アコム

カードキャッシングとは|失敗しないために覚えておきたい知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
買い物する専業主婦

「カードキャッシングどんなサービス?」

「手数料が高くとられるんじゃないの?」

まだカードキャッシングを利用したことがないときは、疑問や不安に思うことが多くて、申し込みをためらったりしますよね。

この記事では、カードキャッシングの基本やメリット・デメリット。利用方法や覚えておきたいキャッシングの知識をご紹介していきます。

1.カードキャッシングとは

カードキャッシングとは、カードを利用したキャッシングサービスのことです。キャッシングとは、必要なお金を一時的に借りることです。何かしらカードを使ってキャッシングをすることを総称してカードキャッシングと言います。タイプは主に次の2つです。

  • クレジットカードを使ったキャッシング
  • キャッシングカードを使ったキャッシング

それぞれどのようにお金を借りることができるのか見ていきましょう。

タイプ1 クレジットカードを使ったキャッシング

キャッシング機能が付いたクレジットカードであれば、それを使ってキャッシングをすることができます。

持っているクレジットカードにもよりますが、あなたの銀行口座に振り込みをしてもらう形でお金を借りることもできますし、ATMでクレジットカードを利用して、お金を引き出す形で借り入れすることもできます。

なお、キャッシング機能が付いていないクレジットカードでは、キャッシングをすることはできません。

クレジットカードとは

  • クレジットカードはクレジット機能を備えたカードのこと。
  • ショッピングやレストランでお会計をするときに使うと、その場で現金を支払わずに、後日銀行口座からの引き落としで会計が可能。

タイプ2 キャッシングカードを使ったキャッシング

キャッシングカードを使ったキャッシングとは、三井住友銀行カードローンのような銀行カードローンや、プロミスなどの消費者金融カードローンから発行されるキャッシングカードを使って、キャッシングをすることです。

カードを使用して専用契約機やATMを操作すると、銀行のATMからお金をおろすように現金を借りることができます。銀行カードローンや消費者金融カードローンに申し込みをする必要があること。そしてカードローンの審査に通ることが、キャッシングを利用する条件になります。

2.カードキャッシングの2つのメリット

カードキャッシングのメリットは2つです。1つはATMを利用して手軽にお金を借りられること、もうひとつはプライバシーを守りながら返済できることです。

メリット1 ATMで手軽にお金を借りることができる

カードキャッシングを利用すると、銀行からお金をおろすのと同じように、ATMから手軽にお金を借りることができます。

結婚式が短期間に集中してご祝儀が足りなくなったときや、旅行や買い物で多額のお金が必要になったときなどに、すぐに現金を用意できることがカードキャッシングのメリットです。

お金の引き出し方法も簡単で、ATMを利用してまわりの目を気にせずにお金を借りることができます。お金を借りていることが、周りにバレることもありません。

メリット2 人目を気にせず返済できる

銀行カードローンや消費者金融カードローンの場合、提携先のコンビニATMなどから人目を気にせず返済することができます。

クレジットカードを利用したキャッシングの場合も、カードによってはATMからの返済が可能ですし、契約先によってはインターネットサービスに対応しているところもありますので、スマホやパソコンから銀行振込による返済もできます。

3.カードキャッシングのデメリット

カードキャッシングのデメリットは、高い金利が伴うことです。カードショッピングだと、一括払いを選択しておけば金利はゼロ。ボーナス二回払いでも、金利が発生しない場合もあります。

しかしカードキャッシングの場合は、高い金利が伴います。一般的に、100万円未満だと金利18%、100万円以上だと金利15%が目安です。カード会社ごとに金利に差があるため、カードを作る際に各会社で比較しておくとよいでしょう。

借りるときはほんの一瞬ですが、返す期間は長期に渡る場合もあります。長期になればなるほど、結果的に金利手数料が高くなり、返済金額の合計が増していきます。

かといって、あまりに短期間に設定し過ぎると生活自体が苦しくなり、カードキャッシングを繰り返して余計に家計を苦しめることにもなりかねません。計画的な返済方法を考えておきましょう。

4.カードキャッシングを利用するには

カードキャッシングを利用したい場合は、キャッシング機能を持つクレジットカードを作るか、銀行カードローンや消費者金融カードローンに申し込み、キャッシング専用カードを作ります。

すでにクレジットカードを持っているのであれば、キャッシング機能が付いているかどうかを確認するのが最も早いです。カードの明細を見ることで確認することもできますし、クレジットカードのサポートセンターに連絡することで確認することもできます。

キャッシング機能が付いていない、もしくはクレジットカードを持っていない場合には、銀行カードローンか消費者金融カードローンに申し込んだ方が早いです。

クレジットカードを申し込んだとしても、手元に届くまでには早くても1週間〜2週間かかります。銀行カードローンや消費者金融カードローンの場合は、即日融資に対応しているものがほとんどなので、今日中に借りることも可能です。

急ぎでお金を借りたいときには、銀行カードローンか消費者金融カードローンを利用しましょう。詳しくは「即日融資が受けられるカードローン6つと即日融資の手順まとめ」でお話ししていますので、確認してみましょう。

>> 「即日融資が受けられるカードローン6つと即日融資の手順まとめ」へ

5.クレジットカードとカードローンのちがい

クレジットカードを利用したキャッシングと、カードローンキャッシングの大きなちがいは、返済期間にあります。

持っているクレジットカードによって多少異なりますが、クレジットカードを使ってキャッシングをすると、基本的には翌月に一括払いで返済するのが一般的です。

カードローンの場合も一括返済はできますが、自分の好きなように分割返済ができるため、3か月、半年、1年のように、期限を決めて返済していく人が多くいます。長期間に渡って無理のない範囲で、計画的に返済することができます。

ただし、月ごとに利息が加算されるため、早くに返済することができるに越したことはありません。

6.カードショッピングとカードキャッシングのちがい

クレジットカードにはキャッシング機能だけでなく、ショッピング機能もあり、ショッピング機能を利用して買い物をすることをカードショッピングと言います。カードショッピングとカードキャッシングの大きなちがいは利用枠です。

利用枠は一般的に、ショッピング枠が30万円、キャッシング枠が10万円といったように、ショッピングで利用できる金額の方が大きくなっています。

利用枠30万円(内キャッシング5万円)のように、ショッピング枠の中にキャッシング枠を含む場合もあります。この場合、ショッピングで最大で利用できるのは30万円、キャッシングで利用できるのは5万円までとなりますが、ショッピングとキャッシングの合計で30万円までしか使うことはできません。

例えば、すでにショッピングで30万円使っているときには、キャッシングは利用することができないことになります。ショッピングで25万円しか使っていないときには、キャッシングで5万円まで借りることができます。

カードショッピングとは

  • カードショッピングとは、お会計する際にクレジットカードで決済し、後払いで処理する方式です。
  • 支払いを1回払いにするか、2回払いにするか、それ以上の分割払いにするかなど、持っているクレジットカードによって様々な決済方法の選択ができます。

7.まとめ

カードキャッシングは急な出費を迫られた場合、すぐにATMでお金を引き出すことができるので便利です。

常に持ち歩いている財布にキャッシング専用カード、あるいはキャッシング機能つきのクレジットカードを入れておけば、まとまった現金が必要になったときも安心です。

しかし、一時的にお金を借りるという行為は、返済することを考えずに利用してしまうと後々苦労する場合があります。金利と手数料に気をつけながら賢く利用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket