当日中に借り入れしたい!今日現金を用意する具体的な2つの方法とその手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
財布にお金が入っていない男性
  • 骨折して病院代が現金で必要
  • 急な転勤で引っ越し費用が足りない
  • 家電が壊れて買い替えが必要になった

など、生活をしていれば予期せぬ出費やトラブルが襲いかかってくることもあります。どうしても今日中にお金が必要になる時もあるでしょう。

この記事では、当日借入できる方法やお金を借りる具体的な手順をまとめました。

自分に合った方法でお金を借りて緊急事態を乗り越えて行きましょう。

1.当日借入できる2つの方法

当日にお金を借入するには2つの方法があります。

方法1 クレジットカードキャッシング

クレジットカードのキャッシング枠が付いている方はそのカードを使って当日中にお金を借りることができます。例えば5万円のキャッシング枠が付いている場合は最高5万円借りられます。

主なクレジットカードのキャッシング金利は次の通りです。

カード会社金利年
三菱UFJ VISA14.50%
三井住友VISA15.00%〜18.00%
JCB15.00%〜18.00%
オリコカード15.00%〜18.00%
ジャックス18.00%
三菱東京UFJニコス14.94%〜17.94%
楽天カード18.00%
エポスカード18.00%
イオンカード7.80%〜18.00%
UCカード15.00%〜18.00%

クレジットカードでキャッシングする方法は簡単です。キャッシュカードでお金を引き出すのとほぼ同じ操作で、コンビニATMなどからお金を借りることができます。

<クレジットカードでキャッシングする操作方法>

  1. ATMの画面上のメニューから「お引き出し」を選択
  2. クレジットカードを差込口から挿入する
  3. 暗証番号を入力
  4. 「お借入」を選択
  5. 返済方法を「1回払い」か「リボ払い」から選択する
  6. 借入金額を入力する
  7. 現金を受け取る

クレジットカードを持っている方はキャッシング枠が付いているか確認してみると良いでしょう。わからない場合はクレジットカード会社に問い合わせすればすぐにわかります。

キャッシング枠が付いていない場合は新たに付けることもできますが、審査があるため1〜2週間程度かかります。

当日中に借入したい場合は次のカードローンを利用しましょう。

方法2 即日融資対応のカードローンで借りる

即日融資対応のカードローンを利用すれば、同じく当日中にお金を借りることができます。スマホやパソコンから申込ができるため、店頭窓口に行く必要もありません。

クレジットカードのキャッシング枠の審査は1〜2週間かかるのに対し、消費者金融のカードローンは最短30分と審査スピードも早いですし、融資までも1時間程度です。

また、カードローンは無利息期間があるため、クレジットカードキャッシングを利用するよりも支払利息を減らして借りることができます。

金利もクレジットカードキャッシングとほぼ変わらないので、お金を借りるならカードローンの方がお得です。

消費者金融融資限度額金利年無利息期間
アコム最大800万円3.0~18.0%30日間
アイフル最大800万円3.0~18.0%30日間
プロミス最大500万円4.5~17.8%30日間
SMBCモビット最大800万円3.0~18.0%なし
ノーローン最大300万円4.9~18.0%7日間

なお、カードローンには銀行カードローンもありますが、融資を受けるまでに数日程度かかるものが多いので、急いでいる時は消費者金融のカードローンを利用しましょう。

2.できるだけ支払利息を減らすカードローンの賢い借り方

カードローンでお金を借りるには当然利息がかかります。できるだけ支払利息を減らすには無利息期間を上手く活用することがポイントです。

これは無利息サービスがあるカードローンと無いカードローンで支払う利息を比べてみるとよくわかります。

例えば30万円を30日、60日、90日、120日、150日、180日借りた場合の利息を比べてみましょう。金利は年18.0%で計算しています。(計算式「借入金額×金利÷365×借入日数」)

借入日数30日間無利息無利息期間なし
30日0円3,575円
60日4,438円7,150円
90日8,876円10,726円
120日13,315円14,301円
150日17,753円17,876円
180日22,191円21,452円

無利息サービスがあるカードローンを利用した場合、4,438円も利息を減らせることがわかりました。無利息期間中の利息は一切かからないので、上手に利用して返済の負担を軽減していきましょう。

なお、無利息期間があるカードローンは次の通りです。

カード金利年無利息期間
アコム3.0%~18.0%初めてなら30日間無利息
レイクALSA4.5%~18.0%借入額5万円まで180日間無利息
もしくは借入全額30日間無利息
アイフル3.0%~18.0%初めてなら30日間無利息
プロミス4.5%~17.8%初めてなら30日間無利息

3.カードローンで当日中にお金を借りる2つの手順

カードローンで当日中にお金を借りたい時は「平日14時までに振込手続きが完了できる方」と「平日14時以降か土日祝日に申込をする方」の2つで手順が分かれます。

自分の状況に合わせて即日融資を受けるようにしましょう。

ケース1 平日14時までに振込手続きが完了できる方

平日14時までに振込手続きが完了できる方は、振込融資を利用して最短即日融資を受けることができます。

「ネット申込→審査通過→WEB契約→振込手続き」の順で進めましょう。

そうすれば自分の普通預金口座に融資金が振り込まれるので、ATMでお金を引き出せばOKです。

申込後の審査は最短30分と早いですが、振込手続きなどの時間を考えると午前中には申込できると安心です。

利用するカードローンによって多少振込手続きの完了時間は異なるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

カードローン振込手続の完了時間
アコム平日14:00まで
レイクALSA平日14:00まで
アイフル平日14:00まで
プロミス平日14:50まで
SMBCモビット平日14:50まで

なお、振込融資ではなくローンカードを利用してコンビニなどの提携ATMから借入したい方は、審査通過後に自動契約機に行ってカード発行をしましょう。

「ネット申込→審査通過→自動契約機に行く→契約&カード発行」の手順で進めればローンカードを利用した借入もできるようになります。こちらも同じく最短即日での借入が可能です。

ケース2 平日14時以降か土日祝日に申込をする方

仕事などで平日14時までに振込手続きが間に合わない場合や土日祝日に申込する場合、振込融資では当日中に借りることができません。(翌営業日の振込になる)

そのため、自動契約機でカード発行をして即日融資を受けましょう。

「ネット申込→審査通過→自動契約機に行く→契約&カード発行」の手順で進めれば大丈夫です。

なお、カード発行は自動契約機の受付時間内に行く必要があります。各カードローンの自動契約機の受付時間は次の通りです。

カードローン自動契約機受付時間
アコム8:00~22:00
*年中無休(年末年始は除く)
レイクALSA平日土曜8:00~24:00
日曜祝日8:00~22:00
毎月第3日曜8:00~19:00
*一部店舗によって異なる
*年末年始は除く
*初めての方への当日融資は8時~22時まで
アイフル8:00~22:00
プロミス9:00~22:00
*一部21時もあり
SMBCモビット8:00~21:00

*営業時間は一部店舗によって異なる

なお、プロミスとモビットは三井住友銀行のローン契約機でもカード発行ができます。(平日・土日祝日9:00〜22:00まで営業)

4.カードローンで即日融資を受けたい時の4つの注意点

カードローンで即日融資を受けるために注意点を見ていきましょう。

注意1 審査回答時間内までに申し込む

カードローンの申込は24時間できますが、即日融資を受けるためには審査回答時間内までに申し込む必要があります。

審査回答時間を過ぎてしまうと審査結果の連絡が翌日以降になるので注意しましょう。

なお、審査回答時間内でもカードローン会社の審査状況によっては翌日以降になることがあります。できれば審査回答時間が終了する2時間前までに申込すると良いでしょう。

即日融資対応の大手消費者金融の審査回答時間は次の通りです。

カードローン審査回答時間
アコム9:00~21:00
レイクALSA最短即日審査
アイフル9:00~21:00
プロミス通常時間帯 8:45~21:00
毎月第3日曜 8:45~19:00
SMBCモビット9:00~21:00

注意2 借入希望額は50万円以内にする

消費者金融カードローンでは、借入希望額が50万円を超える時は収入証明書の提出が必要になります。

当日中に収入証明書を用意できる場合は良いですが、用意できない場合は即日融資を受けることができません。

当日中に借入したい時は収入証明書の提出が不要である50万円以内の借入希望額で申し込むようにしましょう。

ただし、50万円以内で申込をしても審査の結果によっては提出を求められることもあります。その時は次のいずれかのコピーが必要です。

用意しやすいのは源泉徴収票か給料明細書でしょう。

  • 源泉徴収票
  • 給料明細書(直近2ヶ月分)
  • 税額通知書
  • 確定申告書

注意3 他社との借入総額を100万円以内にする

消費者金融に申し込む際、すでに複数社から借入をしていて他社との借入総額が100万円を超える場合には同じく収入証明書の提出が必要になります。

例えば、すでに1社から60万円の借入があり、今回の借入希望額が50万円の場合、収入証明書の提出が求められます。

他社からの借入がある方は借入総額が100万円を超えない範囲で申し込むようにしましょう。

注意4 口座指定があるカードローンに気を付ける

カードローンの中には振込先の口座指定があるものがあります。自分が利用している銀行口座に対応していない場合は振込融資を受けることができません。

振込融資を利用したい時はカードローンの口座指定も事前に確認してから選ぶようにしましょう。

主な消費者金融の口座指定は次の通りです。

カードローン振込口座の指定
アコムなし
レイクALSAなし
アイフルなし
プロミス「瞬フリ」
・三井住友銀行
・三菱東京UFJ銀行
「振込キャッシング」
・その他の銀行口座
SMBCモビット三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行

プロミスは「瞬フリ」を利用したい時は三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている必要があります。(手数料無料で深夜でも土日祝日でも24時間、最短10秒で振込されるサービス)

その他の銀行口座の場合、瞬フリは利用できませんが通常の振込融資は受けることが可能です。

モビットは三井住友銀行か三菱UFJ銀行の口座が必要になります。

5.当日中に借入できるおすすめのカードローン

当日中にお金を借りられるおすすめのカードローンをご紹介します。カードローンを利用する時はこの中から申込をしてみてください。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アイフル

アイフルは土日祝日含め審査は最短30分で完了し、最短即日利用が可能なため、今すぐ借入したい方や忙しい方、時間がない方に選ばれています。

また、アイフルには「配達時間えらべーる」というサービスがあり、自宅でカードを受け取る場合は指定の時間帯に受け取ることができるため、家族にバレたくない方の利用者も多いです。なお、郵送ではなくアイフルの無人契約でんわBOX「てまいらず」でカードを受け取ることもできます。

アイフル詳細

▼アイフルでお得に借りる方法はこちら
アイフルのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼安心の女性オペレーター対応なら(男性も申込可)
プロミスのレディースキャッシング公式サイト

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

6.まとめ

クレジットカードのキャッシング枠が付いているならすぐにお金を借りられますが、ほとんどのカードローンは最短1時間程度で借入できます。

無利息期間もあるので、お金を借りるならカードローの方がおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket