アコム

カードローンの年齢制限一覧|年金受給者や70歳以上は借りれるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
カードローン年齢

カードローンは一体何歳から何歳まで借り入れができるのでしょうか。年金受給者になっても融資を受けることはできるのでしょうか。

カードローンの年齢制限は日頃気にすることはありませんが、いざ自分自身の年齢が上がってきたら、一体いつまで借り入れできるのか気になるものです。

この記事では銀行、消費者金融別にカードローンで融資を受けることができる年齢についてまとめました。

年金受給者でも借りられるカードローンや、70歳を超えている方が借りられるカードローンについてもお伝えしていますので、今後の計画を立てるためにも確認しておきましょう。

1.銀行カードローンで借りられる年齢制限一覧

銀行カードローンの年齢制限について見ていきましょう。メガバンクでは三井住友銀行カードローンだけが69歳以下まで借り入れができるようになっています。

カードローン年齢

基本的に大手銀行は年齢が高くなると借り入れが厳しく、三井住友銀行カードローンの69歳以下が限度です。ジャパンネット銀行や新生銀行カードローン レイクなどの年齢制限が高いのは、インターネット銀行にアクセスできるようなアクティブな人は、相対的に見て若いということが考えられるでしょう。

2.消費者金融カードローンで借りられる年齢制限一覧

消費者金融カードローンで借りられる年齢の一覧を見ていきましょう。

カードローン年齢1

大手消費者金融は69歳以下までキャッシングが可能です。年金受給者の方でも融資を受けることはできますが、年金受給以外に安定した収入と返済能力を有している必要があります。

3.年金受給者が借りられるカードローン

年金受給者の方が融資を受けられるカードローンを3つご紹介します。

  1. 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック(65歳未満)
  2. みずほ銀行カードローン(65歳以下)
  3. 新生銀行カードローン レイク(70歳以下)

年金受給者の方が利用でき、年齢制限が1番高いのは新生銀行カードローン レイクです。満70歳まで借り入れができます。

4.70歳を超えている方が借りられるカードローン

70歳を超えている場合、カードローンで借りることは難しくなっていますが、荘内銀行や広島銀行などの地方銀行で借り入れが可能です。

①スルガ銀行カードローン

スルガ銀行カードローン「リザーブドプラン」は、年齢制限は70歳以下までですが、新規の借り入れは75歳まで可能です。71歳になるまでにカードローン契約をしておけば、75歳までキャッシングすることができます。

→ スルガ銀行カードローン「リザーブドプラン」へ

②丹馬銀行|セカンドライフ応援カードローン

丹馬銀行セカンドライフ応援カードローンは、60歳から74歳まで借り入れが可能です。ただし、丹馬銀行で年金を受け取っている人が条件になります。年金担保貸付けを利用してないことも条件となりますので注意が必要です。

→ 丹馬銀行セカンドライフ応援カードローンへ

③荘内銀行|シニアローン年金プラン

荘内銀行シニアローン年金プランは、金利は固定で4.5%、または6.5%と非常に低金利のカードローンです。10万円以上200万円未満、もしくは年間年金受給額のどちらか低い額の借り入れが可能です。融資期間は6ヶ月以上7年未満で、80歳までに完済する必要があります。利用するには他にも次の条件があります。

  • 荘内銀行で年金を受け取っている
  • 完済時の年齢が80歳以下の方
  • 年金担保貸付を行っていない
  • 荘内銀行の営業範囲の方
  • 保証会社の保証が受けられる

なお、カードローンは通常手数料等は無料ですが、荘内銀行の年金プランに限っては、事務手数料が1,080円と用紙代540円が必要となります。また、繰り上げ返済をする場合にも繰り上げ返済手数料がかかります。金利の安いカードローンですが、キャッシングに対し何かと事務手数料がかかるのがネックとなっています。

→ 荘内銀行シニアローン年金プランへ

④広島銀行|ファミリーローン シルバーライフプラン

広島銀行のファミリーローン シルバーライフプランは借り入れの年齢が70歳未満で、定期収入のある方が対象です。広島銀行で年金を受給中で団体信用生命保険に加入できることや、保証会社の保証を受けられることが条件となっています。

借り入れは30万円~100万円で金利は変動金利が4.95%、固定金利が5.45%となっています。事務手数料等は無料なのが嬉しいところです。ただし、広島銀行の営業区域内に住まいか勤務先、事業先がある必要があります。

→ 広島銀行ファミリーローン シルバーライフプランへ

5.高齢者がカードローンを利用したい時の4つの注意点

高齢者の方がカードローンを利用したい場合の注意点を4つご紹介します。

注意点1 年金以外に収入があるとなおよし

カードローンによっては年金収入以外の固定収入があることを条件にしているところもありますので、高齢者の方の場合、年金以外に固定収入があると強いです。年金は低額であり、最低限の生活費なので、年金をキャッシングの返済に回してしまうと生活が破綻してしまいます。アルバイトの収入でも良いですし、不動産収入でも良いので、年金以外に収入があると審査には有利になります。

注意点2 不動産担保のカードローン

リバースモゲージというシステムを使えば、不動産を担保にしてお金を融資してもらうことができます。自分自身もしくは配偶者が亡くなったら、自宅を売却して一括返済するというプランになるので、生きている間は住み慣れた自宅を手放さなくて良いというメリットがあります。亡くなってから自宅を担保にとっていた銀行が自宅を売却し、資金を回収するという仕組みです。

リバースモゲージは中央三井信託銀行や、東京スター銀行などの一部の民間金融機関、社会福祉協議会など一部の自治体などが採用しています。銀行などの金融機関は富裕層を対象にしていて、社会福祉協議会などは低所得者を対象にしています。融資限度額は審査によっても異なりますが、不動産評価額の50%~80%となっています。

ただし、不動産の評価額は毎年見直しになります。限度額ギリギリまで借りていると、不動産の評価額が下がった時に、差額の返済を迫られることがあるので注意が必要です。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「リバースモーゲージとは|売却との違いとメリット・デメリットまとめ」

注意点3 死亡時の取扱い

高齢の利用者ということで、カードローンの死亡時の取り扱いが気になるかと思いますが、死亡時にはまずは一括返済が求められます。一括返済ができない場合は、相続人がカードローンを受け継ぎ、その銀行に口座を開設し、カードローン契約を結んで返済を継続していくことになります。相続放棄をする場合は、各銀行に連絡をする必要があります。

注意点4 年金を担保にした貸付

年金を担保にした貸付は独立行政法人 福祉医療機構のみが行っています。それ以外はすべて違法な業者ですので、年金手帳を預けたり、年金を担保にした借り入れはやめましょう。大変なトラブルに巻き込まれる恐れがあります。福祉医療機構以外からの年金を担保にした借り入れは絶対にやめましょう。

6.未成年者がカードローンを利用したい場合

カードローンは成年を対象にしています。18歳や19歳ではカードローンを利用して融資を受けることはできません。学生ローンなど借り入れができるカードローンも一部ありますが、その場合は親権者の同意が必要となります。ご両親の同意は必ず必要となりますので、まずは親に相談してみることをおすすめします。

7.まとめ

カードローンは一般的に就労している人を対象としていますが、銀行、特に地方銀行では地元に密着した形で高齢者への貸付を行っています。カードローンの借り入れは高齢者でも可能ですが、生活が圧迫されないよう、年金を返済の原資に使うような借り方は避けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket