カードローン比較|金利で選んで大失敗?賢いカードローンの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
比較する女性

カードローンは金利だけで選ぶと失敗する可能性が大いにあります。

カードローンを金利で選ぶべきか、それとも他の基準で選ぶべきかは今のあなたの状況によってことなるからです。

この記事では大手カードローンの金利比較や、賢いカードローンの選び方をまとめました。

お金を借りることは借金をするということです。事前にしっかりと確認し、上手にカードローンを利用していきましょう。

1.カードローン金利比較

大手カードローンの金利を比較してみます。金利は消費者金融系よりも銀行系カードローンの方が基本的に低金利です。消費者金融系の上限金利は18.0%前後で、銀行カードローンは14.0%前後となっています。

カードローン金利比較表

借入限度額は金融機関によって異なりますが、一般的には銀行系カードローンの方が高いです。みずほ銀行カードローンを例に言えば1,000万円あります。アコムやプロミスなど消費者金融系は500〜800万円ほどとなっています。

2.カードローン金利の仕組み

カードローン金利は借入限度額が大きいほど低くなり、少ないほど高くなります。

実際の借入金利は審査によって決まりますが、例えば大手消費者金融プロミスは借入限度額が500万円の場合は4.5%の金利が適用され、30万円の場合は17.8%の金利が適用されます。最低金利は最高限度額の場合に適用される水準です。

なお、初回借入時からいきなり最高限度額で借入できることはまずありません。最初は30万円や50万円、100万円といった金額から借入がスタートし、借入実績や返済実績を積み重ねて行くことで信用を作ります。

その時の自身の年収や返済能力なども関係してきますが、信用ができてくると徐々に借入限度額が上がって行き、最高限度額での借入も可能になっていくことを覚えておきましょう。

3.カードローンの賢い選び方

少額の借入をしたいケースと高額融資を受けたいケースに分け、カードローンを選ぶ時のコツをお伝えしていきます。

ケース1 少額の借入をしたい

借入したい金額が3万円や5万円のように少額の場合、無利息期間があるカードローンがおすすめです。例えばアコムには30日間の無利息期間がありますが、無利息期間中に完済できれば利息は一切かかりません。

少額融資の場合は上限金利が適用されますが、短い返済期間で完済できる可能性も高いため、低金利のカードローンを利用よりも利息を減らせる可能性が大いにあります。

消費者金融系はアコムやプロミス、アイフルなど、銀行系カードローンでは新生銀行カードローン レイクに無利息期間があります。少額の借入やすぐに返済できそうな場合にはこの中から選ぶと良いでしょう。

ケース2 高額融資を受けたい

50万円や100万円のように高額融資を受けたい場合、低金利の銀行カードローンがおすすめです。高額融資を受ける場合には返済期間も長期に渡りますので、銀行カードローンを利用した方が全体の利息と返済額を抑えることが可能です。まとまった金額を借りたい、長期に渡って借入したい時は銀行カードローンを選びましょう。

4.カードローンおすすめランキング

おすすめのカードローンをランキングでお伝えしていきます。

ランキングは当サイトのおすすめ順です。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムの詳細を確認したいなら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるので「お金を短期間借りたい方」「少額の借入をしたい方」に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクの詳細を確認したいなら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼プロミスの詳細を確認したいなら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

5.まとめ

少額の借入は消費者金融、高額融資は銀行カードローンがおすすめです。サービス内容をしっかりと確認し、あなたに合ったカードローンで計画的な借入をしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket