300万借りたいときのカードローンの選び方と利息額まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

300万円という金額を借りる場合、金額が大きい分カードローン選びにはいくつか注意すべきポイントがあります。

一般的に借入額が高額になる場合は、審査が厳しくなったり収入証明書が必要になるなど、なにかと手続きも面倒になりがちです。

今回は、できるだけ手間をかけず一度に300万円を借りるための方法について詳しくご紹介していきます。

300万円を借りた場合の月々の返済額や利息、おまとめ時の注意点についてもまとめましたので、おまとめ目的の方もぜひ参考にしてみてください。

1.300万借りたいときのカードローンの選び方

まずは、300万円を借りたい場合のカードローン選びのポイントからご紹介していきます。

①銀行カードローンを選ぶ

300万円をカードローンで借りる場合は、銀行のカードローンがおすすめです。銀行系のカードローンは総量規制の対象外になるので年収による借入額の規制がなく、返済能力さえあれば、初めての申し込みでも300万円借りられる可能性があります。

また、300万円までなら収入証明書不要で借りられる銀行も多いので、手続きにも手間がかかりません。なにより、銀行カードローンは消費者金融に比べて金利が低いので、利息を最小限に抑えることができ、返済時の負担が軽くなります。

②消費者金融カードローンはNG

借入額が300万円とそれなりに高額な場合は、消費者金融での借入はおすすめできません。消費者金融からの借り入れは総量規制の対象なので、現在全く借り入れがない状態であっても、300万円を借りるには年収900万円以上あることが条件となります。

また、消費者金融の場合、初回の限度額は50万円以内になることが多いので、最初から300万円を借りるのはなかなか難しいですし、借入額が50万円を超える時点で収入証明書の提出も必要になることがほとんどです。金利も銀行に比べて高いので、消費者金融から300万円を借りるというのは、あまり現実的ではありません。

2.300万円まで収入証明書不要のカードローン

申し込み時に収入証明書の提出が必要な場合は、その分手間がかかり審査にも時間がかかってしまいます。銀行カードローンのなかでも、収入証明書不要のカードローンを選ぶのがおすすめです。300万円まで収入証明書が不要な銀行カードローンと、300万円借りた場合の適用金利は次の通りです。

銀行カードローン 300万円借りた場合の適用金利
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 年6.5%
イオン銀行カードローン 年4.8%〜8.8%
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) 基準金利:年4.99%
りそなプレミアムカードローン 年7.0%

3.300万円借りた時にかかる利息

300万円となると支払う利息もそれなりの額になるので、借りる前に利息がどのくらいかかるのか大体の目安として確認しておきましょう。三井住友銀行カードローンで300万円を金利8.0%で借りた場合の利息をまとめました。

①1年間借りた時にかかる利息

300万円を1年間で返済する場合、返済額と利息額は以下のようになります。

  • 月々の返済額 260,965円
  • 支払総額 3,131,577円
  • 利息総額 131,577円

返済シミュレーション1

返済シミュレーション2
出典:http://cardloan.smbc.co.jp/pc/payment_simulation/top

②2年間借りた時にかかる利息

300万円を2年間で返済する場合、返済額と利息額は以下のようになります。

  • 月々の返済額 135,681円
  • 支払総額 3,256,354円
  • 利息総額 256,354円

返済シミュレーション3

返済シミュレーション4

③3年間借りた時にかかる利息

300万円を3年間で返済する場合、返済額と利息額は以下のようになります。

  • 月々の返済額 94,009円
  • 支払総額 3,384,305円
  • 利息総額 384,305円

返済シミュレーション5

返済シミュレーション6

4.おまとめしたいときの5つのポイント

この記事をご覧いただいている方のなかには、今の借金をまとめる目的で300万円の借り入れを検討している方も多いのではないでしょうか。ここでは、おまとめの際に注意したいポイントについてまとめました。

ポイント1 金利が下がるカードローンを選ぶ

借金の負担を軽くするためには、まず利息の支払いを減らすことが重要です。そのためには、今よりも金利が低いカードローンへの借り換えが前提となります。

ただ、いくら金利が下がっても、返済期間が延びるようでは利息の支払額も多くなってしまい意味がありません。おまとめ前に返済期間や支払総額などのシミュレーションをしておくのがおすすめです。

ポイント2 繰上げ返済が簡単にできるカードローンを選ぶ

カードローンの金利は決して低いとは言えませんので、月々最低限の返済だけでなく、繰り上げ返済をして少しでも早く返すことが大切です。繰り上げ返済がしづらいカードローンの場合、お金に余裕があっても手間がかかり気軽に返せないということも考えられるので、繰り上げ返済が簡単にできるカードローンを選びましょう。

ポイント3 返済期間が自分に合っているものを選ぶ

少しでも早く返そうとする気持ちはもちろん大切ですが、無理な返済計画を立てるのは禁物です。返済期間が短くなればその分毎月の支払額が増えることになり、支払いが滞ってしまう危険があります。

カードローンの返済を延滞してしまうと、しばらく追加での借入ができなくなり、信用情報にも延滞履歴が残ってしまいます。おまとめをする際は、返済期間や月々の返済額が自分に合っているかどうかも重要なポイントです。

ポイント4 残高スライドリボルビング方式以外を選ぶ

カードローンの返済方式にはいくつか種類がありますが、多くの金融機関で使われているのが「残高スライドリボルビング方式」というものです。しかし、この返済方式には元金が減りにくいというデメリットがあります。

そもそもリボルビング払いとは、毎月定額を返済していく方法ですが、この「定額」の部分が借入残高によって変動していくのが、残高スライドリボルビング方式の特徴です。つまり、借入残高によって、月々の返済額が変わるということです。

たとえば、借入残高が50万円なら月々の返済額は1万円、40万円なら5千円というように、そのときの借入残高に合わせて月々の返済額が変わっていきます。ですから、借入残高が減っていけば同時に月々の返済額も減るため、一見支払いがラクになるように思えます。

しかし、これこそが残高スライドリボルビング方式の大きな落とし穴です。月々の返済額が減るということは、その分元金の返済にまわる金額も少なくなるということです。そのため、なかなか元金が減らず利息ばかりが膨らんでしまう結果となります。

カードローンを選ぶ際には、残高スライド方式ではなく、できるだけ単純なリボルビング払い(「元利均等返済方式」や「元金均等返済方式」)のものを選ぶようにしましょう。

ポイント5 闇金に気をつける

借入額が高額になると、審査に通らないかもしれないという不安もあるかもしれません。ですが、そんな時こそ闇金などの悪徳業者には十分注意しましょう。「金利が低い、高額の融資もできる」などの甘い誘い文句で近づき、実際は通常では考えられない高過ぎる金利でお金を貸し付けてきます。

借りたら最後、あっという間に利息が膨らみ、とても返せる金額ではなくなってしまいますので、あまり名前を聞いたことがない業者には要注意です。お金を借りる場合は、大手の銀行など信頼できる金融機関を選ぶことが大切です。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「複数の返済を1つにしたい!おまとめ・借り換えカードローン比較ランキング」

5.まとめ

300万円をカードローンで借りる際は、総量規制の問題が関わってくる場合が多いので、まずは銀行のカードローンを選ぶということが最初のポイントです。そのうえで金利や返済期間、月々の返済額などをしっかりと確認し、無理のない返済計画を立てましょう。この際、返済方式や繰り上げ返済の方法まで確認できればベストです。今回ご紹介したポイントを参考にして、少しでもお得なカードローンを選んでいただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket