カードローンはまだ申し込みするな!デメリットから見た賢い選択

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
カードローン 申し込み デメリット0

カードローンを申し込む際には、ホームページから利用条件などのメリットを確認してから申し込むという方も多いことでしょう。

とはいえ、カードローンは銀行や消費者金融の商品ですので、メリットについての説明はたくさんあっても、デメリットについての話は基本的に少なくなっています。

カードローンを選ぶ時は、少しでも金利が安いところで借りたいと思って、金利や融資可能限度額に目がいってしまいがちですが、利息や返済方法などのデメリットも比較しておく必要があります。

カードローンをより安全に利用していく上では、むしろデメリットの方が重要といえます。今回は、カードローン申し込みのデメリットとその注意点について見ていきましょう。

1.カードローンを利用する9個のデメリット

カードローンのデメリットは主に9個あります。

デメリット1 金利が高い

カードローンの金利は大体10%から18%くらいが一般的ですが、マイカーローンや住宅ローンなどに比べてみると、10倍以上の金利になることもあります。

カードローンの金利が高い理由は、設定金額の範囲内で繰り返し利用できる、その利便性にあります。例えば、50万円の設定金額で10万円借り、その後追加で5万円借り、10万円を返済した後に20万円の借入をするなど、自由に何度でも利用できて便利です。利便性の良さと短期間融資、低金額という特性から、高金利に設定されています。

なお、銀行系カードローンの場合は、消費者金融系よりも金利が低く設定されています。例えば、500万円の借入れで4.6~6.1%の金利、利用者が多い100万円以下の場合は12.6~14.6%といったように、限度額で決まっています。

デメリット2 利息がかかる

カードローンは返済期間に応じて利息がかかります。少しでも金利が安いところで借り入れたいと考える方は多いですが、実際にどのくらい利息を支払うか計算している方は少ないようです。

「利息」と「金利」は言葉が似ていますが、意味には違いがあります。実際に借りたローン金額は現金ですが、利息はこの元金に対して一定の利率をかけて出てくる手数料のことです。この一定の利率のことを金利と呼びます。

どのくらいの金利(実質年率)でいくら借りたかが分かれば、カードローンで支払う利息を計算できます。カードローンは、借りた日数だけ利息がかかりますので、利息の計算には何日借りたかという情報も必要です。利息の計算方法は以下の通りです。

利息=元金×金利×借入期間

単純な計算ですが、ローンは借入期間が短いほど、負担する利息は少なくて済みます。申し込みをする前に、どのくらいの利息がかかるのかは必ず確認しておきましょう。なお、無利息カードローンなら、一定期間は利息なしでお得にお金を借りることもできます。

デメリット3 返済残高が減りにくい

カードローンの多くは残高スライドリボルビング方式を採用していて、借り入れ残高が減ると、月々の返済金額も自動的に少なくなり、返済残高が減りにくいシステムになっています。

カードローンの返済方法は、返済額に元金と利息が含まれていて、借りている金額の大きさに応じて返済額が決まるため、返済額にいくらの元金が充当されているかが分かりにくく、返済予定が立てにくいことがあります。

残高スライド元利定額リボルビング方式は、できるだけ少ない金額を返済していきたいという方には良いシステムですが、借り入れ残高が減りにくく、返済期間が長期的になってしまうのが特徴です。

さらに、追加で借りやすいというカードローンの特徴と合わせると、借り入れ残高が少しずつ増えていってしまうリスクもあります。カードローンの返済は、できるだけ月々の返済金額よりも多く返すことがポイントになります。

デメリット4 返済に時間がかかる

残高スライド元利定額リボルビング方式は、少ない金額を返済していくので負担は少ないですが、借り入れ残高が減りにくく、返済期間が長期的になってしまいます。毎月の返済は小さくても、返済に時間がかかるとトータルで大きな金額になっていることがあります。

ローンの総支払額を少なくするには、繰り上げ返済などを行い、短期間で完済することを心がけることがポイントとなります。ただし、短期間でローンを返済すると、一度の返済額が大きくなり、流動性の高い資金が少なくなってしまいます。繰上返済をする場合には、手持ち資金がギリギリにならないように、資金に余裕を持ちながら進めるようにしましょう。

デメリット5 自分の銀行口座のように勘違いしてしまう

カードローンは銀行のキャッシュカードと同じように、いつでもATMから借り入れができてしまうため、自分の銀行口座のように勘違いしてしまい、借金がどんどん増えていってしまう可能性があります。

カードさえ持っていれば曜日や時間を問わず、利用限度額内でいつでも気軽にATMからお金を引き出すことができます。これはカードローン最大の特徴でメリットでもあるのですが、毎月返済をしつつも、追加で借り入れてしまうので、常に借りている状態になりがちです。

カードローンの場合は最初に利用限度額の枠内ぎりぎりまで借りたとしても、毎月返済していけば再度利用できる枠が増えていきます。お金を借りている間は利息が発生するので、長期的な利用になれば負担がどんどん大きくなる可能性があります。

デメリット6 信用情報機関に履歴が残る

カードローンに申し込みをすると、信用情報機関に申込情報や利用履歴など、金融機関との取引履歴が残るというデメリットがあります。カードローン借入れの取引履歴は、信用情報機関という団体が収集管理しています。

信用情報機関とは、個人や企業が金融機関から借入れをした金額や返済状況などの情報を集めて管理している団体で、日本国内にはJICC、CIC、KSCの3つの信用情報機関があります。

ローンやクレジットカードに申込むと信用情報に記録され、審査に通らず契約に至らなかったとしても、申込の記録は残ります。

カードローンの審査に通過して契約を結んだ後、ローンの返済を行ったり、延滞してしまった時など、利用した内容が逐一信用情報に記録されます。この信用情報機関に残った履歴が、カードローンの審査に通らない理由となることがあります。

デメリット7 住宅ローン審査に影響する

カードローンに申し込んでいると、住宅ローンやマイカーローンなどの審査に影響が出てデメリットとなることがあります。カードローンの返済を終えて残高がゼロになったと安心して放置していると、そのせいで住宅ローンの審査がはねられてしまうことが現実に起きています。利用していないカードローンの枠も審査の際にその分がカウントされるからです。

カードローンは使用していなくても年会費はかからないので放置していて構いませんが、新規ローンの審査だけでなく、盗難やスキミング、情報漏洩など、第三者に悪用されてしまう可能性もあります。解約まできっちり行ってはじめて契約終了となりますので、使用する予定がないカードローンは解約しておくことをお勧めします。

デメリット8 希望金額を借り入れできないことがある

カードローンで融資が受けられる上限額は審査によって決まるので、希望している金額を借り入れできないことがあります。多くのカードローンは、利用最大500万円と記載されていますが、最大利用限度額の金額を借りようと思っても、実際にいくら借りることができるかは審査で決まります。

消費者金融系カードローンや信販系カードローンの場合、総量規制という年収の3分の1までしか利用できない規制があります。総量規制対象外の銀行系カードローンでも同じくらいの額が目安となりますので、実際に最初に利用できる限度額は30万円~50万円程度の場合が一般的です。

利用目的が決まっているのであれば、目的別のフリーローンを利用した方が、低い金利で大きな金額を借りられる可能性が高くなります。

デメリット9 海外では利用できない

費者金融系カードローンも銀行系カードローンも海外では利用できません。レジでカードを渡して支払うショッピング機能はありませんし、海外でキャッシングもできませんので、海外旅行には向いていません。

2.おすすめのカードローン比較ランキング

おすすめのカードローンを比較してご紹介します。

新生銀行カードローン レイク

第1位は新生銀行カードローン レイクです。レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるため、「短期間だけお金を借りたい」「少額の借入をしたい」といった方に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報


▼レイクの詳細を確認したいなら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アコム

第2位はアコムです。アコムは融資スピードは最短1時間と早く、土日祝日に申し込みをしても当日中に借入ができます。「急ぎで借りたい!」という方に特に選ばれています。また、30日間の無利息期間もあるため、「給料日が来たらすぐに返せる」というような、短期間だけ借りたい方もアコムを利用しています。

アコム情報


▼アコムの詳細を確認したいなら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

第3位はプロミスです。プロミスは平日14時までに契約完了していれば銀行口座へ最短10秒で振込をしてもらうことができるため、「急ぎでお金を借りたい方」に選ばれています。

プロミスにも30日間の無利息期間があり、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている場合、深夜でも土日祝日でも受付完了から最短10秒で振り込んでもらうことが可能です。そのため、プロミスは「三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている方」に特に選ばれています。

プロミス情報


▼プロミスの詳細を確認したいなら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

みずほ銀行カードローン

第4位はみずほ銀行カードローンです。みずほ銀行カードローンは「まとまったお金を中長期で借りたい!」といった方に特に選ばれています。みずほ銀行の口座を持っていれば、キャッシュカードですぐに利用できるのも選ばれているポイントです。

みずほ銀行カードローン詳細


▼みずほ銀行カードローンの詳細を確認したいなら
みずほ銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|最速融資を受ける手順と注意点とは

モビット

第5位はモビットです。WEB完結申込なら電話連絡や郵送物がないことから、派遣社員の方のように普段会社にいることが少ない職業の方や家族や職場にバレずに借入したいといった方に選ばれています。職場への電話連絡をどうしても避けたい方の利用が特に多いです。

モビット詳細


▼モビットの詳細を確認したいなら
モビットのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

3.まとめ

カードローンの申し込みには、様々なデメリットがあります。カードローンは住宅ローンやマイカーローンなどに比べて金利が高いことや、返済に長い時間がかかって、期間に応じて利息がかかってしまうというデメリットがあります。

カードローンに申し込んでいると、ついつい借り入れが増えてしまったり、新規の審査に影響を与えてしまうこともあります。しっかりと理解してから申し込むようにしましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket