アコム

年齢制限なしのカードローン|死亡するまで融資を受けられる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
カードローン 年齢制限

銀行カードローンや消費者金融カードローンで、年齢制限なしのカードローンは存在しません。

例えば80歳を超える高齢者に貸付を行っても、返済能力から考えると返済は非常に難しいですし、年齢の関係から返済中に亡くなってしまう可能性もあります。

カードローンは無保証人や無担保で融資するサービスです。返済能力などを考えれば、年齢制限なしで貸付を行うことにはやはり問題があります。

大手カードローンは何歳まで借り入れができるのか、一覧を表にまとめましたのでまずはそちらを確認してみましょう。年齢に引っかかってしまう場合には、75歳までOKのカードローンか、死亡するまで融資が受けられるリバースモーゲージを検討してみてください。

1.大手カードローンの年齢制限一覧

大手カードローンの年齢制限をまとめました。年齢はすべて満年齢で記載しています。銀行カードローンは、高齢になると申し込みができなくなる傾向にありますが、消費者金融カードローンでは年齢条件も高くなる傾向にあります。

カードローン会社 年齢条件について
りそな銀行 満20歳以上60歳未満
みずほ銀行 満20歳以上66歳未満
三井住友銀行 満20歳以上69歳以下
三菱東京UFJ銀行 満20歳以上65歳未満
オリックス銀行 満20歳以上69歳未満
イオン銀行 満20歳以上65歳未満
ジャパンネット銀行 満20歳以上70歳未満
楽天銀行 満20歳以上60歳以下
新生銀行(レイク) 満20歳以上70歳以下
アイフル 満20歳以上69歳以下
プロミス 満20歳以上69歳以下
ノーローン 満20歳以上69歳以下
モビット 満20歳以上69歳以下
アコム 満20歳以上69歳以下

2.75歳までOKのカードローン

大手の銀行カードローンや消費者金融カードローンは高くても70歳未満までしか利用することができませんが、75歳まで利用することができるカードローンがあります。

75歳まで利用できるからといって必ず借りられるわけではなく、しっかりとした年金収入や安定した収入を得ていることが条件となってきますが、今からご紹介するサービスも参考にしてみてください。

①福島銀行シニアサポート(60~75歳)

福島銀行には、シニアサポートと呼ばれるサービスがあります。福島銀行に年金(厚生年金、国民年金、共済年金)を受取っている人が利用することができ、年齢制限が満60歳以上75歳以下で完済時80歳以下の人と限定されています。福島銀行シニアサポートを利用するためには、手数料として2,160円を支払わなければなりません。金利は4.8%となっており、100万円まで借り入れを行うことができます。

→ 福島銀行シニアサポートの解説へ

②荘銀シニアローン「年金プラン」(60~75歳)

荘銀シニアローンは、満60歳以上満75歳以下で、完済時の年齢が満80歳以下の個人の人が利用できます。荘内銀行で年金を受取っていることや、手続きを行っていることが条件となります。これらの条件に加え、あなたの自宅や連絡先が荘内銀行の営業区内でなければなりませんので、様々な条件が求められます。借り入れ金額は200万円まで借り入れを行うことができ、金利は4.5%か6.5%のどちらかとなっています。

→ 荘銀シニアローン「年金プラン」の解説へ

③広島銀行シルバーサポートプラン(60~75歳)

広島銀行シルバーサポートプランは「〈ひろぎん〉ファミリーローン(シルバーサポートプラン)」と呼ばれています。自宅を所有している人を対象としており、借り入れ時60歳以上75歳以下で完済時81歳以下の人という年齢制限があります。事業性資金や投機性資金として利用することはできません。借り入れを行う際の融資金額は10万円以上500万円以内となっていて、融資期間も10年以内です。変動金利も4.0%と6.0%で担保も不要となっています。

→ 広島銀行シルバーサポートプランの解説へ

④さいきょうシニアローン(60~75歳)

「さいきょうシニアローン」は本拠地が山口県にある西京銀行が提供しているサービスです。「さいきょうシニアローン」は、満60歳以上満75歳以下で、完済時の年齢が満80歳以下という年齢制限があり、西京銀行で公的年金の受け取りを行っている方に限定しています。(または、その利用に関する手続きを行っている方や西京銀行が営業を行っている区内の領域に居住している人が対象です。)

借り入れ金額は100万円まで借りることができますが、その際の金利は借主の使い道によって変化します。フリーローンとして利用するのであれば3.8%となり、教育ローンやカーローンとして利用するのであれば2.8%で設定されます。

→ さいきょうシニアローンの解説へ

3.死亡するまで融資を受けられるリバースモーゲージ

リバースモーゲージという商品の場合、年齢制限がありません。リバースモーゲージは自宅である持ち家を担保とするため、年齢制限でカードローンを利用することができなかった高齢者でも借り入れを行うことができます。持ち家を担保にすることができれば、持ち家の価値の範囲内で借り入れを行うことが可能です。亡くなったあとに担保に設定してある自宅が銀行に売却されることで、借り入れた金額を返済することになります。

リバースモーゲージについては「リバースモーゲージとは|売却との違いとメリット・デメリットまとめ」で詳しくご紹介していますので、こちらも参考にしてみてください。

→ 「リバースモーゲージとは|売却との違いとメリット・デメリットまとめ」へ

4.まとめ

年齢制限のないカードローンは基本的にありません。安定した収益のない人が、年齢制限関係なく借り入れを行うことができるという制度は現実的にありえないからです。年齢制限に引っかかってしまい、カードローンを利用できない場合には、持ち家がある方に限られますがリバースモーゲージを検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket