アコム

カードローン初心者に必要な知識とFPが選ぶ優良カードローン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
カードローンの利用が初めての女性

「カードローンってどんなふうに活用したらいいのかな…」「カードローンを利用してみたいけれど、専門用語が多過すぎてよく分からない」

これまでカードローンを利用したことがなく、初めて利用を検討している方の中には、仕組みがよく理解できず不安を感じている方も多いことでしょう。

しかし、カードローンは一度利用すると、その使いやすさに手離せなくなってしまうほど利便性の高い商品です。

ここでは、「カードローンとはどんなものか」「カードローンを利用する際に最低限知っておくべき特徴」など、カードローン初心者にありがちな疑問を中心に解説していきます。

1.カードローンとは

カードローンの利用を検討している方の中には、大きな不安を感じている方もいることでしょう。「返せなくなったらどうしよう…」「お金を借りるのは初めてだから緊張する」など、初めてカードローンを利用する際には、ほとんどの方が緊張を感じるものです。

もちろん、カードローンといっても「お金を借りる」行為には違いありませんから、不安を感じるほうが普通の感覚なのです。

しかし、知識が全くないままカードローンを選んでしまっては、ご自身の状況やニーズにピッタリの商品を選ぶことはできません。

そのような困った状態にならないよう、カードローン初心者が「カードローンを理解するために最低限必要な知識」に触れていきたいと思います。

まず、「カードローン」とは、カードを介して利用する無担保ローンを指します。担保とは、貸したお金が万一返済できなくなった場合に、売却などをして借りたお金の返済金に充てることを借入先に提示しておく「もの」のことです。

具体的な例を挙げると、住宅ローンを組んだ際には住宅、自動車ローンを組んだ際には購入した自動車が担保に該当します。カードローンは無担保ですので、このような担保を用意する必要がありません。

さらに、カードローンは保証人なしでも利用できます。保証人とは、万が一契約者本人が返済できなくなった際、契約者本人の代わりに返済を行う人を指します。

分かりやすくいうと、カードローンは「本人の信用のみでお金を借りられる商品」であるということです。

2.初心者が最低限知っておくべきカードローン4つの特徴

カードローンには下記のような特徴があります。それぞれ簡単に解説していきましょう。

<カードローンの特徴>

  • 自由に借入・返済を繰り返すことができる
  • 返済は「リボルビング方式」
  • 利用する際には審査が必要
  • 金利が低いほど利息が少なくなる

特徴1 自由に借入・返済を繰り返すことができる

カードローンは発行されたローンカードを利用して、借入・返済を自由に繰り返すことができます。

また、クレジットカードとは違い、利用日数と残高に応じてその都度利息額が変化する仕組みであるため、いつでも一括返済することが可能です。非常に自由度の高い融資商品と言っていいでしょう。

カードローンを利用できるのはカードローン業者が運営しているATMと、業者間で提携しているATMです。コンビニに設置されている定型ATMもあり、24時間365日の借入・返済が可能なカードローンも存在します。

特徴2 返済は「リボルビング返済方式」

「リボルビング返済方式」とは、返済金額が毎月一定額である返済方式を指します。カードローンのほとんどが採用しているのが「元利定額方式」で、毎月の一定返済額に利息額が含まれていることが特徴です。

例えば1万円が毎月の返済額だった場合、そのうちの8,700円が元金、1,300円が利息というように、一定金額の中に元金と利息が含まれているため、返済計画が立てやすいメリットがあります。

特徴3 利用する際には審査が必要

カードローンを利用する際は必ず「審査」があります。審査とは、ローン利用の申し込みをした利用者が「誠実に返済してくれそうかどうか」を、勤務先情報や年収などの情報から融資可能かどうかを総合的に判断するためのものです。

カードローンによって審査に通過する基準は異なり、審査に通りやすいカードローンもあれば、審査に通りにくいカードローンもあります。カードローンを利用する際にはその辺りも見極める必要があります。

特徴4 金利が低いほど利息が少なくなる

カードローンを利用する際に頻出する専門用語の中で、最も利用者に大きく影響する項目の一つが「金利」です。金利とは、1年間借入した際に発生する料金で、いわば「お金のレンタル料」です。金利はこのように表記されます。

例)実質年率 4.5.%~18%

「実質年率」と「金利」の違いは、保証会社の保証料や運営手数料を含むかどうかで決まります。金利は単純に「レンタル料」そのものの割合を指し、実質年率はその「レンタル料」に保証料や運営手数料が含まれます。

カードローンの金利は基本的に実質年率と表記されますので、この記事内においては「実質年率=金利」と捉えても問題ありません。

金利は数値が低いほど利息が少なくなります。カードローンの公式ホームページでは、左側に下限金利、右側に上限金利が表記されています。

金利を比較する際は必ず上限金利で比較することに注意しましょう。下限金利は融資最大額近くを借入した際にしか適用されないからです。

カードローンの融資最大額は少なくとも500万円以上で、それほど大きな金額の借入ができる利用者は非常にまれであるのも事実です。

少額利用の際に適用される可能性の高い上限金利を比較することで、よりお得に借入が可能なカードローンを選択することができます。

3.FPが選ぶ初心者におすすめの優良カードローンは?

「自分に合ったカードローンを選べる自信がない…」「無難なおすすめカードローンを知りたい」方もいらっしゃるでしょう。お金のプロがカードローン初心者向けのカードローンを厳選してご紹介します。

お金のプロであるFP(ファイナンシャル・プランナー)が、カードローン初心者におすすめする商品を選ぶ場合、

  1. 低金利であること
  2. 利便性が良く使いやすいこと
  3. 即日で融資を受けることができること

という3つの条件を満たしていることを基準としています。実のところ、これら全てを満たすカードローンは少なく、非常に厳しい選択基準だといえます。

これらの条件を満たすカードローンの中でおすすめできるのがプロミスです。

プロミスの大きな特徴として「申込から融資まで最短60分という融資スピード」と「WEB完結も可能ですし、カードレスでも利用できる利便性の高さ」があります。

プロミスは「カードローン初心者でどんなカードローンを選べばいいのか分からない」方や、「全ての面でバランスの取れた使いやすいカードローンを利用したい」方にピッタリのカードローンです。

プロミス

プロミス情報

▼安心の女性オペレーター対応なら(男性も申込可)
プロミスのレディースキャッシング公式サイト

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは


4.まとめ

カードローンは専門用語が多く、カードローン初心者にとっては理解しづらいポイントもあるでしょう。

しかし、一度理解すれば仕組みは非常にシンプルです。しっかりとポイントを押さえて、ご自身にピッタリのカードローンを見つけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket