土日祝日・夜もOK|お金を即日で借りることができるキャッシング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
即日にお金を借りる

現在、お金を借りることができるキャッシングやカードローンは数多くあります。

即日で借り入れをしたいのであれば、これらのキャッシングやカードローンに申し込みをすると、その日のうちに借り入れをすることができますので、この中から選ぶことをおすすめします。

0.お金を即日で借りることができるキャッシング

①働いている人におすすめ(派遣・パート・アルバイト含む)

働いている人におすすめのキャッシング&カードローン比較表※1 即日融資は審査結果や申込時間、融資額によっては不可能な場合がありますのでご注意ください。
※2 一部地域や店舗によって異なります。
※3 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。詳しくはプロミス公式HPをご確認ください。

新生銀行カードローン レイク

レイクチェックリスト*1 平日14時までに申込と必要書類の確認の完了が必要です。

三井住友銀行カードローン

モビット

モビットチェックリスト※1 14:50までの振込手続き完了で当日融資可能。審査結果により希望に沿えない場合あり。

 

アイフル

アイフルチェックリスト
*アイフルの利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合は収入証明書原則不要。

 

プロミス

プロミスまるばつ表

②専業主婦におすすめ

専業主婦におすすめのキャッシング比較表*1 みずほ銀行の口座を持っている場合は最短即日利用可能
*2 イオン銀行の口座を持っている必要あり
*3 一部地域や店舗によって異なります

*4 イオン銀行の口座を持っている必要あり
*5 審査時間最短30分はインターネットからの申し込みの場合です

バンクイック

バンクイックチェックリスト

みずほ銀行カードローン

みずほチェックリスト*1 みずほ銀行の口座を持っている場合は最短即日利用可能

イオン銀行カードローンBIG

イオン銀行カードローンBIGチェックリスト*1 イオン銀行普通預金口座を持っている必要あり。

1.即日にお金を借りる7つの簡単なコツ

即日でお金を借りるためには、いくつかポイントをおさえて申し込みをする必要があります。

平日の午前中に申し込みをする場合はよいですが、土日祝日や夜に申し込みをして借り入れをしたい場合には、実際に借りることができるのが翌営業日になってしまうケースがあるからです。ここでは、即日にお金を借りるための7つのコツについてお話しします。

コツ1 無料診断をする

その日のうちにお金を借りたいのであれば、審査に通るキャッシングやカードローンに申し込むことが重要です。審査に通らなければ、そもそもお金を借りることができないからです。

プロミスは「簡単3秒診断」、アコムは「3秒診断」、アイフルは「1秒診断」のように、大体のキャッシングやカードローンには、事前に借り入れができるかどうかを確認することができる無料診断があります。申し込みをする前に、借り入れができるのかどうかを無料診断で確認しましょう。

コツ2 収入証明書が不要な上限額にする

たとえば、プロミスやアコムなどの消費者金融でお金を借りる場合、50万円を超える金額の借り入れの申し込みには、「源泉徴収票」「住民税決定通知書」「確定申告書第1表、第2表」などの収入証明書を1つ提出する必要があります。

手元に収入証明書がある場合はよいですが、ない場合には市役所や役場、出張所といった公的機関に取りに行かないといけないため、その日のうちに借りるというのは難しくなります。

特に土日祝日や夜に借りたい場合には、こういった書類は取りに行くことができませんので、利用上限額を「収入証明書が不要な範囲」にして、申し込みをするようにしましょう。

キャッシング・カードローンの収入証明書比較表

コツ3 総量規制を計算する

総量規制という法律により、プロミスやアコムなどの消費者金融からは年収の3分の1を超える借り入れができません。これは1社からの借り入れが年収の3分の1を超えてはいけないということではなく、合計で超えてはいけないということです。

たとえば、年収が300万円ある人の場合、借り入れができるのは300万円の3分の1の100万円までとなります。すでにA社から20万円、B社から50万円、C社から30万円と、合計100万円の借り入れがある場合には、新たに消費者金融に申し込みをしたとしても、審査に通ることはありません。

総量規制の計算の注意点

  • 総量規制は実際に借り入れをしている金額の合計で計算するのではなく、利用上限額の合計で計算します。
  • 今の例でいえば、実際に借りている金額の合計が仮に50万円だとしても、A社とB社、C社それぞれの利用限度額を足したら100万円の場合には、申し込みをしても審査に通りません。(持っているクレジットカードにキャッシング枠がある場合には、その上限も含めて計算をします。)
  • もしあなたもすでに借り入れをしているのであれば、自分の年収の3分の1を超えていないかを計算しましょう。

なお、銀行のカードローンはこの総量規制の対象外になります。すでに自分の年収の3分の1の借り入れがある場合でも、お金を借り入れすることができますので、そのときは三井住友銀行カードローンはもちろん、レイクやバンクイックといった銀行カードローンに申し込みすることをおすすめします。

カードローン総量規制比較表

コツ4 店頭窓口か無人契約機へ行く

即日にお金を借りたい場合、店頭窓口か無人契約機でカードを発行してもらって、ATMでお金を引き出して借り入れをするのが最も早いです。

自分の指定の口座に振り込みをしてもらう方法もありますが、こちらの場合は申し込みの時間帯によっては翌営業日の振り込みになり、当日に借り入れすることができないことがあります。

たとえばアイフルの場合、即日に振り込んでもらうためには、金融機関営業日の14時10分までに手続きを完了している必要があります。そのため、夜や土日祝日に借り入れをしたい場合には、そもそもこの方法では使えません。

しかし、店頭窓口か無人契約機の場合、その場でカードを発行してもらうことができますので、そのカードを使ってすぐにATMで借り入れができます。無人契約機は土日祝日も夜も営業していますので、急ぎの場合には店頭窓口か無人契約機へ行きましょう。

コツ5 インターネットで申し込む

店頭窓口か無人契約機でも申し込みはできますが、申し込みをしてから審査が行われますので、その時間待っていないといけません。インターネットで申し込みをした場合、審査結果はメールか電話できますので、その場で待つ必要性はなく、審査で待っている時間に他のことをするなど、時間を有効に使うことができます。

審査結果が来た時に「契約は店頭窓口か無人契約機でします。」と伝えれば、カードもその日のうちに手にすることができますので、申し込みだけはインターネットですることをおすすめします。

コツ6 在籍確認を書面で証明する

審査に通り、契約が完了してカードを受け取ったとしても、基本的には在籍確認が終わらないと借り入れをすることができません。働いている会社が休みの日や夜の場合、せっかく急いで借りようとしたのに意味がないですよね。

そのような場合、直近の給与明細2ヶ月分や会社発行の社会保険証などを用意すると、在籍確認をクリアすることができ、即日で借り入れすることができるようになります。

申し込みをする貸金業者によって必要な書類は違いますので、働いている会社が休みの日や夜に申し込みをするときには、事前に申し込みをする業者に確認をしてみてください。その際は、「すぐに借り入れしたいのですが、在籍確認を書面で証明することはできますか?」と伝えれば、必要な書類を教えてもらうことができます。

また、「インターネットで申し込みをして、無人契約機での契約を考えています。在籍確認を書面で証明したいということを、申し込みのときの備考欄などに記載したほうがいいですか?」ということも確認しておいてください。備考欄に記載しておかないと、通常通り電話で在籍確認が行われてしまう業者も中にはあります。

なお、専業主婦は在籍確認はありません

コツ7 入力ミスに気をつける

電話番号やメールアドレスに間違いがあると、審査結果の連絡がきません。急いでいるときこそ、申し込みの入力内容にミスがないかどうかをしっかりと確認しましょう。

2.安全にお金を借りるために気をつけたい3つのこと

「どこでもいいから早くお金が借りたい!」と、急いでいるとはいえ、あまり確認せずに適当な業者からお金を借りるのは危険です。そういったケースで闇金にひっかかってしまうケースも少なくないからです。

ご紹介している消費者金融や銀行カードローンは安全ですが、それ以外から借り入れをすることを考えている場合には、闇金のような悪徳業者にひっかからないためにも、ここで紹介する3つのことにぜひ気をつけてください。

その1 審査なし

審査がないキャッシングやカードローンはありません。審査なしで貸してくれるところがあるとすれば、その金融業者は闇金です。

闇金から一度借りてしまうと、いざ完済しようとしても「事前連絡が必要なのに電話しなかったから延滞扱いです。」「事務手数料がかかったから3万円払ってください。」のように、何かと理由をつけてお金をどんどん取られてしまい、借金地獄から抜け出すことができなくなってしまいます。

「すぐに返せるから…」といったような軽い気持ちで申し込みをするのは、絶対にやめましょう。借りるのであれば、ご紹介しているような大手消費者金融や銀行カードローンが安全です。どうしても審査に通らないという場合には、「落ちる人続出。間違えがちなキャッシング3つの審査と通し方」で、審査について詳しくお話ししていますので、参考にしてみてください。

>> 「落ちる人続出。間違えがちなキャッシング3つの審査と通し方」へ

その2 無職OK

無職の方が借りることができるキャッシングやカードローンも、同じくありません。あるとすれば闇金です。

お金を借りるには安定した収入があることが最低条件です。「就職している」「パート・アルバイトをしている」といったように、働いていない場合には借りることはできません。いくらお金に困っているとしても、無職OKの金融業者からの借り入れはやめましょう。日雇いの仕事などを探したほうがよいでしょう。

その3 ブラックOK・自己破産者OK

ブラックOK・自己破産者OKという金融業者は、ほぼ闇金だと思って構いません。

消費者金融や銀行は、返済能力がない人にはお金を融資してはくれません。ブラックや自己破産者というのは、返済能力がないと判断されますので、そのような人にお金を貸してくれるところは怪しいと思ったほうがよいです。「ブラックOK・自己破産者OK」というところには、申し込みをするのはやめましょう。

闇金に関してはこちらに詳しくまとめましたのでご参考ください。

「10分で理解する闇金の悪質な手口10個と1番安全な対処法」

3.まとめ

即日で、そして安全にお金を借りるためには、ポイントをおさえて借り入れをする必要があります。計画的な借り入れができるように、急いでいるときにこそ落ち着いて申し込みをするようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事