アコム

自動車税の払込用紙をなくしちゃった!直接納付の方法と便利な支払方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
自動車税を直接納付したい女性

自動車税の納付通知書は毎年5月上旬に郵送されます。

基本的にはこの納付通知書を使い金融機関で支払いを済ませれば問題ありませんが、納付通知書をなくしてしまった場合は窓口での直接納付も可能です。

今回は直接納付の方法と自動車税の便利な支払方法をご紹介します。

1.自動車税の納付期限と直接納付

自動車税は毎年4月1日時点で車を所有している、もしくは車検証上の使用者となっている方に対して発生する税金で、納付期限は毎年5月末日です。税額は車の用途や総排気量によって次のようになっています。

自家用乗用車の総排気量による税額

自動車税の納付通知書は毎年5月上旬に郵送されるので、基本的にはこの納付通知書を使って銀行やコンビニで支払いを済ませれば問題ありません。

ですが、納付通知書をなくしてしまい窓口で直接自動車税を納めたい時は、お近くの県税務署もしくは自動車税事務所での支払いも可能です。この時、車の登録番号が必要になるので、あらかじめ番号を控えておくか車検証を持参するようにしましょう。

2.自動車税をクレジットカードで支払う時の4つの注意点

自治体によっては自動車税をクレジットカードで支払うことも可能ですが、その場合は4つほど注意点があります。

注意1 決済手数料がかかる

クレジットカードで支払う場合は自治体によって決済手数料がかかります。(ほとんどの場合324円)

注意2 支払期限を過ぎると利用できない

クレジットカード払いができるのは納付期限の間だけです。納付期限を過ぎた督促状や催告書では支払いができないので注意してください。

注意3 納税証明書の発行に時間がかかる

クレジットカードでの支払いは決済に時間がかかるため、納税証明書の発行に2〜4週間ほどかかります。近々車検を控えている場合はそれまでに納税証明書が届かない可能性もあるので注意しましょう。

なお、自治体によっては納税証明書が発行されないケースもありますが、その場合は運輸局の電子システムで納税確認ができるので、車検を通す分には問題ありません。

注意4 口座振替にしている場合はクレジットカード払いができない

自動車税の支払方法をもともと口座振替にしていた場合は、口座振替解除の手続きをしてからでないとクレジットカード払いができません。

3.自動車税を滞納すると発生する延滞金

自動車税を本来の支払期限である5月末日までに納付をしないと、その翌日から本税に延滞金がプラスされます。

延滞税率は納期限の翌日から1ヵ月を経過するまでは年2.8%、それ以降から全額納付されるまでの期間については年9.1%で計算されます。

ただし、延滞金は1,000円以上になって初めて加算されるため、本税の金額によっては数ヵ月間延滞金を請求されない場合もあります。延滞金の詳しい計算方法は次の通りです。

延滞金=【(税額×納期限の翌日から1ヵ月経過するまでの日数×2.8%)÷365】+【(税額×納期限の翌日から1ヵ月を経過した日から完納までの日数×9.1%)÷365】

例えば、税額が34,500円で2ヵ月間(7/31まで)延滞した場合を見てみましょう。

【(34,500×30日×2.8%)÷365】+【(34,500×31日×9.1%)÷365】=345円

2ヵ月間の滞納なら延滞金は345円です。しかし1,000円未満の場合は請求されませんので実質この時点では延滞金は発生しません。では、6ヵ月間延滞した場合はどうでしょうか。

【(34,500×30日×2.8%)÷365】+【(34,500×183日×9.1%)÷365】=1,653円

6ヵ月間延滞すると延滞金は1,653円です。この場合延滞金が1,000円を超えているので、1,600円(100円未満は切り捨て)が本税にプラスして請求されることになります。

延滞期間が長引くほど支払金額は増えるので、支払いが難しい場合でも決して放置せず、早めに県税務署に相談しましょう。

4.自動車税の支払方法

自動車税の支払方法には主に次のようなものがあります。納付通知書をなくしてしまった方も今後の参考までに覚えておきましょう。

方法1 納付通知書

毎年5月の初めに送られてくる納付通知書を使い、金融機関やコンビニなどで支払う方法です。

方法2 口座振替

3月末までに口座振替の申込手続きを行えば、自動引き落としによる支払いも可能です。

方法3 ペイジー

ペイジーでの支払に対応した自治体なら、銀行のATMやネットバンキングからでも支払いができます。

方法4 クレジットカード

「yahoo!公金支払」を使って、インターネットからのクレジットカード払いも可能です。

5.まとめ

今回は自動車税を直接窓口で支払う方法と、その他の便利な支払方法についてご紹介しました。ペイジーやクレジットカード払いは自治体によって対応状況が違うので、詳しくはお近くの県税務所か自動車税事務所で確認してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket