無担保で銀行から借入ができる!カードローンに関する疑問を一発解決

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
借入 銀行0

銀行からの借入と聞くと、「審査が厳しい」「手続きに時間がかかる」などのイメージを持つ方が多いと思いますが、銀行のカードローンなら担保や保証人を立てる必要も無く、自分自身に安定した収入があれば即日借入をすることも可能です。

この記事では銀行カードローンの特徴と、申し込み前の不安や疑問について分かりやすく解説していきます。カードローンの申込に不安がある方は、ぜひ一度ご覧ください。

1.銀行カードローンについての疑問を解説

カードローンを申込む上で、人それぞれ不安や疑問に思うことも多いと思います。銀行カードローンのよくある疑問について解説します。

①家族にバレない?

カードローンの契約を家族に知られてしまう要因として考えられるのが、自宅に電話や郵送物が届くということだと思います。

しかし、延滞などをしない限り自宅に電話が架かってくることが基本的にありませんし、カードを郵送ではなく自動契約機で受け取る、利用明細書を紙ではなくWeb明細にするというポイントを抑えれば、借入の事実を家族に知られることはありません。

また、専業主婦(夫)の借入についても、申込にあたり配偶者の同意は必要なく、職場への在籍確認も無いため、申込の時点で配偶者に知られるということもありません。

ただ、専業主婦(夫)の申込の場合、延滞をすると配偶者に連絡がいくことがあるので、その点だけは十分注意した方が良さそうです。

②在籍確認ってどんなことを聞かれるの?

カードローンの審査時には職場への在籍確認がありますが、あくまでその職場に在籍していることを確かめるだけなので、契約内容について詳しく聞かれることはありません。

具体的な内容としては「○○と申しますが、〇〇さんはいらっしゃいますか?」という本当に簡単なやり取りのみです。この時、担当者は銀行名を名乗らず個人名で架けてくるため、職場に銀行からの電話だと知られることも基本的にありません。

また、他の人が電話に出た場合でも、「○○はただいま席を外しております」、「本日はお休みをいただいています」という返答があれば、それで確認ができたということになります。

③パートやアルバイトでも借りれる?

銀行カードローンは、パートやアルバイトなどの雇用形態に関わらず。ご自身に安定した収入があればどなたでも申し込めます(年齢などその他条件あり)。ですから、たとえば年収いくら以上、勤続年数何年以上といった基準も基本的にありません。

ただ、収入が少なければもちろん借入限度額は少なくなりますし、既に他社からの借入がある場合はそちらも考慮されることになります。

ですが、カードローンの審査では収入額よりも安定性を重視される傾向が強いため、毎月決まった額の収入を得ている方であれば、審査に通る可能性は十分にあります。

④いくらまで借りれる?

銀行カードローンの限度額は800万~1,000万円と高額ですが、初回からこのような金額を借りられるわけではなく、基本的には利用実績によってその都度増額されていくという仕組みです。初回の借入額は大体50万円以内、多い人でも100万円以内となることがほとんどです。

ただ、毎月延滞などをせずにきちんと返済をしていれば、半年から1年ほどで利用限度額の増額案内が来る場合が多いので、利用実績に応じて限度額を上げることはもちろん可能です。

⑤当日中に借りれる?

銀行カードローンの場合数は限られますが、即日融資に対応しているカードローンはいくつかあります。申し込みはネットから24時間可能ですし、店舗にある自動契約機を使えば21~22時頃までカードの受取りができるので、昼休みに申し込みをして仕事帰りにカードを受け取れば、当日中の借入も可能です。

⑥借入や返済はどうやってするの?

借入や返済方法は銀行によって違いますが、借入の場合は基本的にATMかネットバンキング、返済の場合はその他に口座引き落としができる銀行もあります。

ATMについては銀行だけでなく、コンビニなど提携金融機関のATMも利用可能なので、利用に際し不便を感じることはまずないでしょう。長期の借入であれば、提携金融機関のATM利用手数料が無料のカードローンを選ぶのがおすすめです。

⑦毎月の返済額は?

毎月の返済額についても銀行によって違いがあります。ただ、借入残高に応じて毎月一定の金額を返済するシステムなので、借りた翌月に全額返済しなければならないということはありません。参考までに三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の返済額を見てみましょう。

借入 銀行ss1

出典:http://www.bk.mufg.jp/kariru/card/banquic/hensai/hensaigaku.html?link_id=bq_hensai08

借入残高が10万円以下なら、毎月の最低返済額は2,000円、50万円でも1万円の返済で済むので、無理のない返済計画が立てられます。

⑧申込方法は?

申込方法はインターネット、電話、自動契約機、郵送、FAXなどがありますが、最も手軽なのはインターネットから申込む方法です。インターネット申込ならなら24時間受け付けていますので、日中は仕事で忙しい方にもピッタリです。

基本的には「申込→審査→契約→融資」という流れになり、銀行によっては即日借入も可能ですが、書類のやり取りが必要になる場合は2~3週間ほどかかる場合もあります。

特に、地方銀行は日数がかかることが多いので、当日中に借入をしたいなら、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行など大手銀行のカードローンを選ぶと良いでしょう。

⑨申込に必要なものは?

契約時に必要になるのは、本人確認書類(運転免許証や保険証など)と収入証明書類の2点のみです。ただ、収入証明書類については提出を求められる方は少ないかもしれません。

銀行カードローンの場合、限度額が50万円未満であれば収入証明書類の提出は不要であることがほとんどです。もちろん、初回から数百万円を希望する場合は提出を求められますが、基本的に初回からそれほど大きい限度額になることはあまり無いと考えて良いでしょう。

⑩返済が遅れるとどうなる?

カードローンの返済が遅れた場合には、銀行から催促の電話が来るだけでなく、あなたの信用情報に延滞履歴が登録されてしまいます。信用情報にはこれまでのローンの申込情報や返済情報などが登録されており、信用情報は金融機関から借入をする際には必ず審査で確認されるものになります。

万が一信用情報に延滞の履歴が残ってしまうと、その情報が登録されている間は、借入をすること自体が非常に難しくなります。今後住宅ローンや車のローンなどを組む際や、新しくクレジットカードを作る際などに影響してきますので、延滞にはくれぐれも注意しましょう。

2.自由度の高さで人気の銀行カードローン

銀行カードローンは、担保や保証人も必要なく、事業資金以外であれば原則使い道も自由なため、銀行が提供する他のローンに比べると、その自由度の高さが魅力です。消費者金融のローンと比べても低金利ですし、銀行という安心感からカードローンの利用が初めての方にも多く選ばれています。

カードローンと似たものとして銀行のフリーローンがありますが、フローローンは最初に全額を借り入れるのに対して、カードローンは限度額の範囲内で好きな時に任意の金額を借りることができます。利息は借りた分にしかかからないので、フリーローンよりも計画的にお得に利用ができるのもメリットと言えます。

銀行カードローンの主な特徴を3つ見ていきましょう。

特徴1 銀行カードローンは低金利

カードローンは、住宅ローンやマイカーローンのような目的別ローンと比べると金利は割高ですが、それでも消費者金融と比べると銀行カードローンは低金利となっています。

お金の借り方1

借入額や借入期間によっては利息だけでもかなりの金額になるため、数%の違いでも支払総額には大きく影響してきます。特に借入額が50万円以内の場合はほとんどの場合上限金利が適用になるため、金利を比較する際は下限金利ではなく、上限金利を確認するようにしましょう。

特徴2 総量規制の対象外

銀行カードローンのもう一つのメリットは、総量規制の対象外であるということです。総量規制とは、最大の借入額の合計を年収の3分の1までとする規制です。主に消費者金融やクレジットカード会社からの借入に適用されます。

ですので、消費者金融の場合、年収300万円の人なら100万円までしか借りることができないわけですが、銀行カードローンなら審査にさえ通れば借入額が年収によって制限されることはありません。

特徴3 専業主婦(夫)でも銀行から借入ができる

これも総量規制が関係しているのですが、ご自身に収入が無い専業主婦(夫)の場合、総量規制の観点から、消費者金融で借入をすることはできません。しかし、銀行カードローンなら、配偶者に安定した収入があることを条件に、自分名義で新規の借入が可能となります。

家計を預かる立場上、急な出費で頭を悩ませることも多いでしょうから、専業主婦(夫)でも申込めるのは非常に有り難いポイントですね。

3.初めての人に選ばれている銀行カードローン比較

カードローンを利用するのが初めてという方に選ばれている銀行カードローンを比較してご紹介します。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは金利も低く、最大ご利用限度額も800万円と大きいため、少額でも高額の借入でも迷わず選んで良いカードローンです。

デメリットとしては、みずほ銀行の口座を持っていない時は口座開設が必要になることが挙げられます。急ぎでない場合は特に問題はありませんが、急いでいる時は次の新生銀行カードローン レイクを選ぶと良いでしょう。

みずほ銀行カードローン詳細


▼みずほ銀行カードローンの詳細を確認したいなら
みずほ銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|最速融資を受ける手順と注意点とは

新生銀行カードローン レイク

レイクは他と比べて最高金利は高いですが、選べる2つの無利息期間があります。短期間だけお金を借りたい時や、少額の借り入れをしたい時にはレイクがおすすめです。専業主婦の方も利用ができますし、ATMも手数料無料なので、利息以外の無駄な出費をおさえ、お得に利用することができます。

新生銀行カードローンレイク情報


▼レイクの詳細を確認したいなら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行の口座を持っている、持っていないに関わらず、即日融資に対応しています。土日祝日に申し込みをする場合も、当日中の借入が可能です。
三井住友銀行カードローン詳細


▼三井住友銀行カードローンの詳細を確認したいなら
三井住友銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|最速融資を受ける手順と注意点とは

バンクイック

バンクイックは平日でも土日祝日でも最短40分で利用が可能で、三菱東京UFJ銀行の口座を持っていなくても当日利用ができます。

バンクイック詳細


▼バンクイックの詳細を確認したいなら
バンクイックのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

4.まとめ

今回は銀行カードローンの特徴と、よくある疑問についてご紹介しました。銀行からの借入と聞くと審査や手続きが面倒な印象がありますが、カードローンはその他の銀行ローンに比べると色々な意味でたくさんの方が利用しやすいローンと言えます。

お金が必要な理由は人それぞれですが、資金使途が自由なカードローンなら、生活の中で幅広く利用することが可能です。

しかし、延滞や返済不能になった場合は信用情報に傷がついたり、最悪財産を差し押さえられ場合があるのは他のローンと同じです。カードローンを利用する際は、あらかじめ無理のない返済計画を立てておくことが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket