アコム

電気料金が払えない時の4つの対処法|電気が止まる時期と滞納後に起きる事も徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
電気代が払えず困る人

電気料金が払えない時にまず心配になるのは「いつ電気を止められてしまうか」ということですよね。

ライフラインを止められると普段通りの生活を送ることができないので、いつ止まるのかとハラハラしてしまうのは分かります。

しかし、電気料金の滞納によって信用情報に傷が付いたり、最悪裁判沙汰になる可能性もあるので、とにかく電気が止まる前に支払いをする方法を考えましょう。

今回は料金滞納によって電気が止まるタイミングと今すぐ電気代を調達する方法をご紹介します。

1.電気料金を払えない時に最優先でしたいこと

支払期限までにお金を用意できない場合は、できるだけ早いタイミングで電力会社に支払いができない旨を相談しましょう。

一概には何とも言えませんが「停止予告書」が届く前の段階なら支払日の延期や分割払いに応じてくれる場合もあります。

特に電気が止まってからでは滞納分全ての料金を精算しない限り復旧ができないので、最低でも2ヶ月分の支払いが必要になります。

止まる前ならひとまず1ヶ月分を支払えば良い場合もあるので、お金がないからと放置せず、早めに支払いの意思を見せることがまずは大切です。

2.電気料金が払えない時に今すぐお金をつくる4つの方法

電気が止まる前に今すぐお金を調達する方法を4つかご紹介します。

方法1 持っている物を売る

手軽な方法として持っている物を売却して現金を得る方法があります。

ブランド品や貴金属、家電などお金になりそうなものがある場合は、ブランド品専門の買い取り業者やリサイクルショップ、ネットオークションなどを利用して現金に換えましょう。

漫画やゲームなどもそれなりの数があれば数万円以上になることもありますし、人気アニメのフィギュアなども狙い目です。

方法2 カードローンで借りる

消費者金融や銀行カードローンで一時的にお金を借りるのも1つの手です。

プロミスやアコム、アイフルなど大手消費者金融なら審査も早く最短で申込後1時間で借入可能ですし、次のような優れた特徴もあります。

  • 保証人不要・担保不要
  • いつでも返済できる
  • 1万円から借りれる
  • 誰にもバレずに借りれる
  • 申込もスマホから簡単にできる

また、大手消費者金融には無利息期間があるので、無利息期間中は利息ゼロ円で利用できます。すぐに給料が入る予定があるなど短期間だけ利用する場合には利息は1円もかからないので、お得にお金を借りられます。

なお、無利息期間があるカードローンは次の通りです。全て即日融資に対応しています。

[tableid=1/]

方法3 クレジットカードキャッシングを利用する

お持ちのクレジットカードにキャッシング枠が付いている場合は、コンビニや銀行のATMから今すぐ現金を借りることができます。

クレジットカードキャッシングの金利は100万円未満で年18.0%の場合が多く、決して低金利とは言えませんが、新たに審査を受ける必要がないので急ぎの場合には向いています。

キャッシング枠の金額は人によって数万円~数十万円とかなり差があるので、自分のクレジットカードのキャッシング枠を確認したい場合は、カードと一緒に同封されていた台紙を見るか、カード会社に電話で問い合わせをしましょう。

クレジットカードでキャッシングする手順は次の通りです。

<クレジットカードでキャッシングする手順>

  1. ATMのメニューから「お引き出し」を選択
  2. クレジットカードを挿入する
  3. 暗証番号を入力する
  4. 「お借り入れ」を選択
  5. 返済方法を「1回払い」か「リボ払い」から選択
  6. 借入金額を入力する
  7. 現金を受け取る

ただ、クレジットカードのキャッシングには無利息期間はないので、実際にお金を借りるなら大手消費者金融カードローンの方がお得です。

方法4 単発のアルバイトをする

電気代なら2ヵ月分でも1~2万円あれば足りる場合が多いので、単発のアルバイトを2~3日すれば十分工面することができます。

単発バイトの日給は職種によって差がありますが、倉庫作業などの軽作業系なら8,000円から1万円、キャンペーンやイベント系なら1日で1万円以上稼ぐことも可能です。

アルバイトをするにはまず派遣会社に登録をする必要がありますが、急ぎの場合は求人サイトの「shotworks(ショットワークス)」で仕事を探すのがおすすめです。

ショットワークスは今日だけ、今週末だけなど働きたい日をピンポイントに指定でき、職種も倉庫系、イベント系、オフィス系などさまざまなものがあります。

現地面接&給料現地手渡しの仕事を探すこともできるので、電気料金の支払期限が差し迫っている方は今すぐショットワークスでバイトを探すと良いでしょう。

3.当日中に借りれるカードローンランキング

当日中に借りれるカードローンをご紹介します。カードローンを利用する時はこの中から選んで申込をしてみてください。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるので「お金を短期間借りたい方」「少額の借入をしたい方」に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクでお得に借りる方法はこちら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

4.電気料金の滞納によって電気が止まるタイミング

電気料金の支払日は2回あり、検針日から起算して20日または30日後(電力会社による)が1回目の支払日、50日後が2回目の支払日となっています。ただし、本来は1回目の支払日での清算が基本なので20日または30日目以降は延滞扱いとなります。

では、いつ電気が止められてしまうのかですが、送電停止となるのは検針日から50日~70日後です。ここに20日ほど開きがあるのは電力会社によって扱いが違うためで、例えば東京電力なら検針日から60日後、東北電力なら50日後となっています。

ただし、電気が止まる前には必ず「送電停止の通知」が届きます。基本的にこの通知が届くのは、電気が止まる日の約1週間前となっていますので「送電停止の通知」を見逃すことのないよう注意しましょう。

5.電気料金が払えないと起きること

電気料金を滞納した場合に困ることと言えば何より電気が止まってしまうことですが、実はそれ以外にもいくつか問題があります。

①延滞金が発生する

光熱費を滞納すると多くの場合その日数に応じて延滞金が発生します。延滞金の利率は概ね日率0.03%前後(年率約10.0%)で計算される場合が多く、延滞が長引くほど支払総額は増えていきます。

延滞を放置しても自分の首を絞めるだけなので1日でも早く支払いを済ませましょう。

②信用情報に傷がつく

電気料金の支払いを口座引き落としやコンビニ払いにしている場合は良いですが、クレジットカード払いにしている場合、支払いを延滞すると自分の信用情報に延滞履歴が登録されます。

信用情報は金融機関からの借入をする際に非常に重要な部分なので、信用情報に問題があるとクレジットカードを作ったりローンを組むことができなくなってしまいます。

③裁判沙汰になることもある

電気料金の未払いを放置していると、最悪裁判沙汰になるケースもあります。光熱費の未払い分は例え引っ越しをしても新しい住所に請求されるため、契約そのものを解約しても滞納料金を踏み倒すことはできません。

突然裁判の訴状が届いて驚くような事態にならないよう、滞納はできるだけ早く解消しておきましょう。

6.まとめ

電気料金の支払日から20日程過ぎるといつ電気を止められてもおかしくありませんので、電気料金が払えない時は早めに何らかの対策を打つことが大切です。

アルバイトや物を売ったお金で支払えればそれが一番良いですが、それで事態が解決しない場合はキャッシングという方法も視野に入れてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket