今日中にお金が必要!今すぐ借りれるキャッシングで緊急事態を乗り切る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

急に予期せぬ出費が発生してピンチに立たされるという状況は誰しも一度は経験するものですが、いざそういった状況になると気持ちばかりがあせり、なかなか具体的な解決策が浮かばないものではないでしょうか。

今回はそんな時に参考にしていただきたい、すぐにお金を借りれるおすすめの方法をご紹介します。急ぎでお金を用意したい方はぜひ参考にしてください。

1.今すぐ借りれるクレジットカードキャッシング

お持ちのクレジットカードのキャッシング枠が空いている場合は、コンビニや銀行のATMから今すぐ借入ができます。クレジットカードキャッシングの金利は年15.0%~18.0%と決して低金利とは言えませんが、新たに審査を受ける必要がないので急ぎの場合には向いています。

自分のカードのキャッシング枠がいくらになっているのか、そもそもキャッシング枠がついているのかどうかを確認したい場合、カードが郵送されてきた際のカード台紙があればそちらで限度額を確認できます。

ただし、申込時と現在のキャッシング枠の金額が変わっている場合もあるので、その際はカード会社に確認が必要です。電話でももちろん教えてくれますが、インターネットの会員専用ページでも簡単に確認が可能です。

2.即日融資対応の消費者金融

クレジットカードキャッシングができない場合は、消費者金融のカードローンがおすすめです。カードローンは新たに申込をする必要がありますが、大手消費者金融の審査は最短30分と非常に早いので、スムーズにいけば申込から1〜2時間で現金を借りることができます。

銀行カードローンにもいくつか即日融資に対応したものがありますが、 その銀行の普通預金口座を持っていないとすぐに借りられない場合も多いので、確実に即日融資を受けたいなら口座開設の必要がない消費者金融がおすすめです。

①消費者金融の申し込み条件

消費者金融は一般的に「20歳以上で安定継続した収入がある方」となっているので、パート・アルバイトの方でも申込可能です。ただし、本人に収入があることが条件なので、専業主婦の方は原則申し込みができません。

②消費者金融の金利と限度額

大手消費者金融の金利はそれぞれ次のように設定されています。

消費者金融融資限度額金利年無利息期間
アコム最大800万円3.0~18.0%30日間
アイフル最大800万円3.0~18.0%30日間
プロミス最大500万円4.5~17.8%30日間
SMBCモビット最大800万円3.0~18.0%なし
ノーローン最大300万円4.9~18.0%7日間

実際の金利は契約者の信用度によっても変わってきますが、一般的には借入額が少ないほど金利は高くなるので、目安として50万円以内の借入なら上限金利の年17.8%~18.0%が適用されるケースが多いです。

③毎月の返済額

毎月の返済は基本的にリボ払いです。たとえば、10万円の借入なら毎月2,000円、50万円なら毎月1万円というように、借入残高によって返済額が段階的に決められる仕組みなので、借りた分を一括で返す必要はありません。

ただし、借入期間が長くなればその分支払う利息は増えるので、余裕がある場合は繰り上げ返済をしてできるだけ早く返すのがおすすめです。繰り上げ返済はローンカードを使ってATMから入金するだけなので非常に簡単です。

④無利息期間

消費者金融を利用する場合は無利息期間を賢く活用しましょう。高金利と言われる消費者金融ですか、無利息期間中に完済すれば利息は1円もかからないので、短期間の借入なら銀行カードローンよりもお得に利用できることが多いです。

利息を少しでも減らしたい方は次のカードローンの中から検討してみると良いでしょう。

カード金利年無利息期間
アコム3.0%~18.0%初めてなら30日間無利息
レイクALSA4.5%~18.0%借入額5万円まで180日間無利息
もしくは借入全額30日間無利息
アイフル3.0%~18.0%初めてなら30日間無利息
プロミス4.5%~17.8%初めてなら30日間無利息

3.消費者金融の申込から借入までの流れ

消費者金融の申込から借入までの手順は全部で4つです。

手順1 申込

インターネット、電話、自動契約機のいずれかの方法でカードローンに申し込みます。急ぎの場合はインターネットがおすすめです。

手順2 審査

申込時に申告した情報をもとに借入審査が行われ、このタイミングで職場への在籍確認も実施されます。

在籍確認ではその職場に在籍していることを確認されます。必ずしも申込者本人が電話に出る必要はなく、他の人が対応した場合は「○○はただいま席を外しております」といった回答があればそれで完了します。

この時、担当者は基本的に個人名を名乗るので、職場に消費者金融からの電話だと知られる心配はありません。

手順3 契約

審査が終わるとメールや電話で審査結果の連絡が入ります。審査に通った場合は続いて契約手続きを行いますが、スマホや携帯から本人確認書類をアップロードするだけなので簡単です。(契約限度額によっては収入証明書の提出も必要)

手順4 借入

契約後に自動契約機でカードを受け取れば、消費者金融やコンビニATMからすぐに借入ができます。振込融資ができるカードローンなら、スマホや携帯から振込依頼をすると、当日中に自分の銀行口座に入金してもらうことも可能です。

ただし、振込で即日融資を受ける場合は遅くとも14時頃までに申し込んでおく必要があり、それ以降の時間帯は翌営業日の振込となるので注意してください。

4.今すぐ借りれるカードローンランキング

今すぐ借りれるカードローンをご紹介します。カードローンを利用する時はこの中から選んで申込をしてみてください。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アイフル

アイフルは土日祝日含め審査は最短30分で完了し、最短即日利用が可能なため、今すぐ借入したい方や忙しい方、時間がない方に選ばれています。

また、アイフルには「配達時間えらべーる」というサービスがあり、自宅でカードを受け取る場合は指定の時間帯に受け取ることができるため、家族にバレたくない方の利用者も多いです。なお、郵送ではなくアイフルの無人契約でんわBOX「てまいらず」でカードを受け取ることもできます。

アイフル詳細

▼アイフルでお得に借りる方法はこちら
アイフルのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

J.Score(ジェイスコア)

J.ScoreのAIスコア・レンディングは最高金利でも年12.0%と低金利です。仮審査は最短30秒、融資までは最短30分なので急ぎの方には特に助かります。

*貸付利率(年率)0.8%は、みずほ銀行、ソフトバンクおよびYahoo! JAPANと情報連携を行ない、かつ一定の条件を満たす場合に限り適用

AIスコア・レンディング情報

▼J.Score(ジェイスコア)でお得に借りる方法はこちら
J.Score(ジェイスコア)のメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

5.まとめ

クレジットカードキャッシングも消費者金融も金利はほとんど変わらないので、お持ちのクレジットカードでキャッシングができる場合は、まずはそちらを検討してみても良いでしょう。ただ、実際には無利息期間があるカードローンの方が利息を減らせるのでお得です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket