今すぐお金を借りる!おすすめの消費者金融と銀行カードローンを徹底比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
お金 借りる おすすめ0

お金を借りる方法はいくつかありますが、担保や保証人なしで今すぐ借りるなら、ネットから簡単に申し込めるカードローンがおすすめです。

カードローンには消費者金融と銀行系のものがありますが、どちらを選ぶと得かは人それぞれ状況によって違います。

今回はそれぞれのメリットとデメリットをご紹介しますので、ぜひこれを参考にあなたに合ったカードローンを選んでみてください。

1.銀行カードローン4つのメリット

銀行には様々なローンがありますが、近年はほとんどの銀行でカードローンサービスを展開しています。まずは銀行カードローンのメリットからご紹介します。

メリット1 低金利

銀行カードローンは、消費者金融と比べ低金利です。その分審査が厳しいとは言われていますが、パートやアルバイト、専業主婦でも申し込みができるため、低金利にこだわりたい方には非常に人気があります。以下が銀行カードローンと消費者金融の金利を比較した表です。

お金の借り方1

銀行カードローンの金利は限度額によって決まりますが、限度額が大きいほど金利は下がり、限度額が小さいほど高金利になります。ですので、数十万円の借り入れなら、消費者金融よりも銀行カードローンのほうが断然お得です。

メリット2 限度額が高い

お金が必要な理由や必要な金額は人によってさまざまです。銀行カードローンの利用限度額は平均500万円~1,000万円ほどとなっており、担保や保証人が不要なローンのなかでは、比較的高い限度額と言えます。また、カードローンは限度額の範囲内で繰り返し自由に借り入れができるため、必要な時に必要な金額を借りることができ、金利は借りた分にしかかかりません。

メリット3 総量規制の対象外

総量規制とは、賃金業者が個人に貸し付けを行う際、最大の貸し付け額を年収の3分の1までとする法律です。賃金業者とは主に消費者金融や信販会社のことを言います。この法律により、専業主婦やアルバイトをしていない学生など、自分自身に収入が無い方については消費者金融での借り入れはできないことになりました。

一方、銀行はこれに当てはまらず、総量規制の対象外です。ですので、たとえ専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば、銀行カードローンの契約が可能です。

また、すでに他者からの借り入れ額が年収の3分の1に達している場合、総量規制の対象となる消費者金融などからはそれ以上借りることができませんが、銀行カードローンなら収入による借り入れ額の制限は無いので、審査にさえ通れば新たな借り入れも可能です。

メリット4 少額なら収入証明書不要

カードローンの契約時には、免許証や保険証などの本人確認書類のほか、収入証明書類の提出を求められることがあります。収入証明書類とは、会社員であれば給与明細や源泉徴収票、個人事業主であれば納税通知書などです。

そして、この収入証明書類が必要になる基準の一つに限度額があります。一般的に消費者金融の場合は限度額50万円を超える際に必要になるケースが多いですが、大手銀行カードローンについては300万円までは不要としているところが多いです。

急ぎで借りたい時に書類を準備するのは大変なので、必要書類が少なくて済むのも銀行カードローンならではの魅力です。

2.銀行カードローン2つのデメリット

銀行カードローンには不便な面もあります。ここからは、銀行カードローンのデメリットについて見ていきましょう。

デメリット1 即日融資対応のカードローンが少ない

消費者金融と違い、申し込んだその日のうちに借りられる銀行カードローンは、正直それほど多くありません。大手都市銀行のカードローンがいくつか即日融資に対応していますが、地方銀行やネット銀行の場合は、借り入れまでに1~2週間かかる場合も珍しくありません。大手消費者金融は即日融資が基本なので、審査スピードでは消費者金融のほうが優れています。

デメリット2 窓口での手続きが必要な場合がある

今はほとんどの銀行カードローンが24時間ネット申し込みに対応していますが、一部の地方銀行では本審査や契約手続きの段階で、銀行窓口に出向かなければならないケースがあります。来店不要で誰にも会わずに借りられるのがカードローンの良さでもあるので、窓口での手続きとなると少なからず抵抗を感じる方も多いのではないでしょうか。

3.消費者金融3つのメリット

すぐにお金を借りる方法としては、消費者金融という選択肢もあります。ここからは消費者金融のメリットについて見ていきましょう。

メリット1 即日融資可能

消費者金融の一番のメリットは、なんと言っても融資スピードです。大手消費者金融なら申し込みから融資まで最短30分という迅速さで、急な出費にも十分対応可能です。また、自分の口座に振り込みをしてもらえるネットキャッシングに対応している会社も多いので、申込から借り入れまで全てネットで完結できるのも魅力です。

メリット2 職場への電話連絡が無い

大手消費者金融モビットには、職場への電話連絡なしのweb完結というサービスがあります。電話は金融機関名ではなく個人名を名乗るので、電話があったとしても消費者金融だということが職場に知られるわけではありません。ですが、職場に個人的な電話が来ること自体に抵抗がある方も多いと思いますので、電話連絡がなしになるのは非常に有り難いサービスではないでしょうか。

同じく大手消費者金融のプロミスにもweb完結という申込方法がありますが、こちらについては基本的に電話での在籍確認となります。しかし、プロミスの場合、申し込み後に電話での在籍確認について相談することができます。職場への電話が気になる方は、申し込み後に相談してみましょう。

メリット3 無利息期間がある

消費者金融の金利は銀行に比べると高いですが、無利息期間がある会社が多く、上手に活用すれば銀行カードローンよりもお得に借りられる場合があります。無利息期間中の借り入れはもちろん、長期の借り入れでも無利息期間の間は利息が発生しないので、消費者金融を選ぶ際はぜひ無利息期間がある会社を利用すると良いでしょう。

借りやすい消費者金融1

4.消費者金融2つのデメリット

以前はあまり良いイメージを持たれなかった消費者金融ですが、近年は女性専用ローンの誕生やグレーゾーン金利の廃止によって、安全な金融機関だということがようやく認識され始めました。ですが、そんな消費者金融にもやはりデメリットと言える部分がいくつかあります。

デメリット1 金利が高い

先ほどからお伝えしている通り、銀行カードローンと比べると消費者金融の金利は割高です。たかが数%の違いでも、借入額が高額でなお且つ長期の借り入れになる場合、支払う利息には大きな差が生まれてきます。

試しに50万円を金利14.0%と18.0%で、30日間借りた場合の利息を計算してみます。

<金利14.0%の場合>
50万円×14.0%÷365日×30日=5,753円

<金利18.0%の場合>
50万円×18.0%÷365日×30日=7,397円

たった1ヵ月で1,644円利息に差があることが分かります。借入額や期間によってこの差は更に広がるので、金利に応じてどのくらい利息がかかるのか、あらかじめシミュレーションをしておくことが大切です。

デメリット2 総量規制の対象

消費者金融は総量規制の対象となるので、年収の3分の1以上の額を借りることはできません。また、専業主婦など収入の無い方についても貸付対象外となるため、借り入れに際して何かと制限が多いのがデメリットと言えます。

5.借りるなら大手金融機関!カードローン徹底比較

銀行カードローンや消費者金融を利用する場合には、大手の金融機関を選ぶのがおすすめです。銀行カードローンについて言えば、大手銀行のほうが借入や返済方法が充実していますし、無料で使える提携ATMの数も豊富です。消費者金融に関しては大手のほうが利便性が高く、無利息期間も付いています。

特に消費者金融の場合、中小規模の業者のなかに闇金が隠れているケースも多いので、危険を避けるためにもTVCMなどでよく見かける大手消費者金融を選ぶと良いです。ここではおすすめの銀行カードローンと消費者金融を比較してご紹介していきます。

新生銀行カードローン レイク

レイクは銀行カードローンですが、金利は消費者金融と同じくらいなので低金利とは言えません。しかし、選べる2つの無利息期間がありますので、少額の借り入れや短期間だけお金を借りたい時におすすめです。即日融資にも対応していますし、専業主婦の方も借り入れが可能です。

レイクチェックリスト
*1 平日14時までに申込と必要書類の確認の完了が必要です。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは銀行ならではの低金利で、電話での在籍確認の相談も可能です。専業主婦の方は借り入れできませんが、三井住友銀行の口座を持っていなくても即日融資を受けることができます。まとまったお金を借りたい時や、長期間の借り入れを考えている方におすすめです。

三井住友銀行2

*1 審査結果の連絡は9:00〜21:00までです。申込時間等により、連絡が翌日以降になる場合があります。即日のカード発行を希望の場合、カードの受け取りをローン契約機で行う必要があります。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは低金利で最大1,000万円の借り入れができます。まとまったお金や長期間の借り入れをしたい時におすすめです。専業主婦の方も30万円までご主人に内緒で借り入れができます。

みずほチェックリスト*1 みずほ銀行の口座を持っている場合は最短即日利用可能

 

プロミス

プロミスは電話での在籍確認について、申し込み後に相談することができます。30日間の無利息期間もあるので、短期間の借り入れをしたい時におすすめです。

プロミスまるばつ表

 

モビット

モビットのWEB完結は電話連絡がありません。無利息期間はないですし、利息も銀行カードローンに比べて高いので、職場への電話連絡がどうしても気になる場合にモビットを選ぶと良いでしょう。

モビットチェックリスト※1 14:50までの振込手続き完了で当日融資可能。審査結果により希望に沿えない場合あり。

 

6.まとめ

カードローンにあまり良いイメージを持っていない方も多いかもしれませんが、計画的な利用を心掛ければそれほど危険なものではありません。

最近では銀行系のカードローンが数多く展開され、銀行という安心感から利用する人も増えています。ですが、状況によっては消費者金融のほうが結果的にお得に借りられる場合もあるので、単なるイメージではなく、自分にとってメリットが多いカードローンを選ぶのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事