一番借りやすい消費者金融はどこ?審査通過率を徹底比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
借りやすい消費者金融0

借りやすい消費者金融と聞いてまず思い浮かべるのは、審査に通りやすい消費者金融のことではないでしょうか。

審査基準は消費者金融ごとに決まっていますが、せっかく申し込むなら、少しでも審査に通りやすいところを選びたいと思うのは当然ですよね。

そこで今回は、消費者金融ごとの審査通過率や、借りやすさのポイントについてご紹介していきます。大手に比べ審査が甘いと言われる中小消費者金融の特徴についてもまとめましたので、借りやすい消費者金融を探している方はぜひ参考にしてみてください。

1.審査に通りやすい消費者金融は?

借りやすい消費者金融を調べるうえでまず一つの基準になるのが、審査の通過率です。まずは大手消費者金融のうちデータを公開している「プロミス」「アコム」「アイフル」で、それぞれの審査通過率を比較してみました。

ここでは、2016年3月期分のデータを参考にしています。

<プロミスの審査通過率>

借りやすい消費者金融ss1

出典:http://www.smbc-cf.com/pdf/md2016_j.pdf

<アコムの審査通過率>

借りやすい消費者金融ss2

出典:http://pdf.irpocket.com/C8572/pTWD/YsYF/L7ih.pdf

<アイフルの審査通過率>

借りやすい消費者金融ss3

出典:https://www.ir-aiful.com/data/current/MD201608.pdf

<全体比較>

データ全体の数値を比較すると、審査通過率が高い順に以下のようになっています。

1位 アコム 約47%~48%
2位 アイフル 約44%~47%
3位 プロミス 約41%~44%

最も審査通過率が高いのはアコムでした。この3社では申込基準などにほとんど違いはありませんが、アコムとプロミスでは6%ほどのひらきが出る結果となっています。

2.消費者金融の借りやすさ5つのポイント

カードローンには消費者金融だけでなく、銀行系や信販系などもありますが、ここでは消費者金融ならではの借りやすさのポイントをまとめました。

ポイント1 即日借りられる

銀行カードローンの場合は融資までに数日かかる場合がありますが、消費者金融なら即日融資が可能です。お金を借りたい時というのは急ぎの場合が多いので、その日のうちに借りられるのは非常に助かりますね。

ポイント2 申込手続きが簡単

大手の消費者金融なら申し込みや契約時に来店する必要はなく、ネットや電話ですべての手続きが完結します。また、限度額が50万円までであれば収入証明書の提出もいらない場合が多いので、本人確認書類があればすぐに申し込みができます。

ポイント3 電話連絡がない

カードローンの契約時に多くの方が心配するのが、職場への在籍確認の電話ではないでしょうか。特に普段自分宛に電話がかかってくるような環境にない方は、職場に借入の事実がバレてしまうのではないかと不安に感じることでしょう。

しかし、モビットの「Web完結」なら電話連絡はありませんので、職場で気まずい思いをする心配はありません。職場への電話連絡が気になる場合には「モビット」を利用しましょう。

もしくはプロミスの場合、申し込み後に電話での在籍確認の相談をすることができます。プロミスを利用したい方は一度相談してみると良いでしょう。

ポイント4 無利息期間がある

消費者金融は比較的金利が高いのが特徴ですが、無利息期間を上手く活用すれば利息を1円も支払わずに借り入れができます。

低金利にこだわる方は銀行のカードローンを選びやすい傾向にありますが、銀行カードローンで無利息期間を設けているものは少ないので、短期間の借り入れであれば消費者金融を選んだほうがお得です。以下に無利息期間がある消費者金融をまとめました。

借りやすい消費者金融1

ポイント5 女性でも借りやすい

大手消費者金融では女性の方でも利用しやすいよう、女性専用ローンを取り扱っています。女性専用ローンの場合、金利や申し込み条件は一般的なタイプと基本的に同じですが、ちょっとした問い合わせや契約手続きまですべて女性が対応してくれるので、消費者金融に恐いイメージや不安を抱いている方にもおすすめです。

3.中小消費者金融は借りやすいと言われる理由

借りやすい消費者金融と聞くと、中小消費者金融をイメージする方も多いのではないでしょうか。確かに大手で契約を断られた方でも、中小消費者金融からなら借り入れができる場合もあります。ここでは、中小消費者金融が借りやすいと言われる理由についてまとめました。

理由1 金利が高い

まず初めに挙げられるのが、金利の部分です。大手消費者金融の上限金利は18%ほどが一般的ですが、中小消費者金融については19%~20%ほどのところもあります。一般的に低金利なカードローンほど審査が厳しくなるため、金利が高い中小消費者金融のほうが、大手に比べ審査に通りやすい傾向にあると言えます。

理由2 柔軟な審査

過去に金融事故を起こしてブラックになっていたり、他社からの借入件数があまりにも多い場合は、大手消費者金融の審査に通ることはまずないでしょう。

ですが、中小消費者金融ならブラックの方でも融資を受けられる可能性があります。中小消費者金融といえどそのなかでも規模に差があり、街金のようなきわめて小規模な会社では、審査に通るかどうかは担当者の判断による部分が大きくなります。

ブラックや借入件数が多い方でも、現状返済能力があると担当者が判断すれば、数万円や数十万円など、返済能力に見合った金額を借りられる可能性は十分にあります。

理由3 知名度が低い

中小消費者金融は大手のように大々的に宣伝をしていないため、当然知名度は低くなります。そのため、仮に大手と同じくらい審査が厳しければ、ほとんどの人は安心感のある大手を選ぶことでしょう。知名度が低い中小消費者金融の場合、多少のリスクを負っても顧客を増やしたいという部分は少なからずあるでしょう。

4.審査が甘い消費者金融は危険

きちんと金融庁の登録を受けた消費者金融であれば、会社の規模に関わらず安心して借りることができますが、中小消費者金融とよばれる業者の中には、違法業者である闇金が隠れていることも多いです。

大手以外の会社を選ぶとなると、安全な業者かどうかの見極めが一気に難しくなり、信用して申し込んだ業者が実は闇金だったというケースもよくあります。

闇金は考えられないほど高い金利でお金を貸し付けるため、一度借りてしまうと利息だけで借金はどんどん膨らみ、あっという間に借金地獄に陥ってしまいます。いくらお金に困ったとしても、審査が甘いことを謳っている業者には絶対に近づかないようにしましょう。

5.本当の借りやすさは安全性

いくら簡単にお金を借りられたとしても、それが原因で借金地獄に陥ってしまっては元も子もありません。本当の意味での借りやすさとは、安心安全に借りられるかどうかではないでしょうか。

安全な消費者金融を選ぶなら、断然大手の消費者金融がおすすめです。大手は中小消費者金融に比べ低金利ですし、無利息期間がある会社も多いです。

また、提携金融機関のATMも全国に数多くあるので、契約後の利用のしやすさという面でもメリットがあります。大手であれば対応も親切なので、安心して消費者金融を利用したいなら、まずは大手の会社を選ぶのが賢明です。

6.審査通過率以外も徹底比較|大手消費者金融

融資スピードや土日祝日に借りれるか、家族に内緒で借入できるかなど、審査通過率以外の特徴もわかりやすく比較しました。審査通過率と合わせた上で、あなたの状況に適した消費者金融を選びましょう。

アコム

アコムは審査通過率が約47%~48%と最も高いですし、融資スピードも早く、土日祝日の借り入れにも対応しています。家族に内緒の借り入れも可能です。

アコムチェックリスト

アイフル

アイフルは審査通過率が約44%~47%とアコムに次いで高いです。誰にも知られずにカードの受け取りもできるのが特徴です。

アイフルチェックリスト
*アイフルの利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合は収入証明書原則不要。

プロミス

プロミスは審査通過率が約41%~44%とアコムやアイフルに比べて低いですが、平日14時までに契約完了していれば、銀行口座へ最短10秒で振込みをしてもらうことができます。

プロミスまるばつ表

 

モビット

モビットは審査通過率は公開されていませんが、WEB完結申込なら職場への電話連絡がありません。

モビットチェックリスト※1 14:50までの振込手続き完了で当日融資可能。審査結果により希望に沿えない場合あり。

 

7.まとめ

今回は借りやすい消費者金融をテーマに、各会社の審査通過率や利用のしやすさについてご紹介しました。そもそも審査に通らなければお金を借りることができないので、審査が甘いところが借りやすい消費者金融と考えてしまうのは当然です。

しかし、借りやすい消費者金融には、それなりのデメリットがあることも決して忘れないようにしましょう。安全性や利用のしやすさなど契約後のことも頭に入れ、安心お得に利用できる消費者金融をしっかりと選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事