カードローンの2つの返済方式と最適な返済方法の見つけ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
カードローンの返済

カードローンの返済にはいくつかの方法があります。

短期での借り入れや長期での借り入れなど、どのような返済方式のカードローンを選べば、損せず借り入れができるのでしょうか。

この記事ではカードローンの返済方式や最適な返済方法の見つけ方、返済方法から見た時のおすすめのカードローンなどについてまとめました。

借り入れをする時の参考にしてみてください。

1.カードローンの2つの返済方式

カードローンの返済方法には大きく分けて随時返済と約定返済の2つがあります。

随時返済とは繰り上げ式の返済方法のことで、返済者の余裕があるときに返済するという方法です。一方、毎月決められた日付に返済を行う返済方法が、約定返済となります。カードローン返済のベースが約定返済となるケースが多いです。

2.約定返済の種類

約定返済には、リボルビング払い、分割払い、均等払いの3つがあります。それぞれの約定返済の特徴についてみていきましょう。

その1 リボルビング払い方式

リボルビング払いは、オリックス銀行カードローンや楽天銀行スーパーローンなど、様々なカードローン会社で用いられている返済方式で、毎月定額を返済していくという返済方式です。

例えば500,000円借り入れしたとします。返済残高が500,000円であっても、300,000円であっても、一定額の10,000円ずつを毎月返済していくという方式になります。

ただし、カードローン会社でリボルビング払いだけを採用しているものは少なく、多くは残高スライドリボルビング方式を採用しています。残高スライドリボルビング方式とは、残高によって一定額の返済額にしようという返済方式です。

例えば、楽天スーパーローンであれば、510,000〜1,000,000円は毎月15,000円、310,000〜500,000円は月10,000円に設定されています。このように残高スライドリボルビング方式では、借入残高によって返済額が決まります。

その2 分割払い方式

分割払いとは、元金と利息を合計した総借入額を、複数回に分割して返済していく方法です。例えば36回払いであれば、元金と利息の合計金額を36回に分けて返済していくことになります。カードローンよりもクレジットでよく利用される方法です。

分割払いの場合、回数があらかじめ設定されているため、シンプル且つ返済が分かりやすいという点でメリットがあります。

その3 均等払い方式

均等払いは、返済期間中に一定額を均等に返済していく方法のことを指します。ただ、均等払いには元利均等返済と元金均等返済の2つの返済方法があり、それぞれ返済方法が若干異なってきます。

元利均等返済とは、利息と元金を合計したものを返済期間内で一定額ずつ支払っていくというものです。一定額を支払うという点では、分割払いに似ています。しかしイメージとしては、先に利息を多めに支払っていくという形になるため、なかなか元金が減っていきません。

一方、元金均等返済は毎月支払う元金は一定で、利息は借入金の残高に応じて変動していくというものです。借り入れたばかりの時は支払い額が大きくなってしまう点がありますが、元利均等返済に比べて利息が低く抑えられるというメリットがあります。

こうした均等払いは、三井住友銀行カードローンやレイクなどで用いられています。

3.カードローンの最適な返済方法の見つけ方

これが良いというカードローンがあっても、その人のニーズに合っていなければ、そのカードローンが適しているとは断言できません。カードローンを利用する前に、積極的に利用したいのが各社の借入シミュレーションです。

実際の借り入れの状況については、各社のシミュレーションを利用するとより分かりやすいでしょう。

カードローン各社の公式サイトでは、返済のシミュレーションができるサービスが多くあります。各社の設定などにもよりますが、基本的に入力するものは借入額と返済プラン、返済期間などです。

簡単な情報を入力するだけで、どのくらいの期間でどのくらいの返済をする必要があるのかなどがわかります。カードローンを決める前に、複数の会社で比較してみてください。

シミュレーションで結果が出たら、実際に自分がどこを重視したいか考えましょう。比較を行う際は、同じ条件で計算しているため、どのくらいの期間がかかる、どのくらいの返済額が必要になるなど明確に判断することができます。期間で選びたいのか、返済の総額で選びたいのか、ポイントを絞ってカードローンを選んでいくと良いでしょう。

4.おすすめのカードローン

カードローンの返済方法についてご紹介しましたが、今すぐ借りたい、できるだけ低金利で借りたい、長期で借りたいと言った場合にオススメのカードローンをまとめました。

その1 即日融資で選ぶ

すぐにお金が必要で即日融資を希望するのであれば、ソニー銀行のカードローンがおすすめです。

即日と宣伝していても、提携している銀行などでないと即日融資ができないというカードローンも多い中、ソニー銀行であれば初回に限り、本人が指定する口座で受け取ることができます。最短60分で仮審査の結果が分かるという点も、銀行ローンでは大きなメリットです。

返済方法では、残高スライドリボルビング方式が採用されています。借入額によっても変動がありますが、最低2,000円から返済することも可能です。

即日融資に対応しているオススメのカードローンは「今日中に必要!スピード重視のカードローン比較ランキング」でまとめていますので、こちらも確認してみてください。

>> 「今日中に必要!スピード重視のカードローン比較ランキング」へ

その2 低金利で選ぶ

中長期での借り入れを考えているなら、やはり気になるのが金利。金利が高いと、それだけ利息を支払わなければならなくなってしまいます。まとまった金額を借りるのであれば低金利という条件は選択肢として入れておきたいところです。

そこでおすすめなのは、「住信SBIネット銀行」のMRカードローンです。2016年2月時点で金利年1.99%から7.99%と業界でもトップの低金利なカードローンとなっています。利用限度額もプレミアムコースであれば、100,000円〜10,000,000円と幅広いのが魅力です。

返済方法は残高スライドリボルビング方式を採用しています。リボルビング方式のため、多額の借り入れをしても、はじめの返済額が低く抑えられる点もポイントです。

低金利のカードローンは「大手銀行系|総量規制対象外のカードローン比較ランキング」でも詳しくまとめています。あわせてチェックしてみてください。

>> 「大手銀行系|総量規制対象外のカードローン比較ランキング」へ

その3 返済期限で選ぶ

返済期限については、カードローン会社によって明確に期日が決められている場合もありますが、数年ごとに更新するというタイプもあります。その更新するタイプを除くと、返済期日が長く設けられているカードローンは「オリックスVIPカードローン」です。

返済期間は最後に借り入れを行ったときから最大で18年5ヶ月、回数にすると219回まで借り入れができることになります。返済方法はリボルビング払いです。そのため、中長期的に少しずつ返済を行っていくことができます。

5.まとめ

カードローンの返済方法は、借り入れプランを立てるときの重要なポイントになります。返済方法によって実際の返済額や返済期間も変動してしまうからです。返済方法をよりイメージしたい場合は、各社返済シミュレーションをぜひ活用してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket