お金を借りる方法にはどんなものがある?FPが優しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
お金を借りる0

「お金がない…!」というような事態は、多かれ少なかれ長い人生で1度は経験するものです。

しかし、お金を借りる経験をしたことのない方からすれば、「お金を借りる方法にはどんなものがあるの?」という疑問を持つのも当然でしょう。

私たちの身近にあるお金を借りる方法でいえば、「住宅ローン」や「自動車ローン」などがありますが、残念ながらこれらはお金の使い道が限定されています。つまり、生活費等には利用することができないのです。

この記事では、「お金を借りる方法」にスポットを当て、それぞれの特徴をわかりやすく解説します。

1.お金を借りる目的に合わせてローンを選択する

一言で「お金を借りる」といっても、全てのサービスで借りたお金を自由に使えるわけではありません。お金を借りる方法には

  • 目的別ローン
  • 多目的ローン

と大きくわけて2つの種類があり、それぞれ特徴が異なります。まずはそれぞれ簡単に解説していきましょう。

①目的別ローン

目的別ローンとは、借りたお金の使い道があらかじめ決まっているローンのことです。有名なもので言えば、

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 教育ローン
  • ブライダルローン
  • 医療ローン

などが該当します。これらの商品は、資金の使い道がハッキリしている場合に適しています。逆に、生活費に充てたい場合や、他の支払いに充てるような使い道には利用することができません。

目的別ローンは、該当する商品やサービスの見積もり書・納品書などをもとに、融資金額を決定します。この場合に決定される融資金額は、見積もり書・納品書に記載された金額が限度になります。つまり、自由に使えるお金が手元に残ることはありません。

また、目的別ローンの場合は資金の使い道がハッキリしているため、お金を借りるときは分割ではなく一括での融資となります。お金を借りた後は、完済まで返済のみの取り扱いになりますので、借入・返済を繰り返すことはできません。

商品の傾向としては、資金の利用目的が限定されている分、多目的ローンよりも低金利に設定されています。

②多目的ローン

多目的ローンとは、目的別ローンとは逆に資金の使途を多用途に認めている融資商品のことです。具体的な例で言うと

  • フリーローン
  • キャッシング
  • カードローン

などが該当します。多目的ローンは利用者本人の返済能力に応じて「限度額」を設定します。利用者はこの限度額の枠内で借入することができます。多目的ローンは目的別ローンとは逆に資金使途の自由度が非常に高いため、金利も高めに設定されています。

ここに挙げた「お金を借りる方法」が、どのような方でも利用しやすい選択肢でしょう。ご自身の目的に合わせて利用する商品を選んでください。

2.お金の使い道が自由なローン

「お金を借りる」と一言でいったとしても、個々に様々な事情があると思います。そのような場合は、「フリーローン」もしくは「カードローン」を利用することで、ある程度自由にお金を使うことができます。

便利さと使いやすさを優先するのであれば「カードローン」がおすすめです。まずはフリーローンとカードローンの違いを簡単に解説しましょう。

①フリーローン

フリーローンとは、あらゆる資金使途に対応している多目的型ローンのことです。例えば、家具や旅行資金、引っ越しなどにも利用することができます。ただし、利用するフリーローンによっては見積もり書等の書類が必要となる場合がありますので、利用する前に商品詳細を確認しておきましょう。

また、フリーローンの融資は「一括払い」です。途中で借入・返済を繰り返すことはできず、一度借入した後は完済まで返済のみの取り扱いになります。資金に余裕が出来たときの繰上げ返済も可能ですが、商品によって繰上げ返済手数料が発生する可能性があります。

②カードローン

カードローンとは、専用のローンカードを介して融資を受ける商品のことです。資金使途はフリーローンと同様自由で、多用途に活用することができます。フリーローンとの大きな違いは、借入した資金を自由に借入・返済できる点でしょう。

カードローンもフリーローンと同様「限度額」を設けますが、その枠内で自由に借入・返済を行うことができます。融資も一括ではなく、その都度借入を繰り返すことができます。また、資金に余裕ができたときの返済も自由に行うことができますので、利用者のライフスタイルに応じた返済計画を立てることができます。

このように、フリーローンとカードローンには違いがあります。上記の特徴を踏まえ、利用する商品を選択する必要があるでしょう。

3.お金を借りるのにFPがおすすめするカードローン

「お金を借りる方法」にスポットを当てて解説してきましたが、「初めてお金を借りる」という方におすすめの方法を挙げるなら、多用途に活用しやすい「カードローン」が良いと思います。

先述したように、カードローンは目的別ローンと比較すると、金利面では高めの設定です。しかし、資金の利用用途が自由であることや、借入・返済の自由度が高いこと、ご自身に適した返済計画を組みやすい点を含めると、その他の選択肢よりも個々の事情に合わせやすいといえます。

ただし、「カードローン」と一言でいっても、多種多様な種類があるため、「どれが良いのかわからない…」という方も中にはいらっしゃると思います。

そこで、FPの立場から安心して利用できるカードローンを1つピックアップするとすれば、「三井住友銀行カードローン」がおすすめです。三井住友銀行カードローンの商品情報は下記のとおりです。

お金を借りる1

三井住友銀行カードローンは、カードローン全体の中でも高い人気を誇る商品で、融資までのスムーズさと利便性の良さが特徴です。資金の利用用途も自由なので、生活費や他ローンのおまとめ、引っ越し費用等にも利用することができます。

また、大手コンビニATMやゆうちょ銀行ATMとも提携しているため、いつでもどこでも借入・返済しやすい商品だといえるでしょう。その他、三井住友銀行カードローンのメリット・デメリットを簡単にまとめてみました。

①メリット

  • 無人契約機を活用すれば、申し込み当日に融資を受けることができる
  • 提携先ATMが多く、借入返済時に便利
  • 融資限度額が800万円までと大きいので、あらゆる資金ニーズに利用可能

②デメリット

  • 目的別ローンよりも金利が高い
  • 借入、返済を簡単に繰り返すことができるので、過度の借入に注意する必要がある

三井住友銀行カードローンを利用する際は、上記のメリット・デメリットを把握しておきましょう。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン詳細

▼三井住友銀行カードローンの詳細を確認したいなら
三井住友銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

4.まとめ

お金を借りる方法には様々なものがあります。そしてお金を借りるということはすなわち、「返済義務を負う」ということです。したがって、ご自身のライフプランに合った融資方法を選択し、誠実に完済しなければなりません。

万が一、お金を素早く用意しなければならない場合には、比較的審査の素早い「カードローン」が適しています。カードローンを利用する際は必ず返済計画をシミュレーションし、借り過ぎには十分注意するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket