銀行でお金を借りるには?お金のプロFPが賢い借り方を1から徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
銀行でお金を借りたい女性

「お金がないけど消費者金融やクレジットカードで借りるのは不安…」

このような方は銀行からお金を借りるのがおすすめです。

銀行であれば安心安全というイメージもありますし、お金を借りることに不安は少ないでしょう。

しかし、銀行で個人がお金を借りるにはどのような方法があるのでしょうか。

この記事では、銀行でお金を借りるための知識や適した借入手段などを詳しく解説します。

1.銀行でお金を借りるには

銀行でお金を借りるにはまず「お金を借りる目的」をハッキリしておく必要があります。個人向けの融資商品には、

  • 目的別ローン
  • 資金使途が自由なローン

という2つがあり、それぞれ特徴や商品内容が異なるからです。資金の利用用途を明確にした上で、適した商品を選択するようにしましょう。

①目的別ローン

目的別ローンとは「資金の利用目的が限定されている融資商品」のことです。わかりやすい例を挙げると住宅ローンや自動車ローンも目的別ローンに該当します。

目的別ローンの特徴は資金使途が限定されていることにより、無目的の融資商品よりも有利な金利に設定されていることです。

その反面、申込条件が厳しかったり融資までに見積書の提出が必要になったりと手続き面での手間が多いというデメリットがあります。

また、資金使途が限定される分、原則として手元にお金が残りません。生活費や支払い用の資金などに利用することはできませんので注意が必要です。

②資金使途が自由なローン

資金使途が限定されている目的別ローンに対し、自由に資金を利用できるのが「フリーローン」や「カードローン」などの個人向け融資商品です。

フリーローンは多用途に資金を活用できますが、基本的には「商品やサービスの購入代金が限度」となっています。したがって手元にお金が残ることはありません。

また、生活費などにも利用することができないので、あくまで「自由なお買い物に活用できる」という意味で捉えてください。

対してカードローンはフリーローンと同様、自由な用途に資金を活用できる点に加え、あらかじめ定められた枠内で「自由に借入、返済できる」という融資商品です。

フリーローンのようにサービスや商品の購入代金が限度となるわけではなく、ご自身の意思で資金使途や借入額を決定することができます。

したがって、不足した生活費や他の支払いの補填用としても利用することができます。

2.賢い銀行ローンの選び方

銀行でお金を借りるには資金使途が非常に重要なポイントです。まずは大まかな資金使途とそれに適した商品をご紹介しましょう。

銀行でお金を借りるには1

上記のように資金使途ごとに適した商品が存在します。

しかし、例えば「複数の用途に資金を利用したい」というような場合、目的別ローンを利用するには2つの商品を申込しなければなりません。

商品の申込や審査には多少の手間がかかるので、面倒だと感じる方も多いでしょう。

したがって、多用途に資金を利用したい場合には「カードローン」を選択したほうが、余計な手間を取られることなく自由度の高い融資を受けることができます。

ただし、カードローンは自由度の高さがある反面、設定されている金利は高めです。設定されている金利が高いと短期間の融資でも利息が膨らんでしまう可能性があります。

つまり「金利の低いカードローンを選択する」という選択肢が、現実的にメリットの大きい手段だといえます。

3.おすすめの銀行カードローンランキング

カードローンの金利は商品ごとに大きく異なります。カードローンを利用し銀行でお金を借りるにはできる限り複数の商品を比較しつつ、カードローンを選択しなければなりません。

しかし、「カードローンは商品数が多いのでどれを選択すれば良いのかわからない…」という方もいらっしゃると思います。

そこで、ここではお金のプロであるFPが安心して利用できる低金利カードローンを3つご紹介します。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは最大800万円借入できるので「まとまったお金を中長期で借りたい方」に特に選ばれています。みずほ銀行の口座を持っていればキャッシュカードですぐ利用できるのも選ばれているポイントです。

みずほ銀行カードローン詳細

▼みずほ銀行カードローンの詳細を確認したいなら
みずほ銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるので「お金を短期間借りたい方」「少額の借入をしたい方」に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクの詳細を確認したいなら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

ちばぎんカードローン

ちばぎんの口座を持っていれば提出書類なしで最短即日利用できるので「ちばぎんを普段から利用している方」に特に選ばれています。銀行ならではの低金利で専業主婦も借入可能です。

ちばぎんカードローン

▼ちばぎんカードローンの詳細を確認したいなら
ちばぎんカードローンのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

4.まとめ

銀行でお金を借りるには次の3つがポイントです。

  • 資金使途をある程度把握すること
  • 資金使途に適した商品を選択すること
  • 多目的に利用するなら低金利カードローンがおすすめ

お金を借りる際は必ず返済シミュレーションを行い、過度な利用は避けるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket