クレジットカードのキャッシング枠を賢く使いこなす全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
クレジットカードを持つ女性

クレジットカードには普段お店で利用するショッピング枠の他に、キャッシング枠があります。

日頃キャッシングを利用しない方にとっては、キャッシング枠とショッピング枠の関係は少し分かりづらいものかもしれません。

今回は、クレジットカードにおけるキャッシング枠の位置づけ、キャッシング枠の増額方法や利用時の注意点など、キャッシング枠に関するあらゆる情報をまとめました。カードのキャッシング枠について少しでも疑問をお持ちの方は、ぜひご覧ください。

1.キャッシング枠とは

クレジットカードにはレストランや買い物で使うショッピング枠の他に、お金を借りるためのキャッシング枠があります。ですがキャッシング枠はすべてのカードについているわけではなく、カードを申し込む時点でキャッシング枠の有無を選ぶことができます。

キャッシング枠があるカードなら、銀行やコンビニのATMから利用可能枠の範囲内でいつでもお金を借りられるので、感覚としては消費者金融や銀行のカードローンに似ています。

2.キャッシング枠とショッピング枠の関係性

クレジットカードの利用枠には、まずカード全体としての「総枠」があります。これがいわゆるカードの利用限度額です。そしてその中にショッピング枠とキャッシング枠がそれぞれ存在しています。

たとえば、利用枠が以下のように設定されたカードがあるとします。

  • 総枠50万円
  • ショッピング枠50万円
  • キャッシング枠20万円

この場合、カード全体の利用可能枠は総枠の50万円です。ですから50万円を超えて買い物やキャッシングをすることはできないという前提になります。

そして、ショッピング枠とキャッシング枠の金額は、50万円のうちそれぞれで使うことができる最大の額です。たとえば、ショッピングの利用が0円であっても、キャッシングで50万円をまるまる使うことはできず、キャッシングで使えるのはあくまで20万円までです。

反対に、キャッシングで20万円使っている場合、ショッピングで利用できるのは最高で30万円(50万-20万円)までになります。ただ、ショッピングの利用枠が50万円なので、キャッシングをまったく利用していない状態であれば、50万円をすべてショッピング枠として使うことができます。

つまり簡単に言うと、ショッピング枠の中にキャッシング枠が含まれているという考え方になります。

3.キャッシング枠は海外でも使える

クレジットカードのキャッシング枠は、国内だけでなく海外でも使うことができます。海外キャッシングを利用する場合は、あらかじめカードの海外キャッシング枠を設定している必要があるので、海外に行く前にカード会社に利用枠の確認をしておきましょう。

海外キャッシングなら、現地のATMから直接外貨を引き出すことができるため、前もって両替をする手間がいらず、現地のレートで換金できるのでお得に外貨を用意できます。そのため、国内ではキャッシングを利用しないという方も、海外に行く際には両替ではなくあえてキャッシングを利用するという方も多いです。

4.キャッシング枠の利用には金利がつく

キャッシングは借入なので、一般的なカードローンのように金利がつきます。クレジットカードのキャッシング金利はカード会社によって違いますが、おおむね15.0%~18.0%が相場となっています。

ですから、キャッシング枠を利用した際には、後日キャッシング利用分と一緒に利息を支払わなければなりません。参考までに5万円を金利18.0%で30日間借りた場合の利息を計算してみます。

・5万円×18.0%÷365日×30日=739円
次回のカードの引き落とし日には、元金とあわせて50,739円が必要となる計算です。

5.キャッシング枠の利用限度額

キャッシング枠の利用限度額は人によって様々です。一般的なカードなら、最初の限度額は10万円~50万円以内になることがほとんどですが、カードの利用実績を積めば途中で利用枠が増額され、ゴールドカードの場合は100万円以上の金額になることもあります。

キャッシングの利用枠が増えると金利は下がる傾向にあるため、仮に100万円超の利用枠なら金利は15.0%以下になります。

限度額まで使うか使わないかは別として、利用枠を上げておけば低金利でお得にキャッシングをすることができるので、カード会社からキャッシング枠の増額案内が来たら、とりあえず利用枠だけ上げておくというのも一つの方法です。

6.自分のキャッシング枠を確認する方法

実際に自分のキャッシング枠がいくらになっているのか、そもそもキャッシング枠がついているのかどうかを確認したい場合、まずカードが郵送されてきた際のカード台紙を見てみましょう。カード台紙には、カードの総枠やキャッシングとショッピング枠の内訳が記載されています。

ただ、申し込み時と現在のキャッシング枠の金額が変わっている場合もあるので、その際はカード会社に確認が必要です。電話でももちろん教えてくれますが、一般的なカードならインターネットの会員専用ページでも簡単に確認できます。

7.キャッシング枠の増額方法

キャッシングは急に現金が必要になった際でも、ATMに行けばすぐに借りることができるのでとても助かります。そのため、現在のキャッシング枠をもう少し増やしたいという方も多いと思います。ここでは、キャッシング枠を増額する方法についてご紹介します。

増額方法1 カード会社からの案内を待つ

まずはカード会社からの増額案内を待つ方法です。一般的には、延滞をせず普通にカードを利用していれば、半年から1年以内を目途に「利用可能枠を増額
しませんか?」という電話や郵便物が届きます。

そのタイミングで増額の申し込みをすれば、正式な審査を経て無事増額の流れとなります。カード会社から案内があった場合、審査に落ちることはあまりありませんが、カード会社側に申告していない新たな借り入れがあった場合などは、審査に落ちるケースも出てきます。

カードの申し込み時に申告した年収や他社からの借入状況などに変更が無いのであれば、基本的には増額できると考えて良いでしょう。

増額方法2 自分で増額の申し込みをする

支払いの延滞をしたことが無いからと言って、必ずしも増額の案内が来るわけではありません。増額案内リストに載る基準はカード会社によって違うため、案内を待たず自分から申し込むという方法もあります。

増額の申し込みは、基本的に電話やインターネットの会員専用ページから行えます。申し込み後にカード会社側で審査を行い、問題が無ければキャッシング枠を増額してもらえます。

8.キャッシング枠が減額となる4つの原因

反対にカード会社側の判断で、キャッシング枠が減額されることもあります。どういった場合に減額されるのか、詳しく見ていきましょう。

原因1 延滞

キャッシング利用分に限らず、カードの支払いを延滞した場合は、カードの利用枠を減らされたり、利用自体を止められてしまいます。

原因2 他社からの借入額の増加

カードの申し込み時に比べ、借入件数や借入額が増えている場合も、キャッシング枠が減額される要因です。

原因3 収入の減少

クレジットカードのキャッシングは総量規制(賃金業者からの総借入額を年収の3分の1までとする規制)の対象です。そのため、カード契約時よりも年収が下がった場合、キャッシング枠を年収に見合った額に減らされることがあります。

原因4 収入証明書を提出していない

カードの継続的な利用にあたっては、カード会社から再度収入証明書の提出を求められる場合があります。収入証明書を出さずにいると、キャッシングの利用を止められてしまうことがあるので、書類の提出を求められた際はできるだけ早めに対応しましょう。

9.キャッシング枠がある場合の注意点

カードにキャッシング枠があると、住宅ローンや車のローンなどを組む際、審査にマイナスに働くことがあります。キャッシングの利用可能額にもよりますが、たとえ少額でも、クレジットカードのキャッシング枠は借入件数1件としてカウントされます。

普段キャッシングを利用しない方は、借入をしているという意識が無いため、ローンなどの審査の際にキャッシング枠の申告を忘れてしまうことも多いです。ですが、たとえ利用していなくても、キャッシング枠があるだけで借入とみなされるので、ローンの申し込みをする際はあらかじめキャッシング枠を外しておくことをおすすめします。

10.まとめ

今回はクレジットカードのキャッシング枠の仕組みについてご紹介しました。キャッシングは便利な機能ですが、使う場合は利息の支払いなども考慮し、計画的な利用を心掛けましょう。

また、クレジットカードのキャッシングは消費者金融とほぼ同じ金利水準となっているため、長期的な借り入れやまとまった金額を借りたい場合は、クレジットカードよりも銀行系のカードローンを検討したほうが良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket