アコム

貯金できない時の最終兵器!お金がどんどん貯まる秘訣と賢い節約方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
貯金できない女性
  • 貯金したいけど上手く貯金できない…
  • 貯金で成功したことがない…
  • そもそも貯金に回すお金がない…

先行き不安なこの時代に全くの貯金なしでは心細いものです。老後やいざという時に備えて上手に貯金したいですよね。

この記事では貯金できない時の対処法や家族の浪費を止める方法などをまとめました。上手に貯金できない時の参考にしてみてください。

1.貯金できない時の9つの対処法|上手な貯金の仕方

コツコツ貯金

まずは貯金を成功させるコツをご紹介します。

対処1 無理のない金額からスタートする

いきなり目標金額を高く設定すると、急な支出などに対応できず非常に苦しい思いをしてしまいます。

年間100万円ほど貯金するのが理想と言われますが、単純に計算しても「100万円÷12ヶ月=ひと月83,333円」と一ヶ月で83,000円以上の貯金が必要です。

今まで貯金して来なかった人にはかなりの高額と言えます。

月収の15〜20%が貯蓄額の理想であることを考えると、8万円貯金するには40万円以上の手取りが必要です。

残念ながら今のご時世、月収40万円もらっている人はそう多くありません。

年間100万円の貯金は最終的な目標として、まずは1万円でも2万円でも良いので自分の収入に見合った額を毎月貯金するようにしましょう。

対処2 節約しすぎない

  • 安い食材しか使わない
  • エアコンや家電はなるべく使わない
  • 洋服は安いものを着回す

少しでも多く貯金するためにがんばりすぎてしまうと心が折れてしまいます。疲れた反動で大きな買い物をしてしまったり、パーッと飲みに行ったりしてしまうケースもあります。

これは無理なダイエットによるリバウンドと同じです。最低限の健康的な生活と心の余裕は保ちながら節約生活を送りましょう。

▼賢い節約術なら
【保存版】絶対に貯金が貯まる日常生活の節約術まとめ

対処3 先取り貯金する

お給料をもらったら、毎月決まった額を元々なかったものと考え貯金しましょう。貯蓄が苦手な人でも前もって貯金額を確保しておけば浪費を防ぐことができます。

実家暮らしの場合は家族に頼むのも良いです。給料が出たら貯金額を家族に渡して貯めておいてもらいましょう。

手元に残ったお金を全部使ってしまったとしても貯金額を死守することができます。

対処4 500円玉貯金にする

銀行口座への貯金が苦手な人は500円玉貯金に変えてみてください。

見つけたら貯金箱に入れることを繰り返すだけでも、一年で10万円以上のお金を貯めることは十分にできます。

500円玉貯金は少しずつ少しずつ確実に貯まっていくのでおすすめです。

▼500円玉貯金なら
500円玉貯金で100万円貯めることに成功!無理なく楽しく貯金するやり方

対処5 家計簿をつける

お給料が入ったら家賃や光熱費、食費など一ヶ月でかかる生活費の予算を分けて管理してみてください。

細かく家計簿をつけると面倒で続かなくなるので最初はざっくりで良いです。

毎月継続して行けば使えるお金の中で生活費をやりくりできるようになり、貯金も上手にできるようになります。

家計簿ノートを作成したり、家計簿本を購入して管理する方法もありますが、今ではスマホの無料アプリやパソコンの無料ソフトで簡単に家計管理ができます。

スマホアプリでは、カメラでレシートを撮るだけで自動読込や計算してくれるため、家計簿自体を作成する手間、月にかかった費用の計算をする手間などがなくなります。

家計簿のおすすめ無料スマホアプリは次の通りです。

スマホを利用していない方やスマホアプリ操作が苦手な人は、パソコンで家計管理が便利の「うきうき家計簿はフリーソフト」がおすすめです。

家計簿アプリや家計簿ソフトは取得(ダウンロード)も利用も無料なので、ぜひ活用していきましょう。

対処6 具体的な目標を決める

「ディズニーランドに行きたい!」「車を買いたい!」といった具体的な目標があると人はがんばることができます。

目標額を貯めた後の目標をまだ決めてない場合には、具体的な目標を決めておきましょう。壁や冷蔵庫などの見えるところに貼っておくこともおすすめです。

紙に書いて毎日目標を確認するようにすると、初心に戻ることができるのでなお良いです。

どんな風に目標を書けば良いのか、よくわからないこともあると思います。

簡単な8項目の「夢ノート」を作成しましたので、ぜひ印刷して参考にしてみてください。

→「夢ノート」のダウンロードはこちら

項目で書く内容が決まっていますが、自分オリジナルの項目にしてみる使い方も良いと思います。

対処7 息抜きやご褒美を上手に使う

毎月5,000円でも良いので娯楽費を用意しましょう。好きなものを食べるも良し、趣味に使うにも良し。節約をがんばっている自分への自己投資です。

ご褒美を用意するとストレスや疲れが溜まりにくくなり、快適な節約生活を送ることができるようになります。

対処8 クレジットカードは何枚も持たない

ポイントが貯まったり、特典があったりと使いようによっては便利なクレジットカードですが、何枚も持っているとたくさんお金を持っているような錯覚になるため危険です。

本当に良く使うものを一枚持っているだけでも十分です。支払い管理も簡単になりますのでクレジットカードは厳選して持つようにしましょう。

対処8 具体的な目標を決める

「ディズニーランドに行きたい!」「車を買いたい!」といった具体的な目標があると人はがんばることができます。

目標額を貯めた後の目標をまだ決めてない場合には、具体的な目標を決めておきましょう。

紙に書いて毎日目標を確認するようにすると、初心に戻ることができるのでなお良いです。

対処9 貯金体質に変える

貯蓄する上で大切なのは習慣化することです。

コツコツやり続けることでいつの間にか貯金体質になっていきますので、毎日お金のことを考える時間を少しだけ作りましょう。

続けることが何より難しいですが一番の近道でもあります。

2.貯金できない人の10の特徴

貯金できない主婦

生活するのに十分な収入があるにも関わらず貯金ができない人はどんな人でしょうか。そんな人に多々見られる特徴をご紹介します。

特徴1 月のお金の流れが分かっていない

毎月同じ金額を支払う家賃などの固定費は比較的目に見えやすいですが、食費や雑費、交際費などの変動費は家計簿をつけていないと明確には把握できません。

お金の流れを把握し、節約するためにも家計簿は必須と言えます。

特徴2 ギャンブル中毒

少しでもお金があったら「これを何倍にもしてやろう!」と思うのがギャンブルをする人の心理です。

一獲千金を夢見ても実際に当たった人はほとんどいませんし、一時的に勝てたとしてもそのお金はまたギャンブルに消えます。

楽して儲けたいという発想は貯金とは正反対です。本気で貯金したい時はギャンブルから離れることをおすすめします。

特徴3 何事にもルーズ

「時間にルーズな人はお金にもルーズ」と良く耳にしますが全くその通りです。

待ち合わせに「ちょっとなら遅れてもいいや」と思う人は、買い物も「ちょっとなら予算オーバーしてもいいや」と思いがちです。

その繰り返しで家計が崩れていってしまいます。ルーズな人は言い訳も上手に思いつくため、そうならないように自分を強く持つ必要があります。

特徴4 お金の大切さがわかっていない

お金の大切さがわからない=貯金ができないことには、モノを大事にしないことが関係しています。

気に入らないとすぐに違うモノを買い求めてしまい、浪費につながるのでお金が貯まらない原因になっています。

お金を大切にする人は、自分の欲しいモノがあると徹底的に調べて商品の詳細や長期的に使うことができるかどうかなど、納得してから買い求めるようにします。

お金を大切にする人だからモノも大事にしています。このようにお金を大切にする人はお金も貯まるようになります。

▼お金持ちの賢いお金の使い方なら

「お金がない」と口癖のように言っている人や、「節約ばっかりしていて苦しい」という人は、お金に対して少しネガティブになってしまっているのかもしれません。 しかし、お金というもの...

特徴5 面倒くさがり

  • 歩くのが面倒だからタクシーを使う
  • 調理するのが面倒だから外食をする

など、ほとんどの物事はお金で解決できますが、多用している方は貯金するためにも利用回数を減らしてみましょう。

確かにお金で解決をした方が時間短縮にはつながるため、必要な時はお金で解決する方が得策ですが、何度もタクシーの利用や毎日コンビニやフャーストフードなどで食事を済ませると高額な出費になります。

不得意なことや苦手なことは面倒と感じることもあるかと思いますが、まずは「10分、20分程度なら歩いてみる」ことや「自炊」も挑戦していきましょう。

いきなり多くのことをいっぺんにやろうとするとストレスが溜まってしまうので、1つや2つのことから始めて、どうすれば楽しくできるのかを考えてみると良いです。

特徴6 借金やローン癖がある

「お金を借りればなんとかなるからいいや」
「ちょっと高いけど、ローンで買えば月々の負担が少なくなるから買っちゃえ」
「これもまた分割で買おう」

などのように借金癖やローン癖がある人は、借金やローンの返済で手一杯になってしまうため、なかなか貯金ができません。

借金やローンというのはあくまで借りたお金で、自分のお金ではありません。

利用額が増えれば増えるだけ日頃使えるお金は少なくなりますので、かなり気を引き締めていかないとお金を貯めていくのは困難です。

借金癖やローン癖がある場合、まずは返せるものを返すことに集中しましょう。

住宅ローンのように大きなものをすぐに完済することは難しいですが、車のローンなど割と早く返済ができそうなものは、早めに完済するのに越したことはありません。

最近よくあるケースで言えば、スマホの分割払いが何重にもなってしまっているケースです。

スマホの購入時、基本的に機種は分割で購入しますので、新機種が出るたびに機種変をしているような場合、前の機種の分割払いが残っているのに、新しい機種の分割払いを組むことになります。

これが重なり、スマホの分割だけでかなりの負担になっている方は多くいますので、スマホをよく変えている方は一度確認してみることをおすすめします。

借金やローンがある方は毎月の返済額や残額を確認し、早めに返済ができるように見直しをしてみてください。

返済額が減ったら、今まで支払ってきた分を貯金にまわしましょう。

特徴7 流行に敏感

流行に敏感になればなるほど、人と同じでなければ不安になり、スマホや服、ブランドもの、アクセサリーなどの新しい商品が出たらつい買ってしまいます。

行列のできるスイーツ、行列のできる飲食店、こういったお店に行くことも流行に敏感になっていて、行く回数も増えてついお金を使ってしまいます。

世間の流行に流されることなく、「自分は自分」「人は人」と自分基準を持ち貯金をしたいから節約すると意識するようにすれば、今まで浪費をしていた分のお金を貯金に充てることができるようになります。

特徴8 コンビニをよく利用する

あまりに便利なため、つい寄ってしまうコンビニですが、無駄使いやついで買いをしてしまいがちです。

コンビニの平均客単価は600円前後と言われており、毎日コンビニを利用する方の場合、年間で20万円ほど使っていることになります。

特にジュースやビニール傘など普段の心掛けで購入しなくても良い商品は買わずに済むように、水筒や折りたたみ傘を落ち歩きましょう。

お酒、チキンなどのホットスナックコーナー、デザートなどの誘惑もありますが、スーパーで購入した方が断然格安です。

お金を貯めるためにも、貯金意識を持ってスーパーに行った際に購入することをおすすめします。

特徴9 見栄っ張り

自分に自信がない人ほど、見栄を張る傾向にあります。お金持ちで高級車を所有したり無駄に広い家に住んでいたりする人は、かえって見栄っ張りではない傾向があります。

無理して自分を大きく見せる小細工をするよりも、仕事帰りに英会話スクールに通う方がよっぽど自信が付きます。

お金の掛けるべきところを間違えないようにすることが重要です。

特徴10 自分に甘く、言い訳をしてしまう

どんな収入でも貯金することは可能です。収入が低い場合、毎月多くのお金を充てられないかもしれませんが、月に1万円なら年間で12万円、2万5千円なら年間で30万円も貯金することができます。

自分の年収を言い訳にさじを投げている人もいますが、そういう人は細かい金額にも投げやりになってしまい、なかなか貯金ができません。

貯金で大切なのは工夫することです。たとえ低収入だとしてもアイデア1つで貯蓄額を増やすことができます。

3.家族の浪費を止める方法

配偶者が浪費家であった場合、本当に苦労すると思います。あなたがどんなに節約しようと、どんなにお金を稼ごうとも湯水のようにお金を使われてしまってはやるせないですよね。

浪費癖を止める方法をご紹介します。

ケース1 夫の浪費

ハイボールと唐揚げ

子供が生まれて奥さんが自分に構ってくれなくなると、旦那さんは家にまっすぐ帰らなくなり、パチンコや飲み会などを頻繁にするようになった。冗談のような話ですが、実はこのようなケースは少なくありません。

そんな時は夫への投資をしてみてください。「浪費する夫にまたお金を使うのか」と思うかもしれませんが物は考えようです。

ちょっと贅沢なおつまみも居酒屋で頼む一品より安いことは多いですし、夫の趣味のものを買ってあげるとまっすぐ家に帰ってくるようにもなるかもしれません。

頭ごなしに「節約してよ!」と言っても喧嘩になるばかりでうまく伝わりません。

浪費の裏には寂しさのようなものが隠れている場合が多いです。その寂しさを埋めてあげることができれば、夫婦も円満になり節約にも協力的になってくれることでしょう。

ケース2 妻の浪費

ソファーに座る家族

妻の場合も満たされない想いが浪費につながることが多いです。

家事や育児でストレスが溜まっている時はねぎらい、協力してみてください。「ありがとう、おつかれさま」の言葉だけでも夫婦関係は変わります。

叱ってばかりでは隠れて借金するケースもありますので、寂しさを埋めてあげましょう。

4.まとめ

お金を上手に貯めるには無理せずコツコツと貯めることです。節約や貯金を習慣化して目標の金額を貯めていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket