結婚式を挙げたいけどお金がない!30万円以内で叶うウェディングプランまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
結婚 お金がない0

結婚情報サイト「親ごころゼクシィ」の調査によると、挙式と披露宴にかかる費用は全国平均で359.7万円となっています。

実際は親御さんからの援助を受けられる方も多いようですが、それが難しく自分たちだけでこの金額を用意するとなると結構な負担と言えます。

そのため、金銭的な理由からあまり派手に挙式や披露宴を行わない「地味婚」や入籍のみの「ナシ婚」を選択するカップルも増えています。

入籍するだけならお金はかかりませんが、結婚というせっかくの一大イベントにまったく何もなしというのも寂しいものですよね。

この記事では、「結婚したいけどお金がない」という方のために、30万円以内で叶うウェディングプランをご紹介したいと思います。後悔しない結婚式を挙げるためにも、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

1.結婚式を挙げたいけどお金がない時の挙式プラン

近年は結婚のあり方も多様化し、結婚=結婚式をしなければならないという時代ではありません。とはいえ、入籍だけというのも少し寂しい気がしますよね。金銭的な問題で一般的な結婚式が難しいという場合は、次のようなウェディングプランを検討してみてはいかがでしょうか。

プラン1 スマ婚

スマ婚は平均費用200万円で結婚式ができる最近話題のサービスです。「自己資金1万円からの結婚式」がコンセプトになっていて、残りの差額は招待客からのご祝儀で賄うというのが基本的なスタイルです。

一般的な結婚式の費用350万円に比べるとかなり割安ですが、その安さのヒミツは自社で式場やブライダルアイテムを持たないところにあるようです。「お金は無いけどできるだけ華やかな披露宴をしたい」という方にはおすすめです。

プラン2 式のみ婚

披露宴をせず挙式のみを行う「式のみ婚」なら、基本料金3万円台から可能です。写真撮影や会食などのオプションをつけると30万円ほどになる式場が多いですが、招待客の人数によっても変わってくるので、まずは希望に合ったプランで料金を比較してみると良いでしょう。

プラン3 レストランウェディング

レストランウェディングは、家族や親しい友人を招き、カジュアルなレストランで会費制のパーティーを行う形式です。ビュッフェスタイルやフルコースなど内容によって料金も変わってきますが、立食のビュッフェ形式なら一人8,000円~1万円で設定する方が多いようです。

プラン4 フォトウェディング

フォトウェディングは挙式や披露宴をせず、写真撮影のみ行う形です。最近はフォトウェディング専用のブライダル業者も多く、衣装のレンタルやヘアメイク、撮影がセットになったプランがたくさんあります。

フォトウェディングの相場は15万~25万円ほどですが、洋装か和装か、スタジオかロケーション撮影かによって料金も異なり、スタジオでドレス1着のみの撮影なら10万円以下で行うことも可能です。

プラン5 家族婚

家族婚はそれぞれの両親や兄弟を招き、家族だけで挙式や会食パーティーを行う形式です。親しい友人を数人呼ぶ方や、お互いの両親だけという方もいるようです。記念写真やウェディングケーキなどのオプションにもよりますが、基本プランなら10名で30万円弱が相場となっています。

2.後悔のないウェディングプランの選び方

結婚に抱くイメージや理想は人それぞれですし、必ずしも盛大な披露宴をするのが良いとは限りません。そもそも結婚式や披露宴自体、自分たちのためなのか、両親への感謝を伝えるためなのかも人によって違うでしょう。

ウェディングプランを決める上で最も大切なのは、一般的な常識や形式ではなく、本人や家族が満足できるものかどうかという部分に尽きます。

特に近年は結婚観も非常に多様化していますし、何が良い悪いという時代でもありません。「あの時こうしておけば良かった」と将来後悔しないためにも、自分自身が満足できるウェディングプランをぜひ考えてみてください。

3.ブライダルローン使いこなし術

結婚式は女性の憧れですし、たくさんの友人に祝福してもらいたいと思う方も多いはずです。金銭的な部分で結婚式を挙げることができない場合は、ブライダルローンを検討することをおすすめします。

ブライダルローンは結婚費用専用のローンで、銀行や信販会社などが主に取り扱っています。限度額は300万円~500万円、金利は5.0%~8.0%ほどが相場です。

①ブライダルローンの使い道

ブライダルローンは結婚に関わる費用に幅広く使えるのが特徴で、挙式や披露宴の費用はもちろんのこと、新婚旅行、結婚指輪の購入費用、新居の入居や家具の購入費用などにも利用可能です。

ただし、ローンの申込には見積書など金額が確認できる書類が必要となるため、資金の使い道がはっきりと決まっている場合にしか申し込むことができません。

②ブライダルローンの返済例と利息

仮にブライダルローンで結婚費用を借りた場合、月々の返済額と利息がどのくらいになるのか計算してみました。金利や返済期間は利用するブライダルローンによって違うため、あくまで参考程度にご覧ください。

なお、今回は100万円以上借りる場合を想定していますが、100万円以下の借入なら月々1万~2万円ほどの返済ができるケースも多いです。結婚後の金銭状況を考え、余裕を持った返済ができるようなら、ブライダルローンを活用して一生に一度の思い出をつくっておくのも良いかもしれません。

<例1>
借入額100万円を金利7.0%で借りて、3年間で返済する時の月々の返済額と支払総額、利息総額は次の通りです。

月々の返済額 30,877円
支払総額 111万1,572円
利息総額 11万1,572円

<例2>
借入額200万円を金利6.0%で借りて、5年間で返済する時の月々の返済額と支払総額、利息総額は次の通りです。

月々の返済額 38,665円
支払総額 231万9,900円
利息総額 31万9,900円

<例3>
借入額300万円を金利5.0%で借りて、7年間で返済する時の月々の返済額と支払総額、利息総額は次の通りです。

月々の返済額 42,401円
支払総額 356万1,684円
利息総額 56万1,684円

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「おすすめのブライダルローン|1番お得なブライダルローンはどれ?」

4.あえて結婚式をしない「ナシ婚」

新婚旅行や結婚生活にお金を残しておくために、あえて結婚式をしない「ナシ婚」を選択するカップルも少なくありません。

①結婚指輪の購入のみ

結婚指輪にかける費用の平均は20万~25万円と言われています。シンプルなものか石つきかによってかなり金額に差はあるものの、比較的手頃なブランドであれば、ペアで15万円以内に抑えることも十分可能です。

結婚指輪というとシンプルなプラチナリングが主流でしたが、最近はエタニティリングやピンクゴールドなどの華やかなデザインを選ぶ方も多いようです。

②婚姻届の提出のみ

結婚式も写真撮影も行わず、役所に婚姻届の提出のみを行う形です。「結婚式やウェディングドレスに興味がない」「派手なことが好きではない」という理由の方も多いようですが、入籍のみなら当然費用はかからないので、その分新婚旅行や新婚生活にお金をかけられるというメリットがあります。

5.まとめ

無理をして結婚式にお金をかける必要はありませんが、結婚式に対する憧れが強い場合はブライダルローンを利用するのも1つの選択肢です。その場合は結婚生活のスタートと同時に借金を背負うということでもあるので、二人でよく相談し、ブライダルローンを組む場合は無理のない返済計画を立てるようにしましょう。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「理想の結婚式を挙げたいけど費用が足りない!後悔したくない時のブライダルローン」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket