金利が無料!意外と知らない無利息キャッシングの使いこなし術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
金利 無料 無利息キャッシング

カードローンの中には金利が無料で利用できる無利息キャッシングを提供しているものがあります。

無利息キャッシングを利用すれば、契約開始してから一定の期間利息がかからないため、返済の負担を軽減することができます。また、無利息期間中に完済できる場合には利息は1円もかかりません。

この記事では、無利息キャッシングがあるカードローンや利用するときの注意点、無利息キャッシングはどんな方に向いているのかなど詳しくまとめました。

無利息キャッシングをうまく利用すれば、賢い借り入れを実現することができます。申し込みをする前にしっかりと確認しておきましょう。

1.金利が無料になる無利息キャッシング

無利息キャッシングは全てのカードローンが対応しているわけではなく、期間もカードローンによって異なっています。そのため無利息キャッシングを利用したい場合には、商品内容についての確認が必要であり、商品ごとの比較検討も欠かすことができません。大手カードローン会社の無利息キャッシングの内容について見ていきましょう。

①プロミス

プロミスの無利息キャッシングは初回借り入れ日の翌日から30日間です。また、プロミスでは他にはない独自のメニューも用意していて、契約途中での無利息キャッシングの利用も可能です。

会員登録の申し込みや収入証明書の提出、取引確認メールの受信等によりポイントが加算され、250ポイントで7日間、400ポイントで15日間、700ポイントで30日間の無利息キャッシングが利用できます。

②アコム

アコムの無利息キャッシングは新規契約日の翌日から30日間無利息です。初めてアコムを利用する人に限定しています。既にアコムを利用している人や、過去に利用していて解約した人が再び契約するような場合は対象から外れるため、無利息キャッシングを利用することはできません。

アコムがこのサービスをスタートしたのは、2014年の10月からで、自動契約機の導入等を最初に手掛けたこの業者にしては珍しく、他を追随する形となっています。

③アイフル

アイフルの無利息キャッシングはアコムと同様、新規契約日の翌日から30日間無利息です。2016年の2月からスタートしました。

④新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクの無利息キャッシングは、初回契約の翌日から30日間、もしくは5万円まで180日間の2種類から選ぶことができます。30日間無利息の場合は借り入れの全額が対象ですが、180日間無利息の場合は借り入れの内の5万円にのみ適応されます。そのため、180日間無利息は少額のみの利用に限定した内容となっています。

2.金利無料でキャッシングしたいときの4つの注意点

無利息キャッシングは名前によるイメージと実際の内容に少し違いがあります。正しく利用するために注意点を確認しておきましょう。

注意点1 無利息期間のスタート日

無利息キャッシングは、無利息期間という名前でも呼ばれているように、決められた期間内の借り入れに関しては利息が加算されないという内容です。そのため、無利息期間がいつ始まりいつ終わるかが重要なポイントとなります。

特に注意が必要なのがいつ始まるかで、大手カードローンの無利息キャッシングではプロミスが初回借り入れ日の翌日、それ以外は契約日の翌日となっています。

この内で厄介なのが契約日の翌日からスタートするタイプの無利息キャッシングで、利用の有無を問わず開始されます。そのため、気がついた時には無利息の期間が終了していたというケースも起こりがちです。契約日の翌日からスタートする無利息キャッシングは、すぐにお金が必要な場合にのみ効果を発揮するということになります。

注意点2 無利息期間が過ぎたら利息が発生

無利息期間が終了すると、それ以降は通常金利が加算されます。無利息期間が終了した時点の借り入れ残高に対して利息が発生しますので、無利息キャッシングを用意していないカードローンと比べて、特に高いというわけではありません。

その後も継続して利用していくことももちろん可能で、約定返済を長期的に積み重ねていけば利用限度額を大きくすることもできます。

注意点3 無利息期間中の返済日

キャッシングは、毎月の約定日までに指定以上の金額を返済する必要があります。これは無利息キャッシングでも同様であり、無利息期間中に返済日を迎えた場合は、指定額を入金しなくてはなりません。

指定額を入金できなかった場合は、通常よりも高い金利で利息が加算される遅延損害金というペナルティーが科せられます。無利息キャッシング自体も打ち切りとなるので、返済日を忘れないようにしておかなくてはなりません。

特に、レイクが提供している無利息キャッシングの内、借り入れ金額の5万円に対してのみ適用される180日間無利息の場合は、途中で打ち切りになるとかなり損をしてしまいます。最後までサービスをきっちりと利用するためには、期間中に迎える6度の約定返済をしっかりと守ることが必要となります。

注意点4 初回のみ限定

ご紹介したカードローンの内、独自のポイントサービスを実施しているプロミス以外は、大手業者の無利息キャッシングは初回限定のサービスです。何度も繰り返して利用できるわけではないということを理解する必要があります。

3.無利息キャッシングがおすすめな人

無利息キャッシングが向いている方をお伝えします。

①初めてキャッシングを利用する人

無利息キャッシングのほとんどは初めての人限定で利用できます。また、初めて利用する場合はカードローンの使い方がよく分からない場合も多いため、理解を深めるためにも無利息キャッシングを利用すると良いでしょう。他の商品でいうところの無料体験コースのようなものなので、お試しでカードローンを使うことができます。

②短期間だけ借りたい人

無利息キャッシングの最も効果的な利用法は、無利息期間中に全て完済する方法です。この利用法であれば、まさにゼロ金利で利用できるので、1円も利息を支払うことなく取引を完了できます。無利息キャッシングは短期間だけ借りたい人に特にオススメです。

③急な出費でお金を借りたい人

大手業者の無利息キャッシングは、いずれも即日融資が中心のスピード審査で提供しています。急な出費でお金を借りたいという場合の利用にもしっかりと対応できます。

4.無利息キャッシング比較|大手カードローン厳選

無利息キャッシングがある大手カードローンを比較してご紹介します。最もおすすめは初回借り入れの翌日から無利息期間がスタートするプロミスです。次いで選べる無利息期間がある新生銀行カードローン レイクです。

プロミス

プロミスまるばつ表

新生銀行カードローン レイク

レイクチェックリスト
*1 平日14時までに申込と必要書類の確認の完了が必要です。

アコム

アコムチェックリスト

 

アイフル

アイフルチェックリスト
*アイフルの利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合は収入証明書原則不要。

 

5.まとめ

キャッシングのデメリットは金利が高いことです。保証人や担保を必要としないという商品性が関係していて、貸し倒れのリスクを防ぐために元本を早期に回収しなくてはならないからです。

キャッシングは借り入れ期間が長くなると返済総額は他の金融商品よりも大きくなるので、短期利用に向いている商品内容と言えます。この短期利用による有効性を最大限に後押しするのが、無利息キャッシングというサービスです。金利が高いというキャッシングのデメリットを解消することができます。

ただし、内容についてしっかりと理解しなければ、宝の持ち腐れで終わってしまうので、その点は気をつけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事