銀行カードローンの金利を徹底比較|賢い選び方と決め手のポイントとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
比較する女性

銀行カードローンを選ぶ時、気になるポイントの1つが金利です。損をしないためにも支払う利息はできるだけ安く済ませたいですよね。

この記事では大手銀行カードローンの金利や、銀行カードローンを金利で選ぶ時のポイントをまとめました。

借入限度額ごとの金利も比較していますので、利息額と返済総額を減らし、賢く銀行カードローンを利用するためにぜひ参考にしてみてください。

1.大手銀行カードローン金利比較

大手銀行カードローンの金利比較表です。下限金利は3.0%前後、上限金利は14.0%前後の銀行カードローンが多く、借入限度額は500万円〜1,000万円となっています。

注目したいのはオリックス銀行カードローンとジャパンネット銀行ネットキャッシングです。オリックス銀行カードローンの上限金利は17.8%、ジャパンネット銀行ネットキャッシングは18.0%と、上限金利が大手消費者金融とほぼ変わりません。

その他の銀行カードローンの上限金利は大手消費者金融よりも低金利です。

主要銀行カードローン金利比較表

2.借入限度額別|銀行カードローン金利比較

一般的に多い借入限度額ごとの金利をまとめました。10万円、30万円、50万円、100万円の金利を比較しています。借入限度額10万円〜50万円は金利にそこまで大きな差が出ませんが、100万円を超えると銀行カードローンによってかなり差が出ることがわかります。

借り入れ金額ごとの金利比較表

100万円を超える借入限度額で利用したい場合、利息額と返済総額を減らすためにも、より慎重に銀行カードローンを選ぶ必要があると言えます。

3.銀行カードローンを金利で選ぶ時のポイント

銀行系カードローンを選ぶ基準は人によって様々ですが、金利を基準にして選ぶ時のポイントを2つご紹介します。

ポイント1 上限金利に注目する

銀行カードローンを選ぶ時は下限金利ではなく上限金利に注目します。下限金利は高額融資を受ける時に適用される金利です。一般的に多い50万円以内の借入限度額に適用されるものではありません。

例えば三井住友銀行カードローンの場合、金利は4.0%~14.5%です。下限金利は4.0%ですが、この金利は「700万円超800万円以下」の借入限度額の際の適用金利です。10万円や30万円、50万の借入限度額の場合は上限金利に近い「年12.0%~14.5%」が審査によって適用されることになります。

高額融資を希望しない限り、上限金利に注目して銀行カードローンを選びましょう。

ポイント2 借入限度額の金利を確認する

銀行カードローンの金利は利用限度額ごとに決まっています。例えば三井住友銀行カードローンの金利は次の通りです。

三井住友銀行カードローン金利出典 三井住友銀行カードローン「金利 ・ご契約極度額について」

借入希望額が決まっている場合はその金額から各銀行カードローンの金利を確認し、利息負担を減らせる金融会社を選ぶようにしましょう。

4.銀行カードローンランキング

おすすめの銀行カードローンをご紹介します。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは最大800万円借入できるので「まとまったお金を中長期で借りたい方」に特に選ばれています。みずほ銀行の口座を持っていればキャッシュカードですぐ利用できるのも選ばれているポイントです。

みずほ銀行カードローン詳細

▼みずほ銀行カードローンの詳細を確認したいなら
みずほ銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるので「お金を短期間借りたい方」「少額の借入をしたい方」に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクの詳細を確認したいなら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

ちばぎんカードローン

ちばぎんの口座を持っていれば提出書類なしで最短即日利用できるので「ちばぎんを普段から利用している方」に特に選ばれています。銀行ならではの低金利で専業主婦も借入可能です。

ちばぎんカードローン

▼ちばぎんカードローンの詳細を確認したいなら
ちばぎんカードローンのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

5.まとめ

銀行カードローンの金利を比較してご紹介しました。

金利を基準に選ぶときは、

  • 上限金利に注目する
  • 借入限度額の金利を確認する

この2つの点に注目して選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket