので、この機会にぜひ、重要なポイントだけでも把握するようにしていてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket