アコム

30万円借りたい!保証人なしで今すぐ安全にお金を借りる方法を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
30万円借りたい女性

引っ越しや冠婚葬祭など急に30万円程度必要になることもありますよね。

病気や事故などで仕事ができなくなり、生活費がキツくなってしまった方もなかにはいるかもしれません。

この記事では、30万円借りたい方がお金を借りる方法や支払利息を減らすコツなどをまとめました。

30万円を賢く借りて経済的な不安をなくしましょう。

1.30万円借りたい方がお金を借りる2つの方法

30万円借りたい方がお金を借りる方法をご紹介します。

方法1 クレジットカードキャッシング

クレジットカードのキャッシング枠が付いている方はそのカードを使ってお金を借りることができます。例えば30万円のキャッシング枠が付いている場合は最高30万円借りられます。

金利はほとんどのクレジットカード会社が年18.0%に設定しているため、仮に30万円を30日間借りた時は4,438円、60日借りた時は8,876円、90日間借りた時は13,315円かかります。

金利年18.0%の時の利息

クレジットカードでキャッシングする方法は簡単です。キャッシュカードでお金を引き出すのとほぼ同じ操作で、コンビニATMなどからお金を借りることができます。操作方法は次の通りです。

<クレジットカードでキャッシングする手順>

  1. ATMの画面上のメニューから「お引き出し」を選択
  2. クレジットカードを差込口から挿入する
  3. 暗証番号を入力
  4. 「お借入」を選択
  5. 返済方法を「1回払い」か「リボ払い」から選択する
  6. 借入金額を入力する
  7. 現金を受け取る

参考までに主なクレジットカードキャッシングの金利は次の通りです。

カード会社金利年
三菱UFJ VISA14.50%
三井住友VISA15.00%〜18.00%
JCB15.00%〜18.00%
オリコカード15.00%〜18.00%
ジャックス18.00%
三菱東京UFJニコス14.94%〜17.94%
楽天カード18.00%
エポスカード18.00%
イオンカード7.80%〜18.00%
UCカード15.00%〜18.00%

クレジットカードを持っている方はキャッシング枠が付いているか確認してみると良いでしょう。わからない場合はクレジットカード会社に問い合わせすればすぐにわかります。

なお、キャッシング枠が付いていない場合は新たに付けることもできますが、審査があるため1〜2週間程度かかります。急いでいる方は次のカードローンを利用しましょう。

プロミスやアコムなどの消費者金融は金利年3.0%〜18.0%とクレジットカードキャッシングの上限金利とほぼ変わりはないですが、プロミスのように利用限度額は1万円〜500万円と高額融資を受けることも可能です。

方法2 カードローンで借りる

30万円を借りたい方はカードローンで借入することもできます。

カードローンは満20歳以上で安定収入があれば利用でき、担保や保証人も必要ありません。即日融資にも対応しているので最短1時間で借りることも可能です。

カードローンには主に消費者金融と銀行のものがあり、銀行の方が3.5%~4.0%ほど金利が低くなっています。

まずは主な消費者金融と銀行カードローンの金利を見ていきましょう。

カードローン金利年
アコム3.0%〜18.0%
レイクALSA4.5%〜18.0%
プロミス4.5%〜17.8%
SMBCモビット3.0%〜18.0%
アイフル3.0%〜18.0%
楽天銀行1.9%〜14.5%
みずほ銀行2.0%〜14.0%
三井住友銀行4.0%〜14.5%
三菱UFJ銀行1.8%〜14.6%

金利だけ見ると銀行カードローンの方が利息を減らせそうですが、150日(5ヶ月)以内の借入なら消費者金融を選んだ方がお得です。これには30日間の無利息サービスが関係しています。

例として30万円を30日・60日・90日・120日・150日・180日借りた場合の利息を見てみましょう。

30日間無利息は消費者金融の平均である金利年18.0%、無利息期間なしは銀行カードローンの平均である14.5%で計算しています。

(計算式「借入金額×金利÷365×借入日数」)

借入日数30日間無利息無利息期間なし
30日0円3,575円
60日4,438円7,150円
90日8,876円10,726円
120日13,315円14,301円
150日17,753円17,876円
180日22,191円21,452円

無利息期間中の利息は1円もかからないため、150日以内の借入なら無利息サービスがある消費者金融の方が支払利息を減らせることがわかります。

180日以上の長期借入を予定している場合は低金利の銀行カードローンを利用しましょう。

無利息期間がある主なカードローンは次の通りです。即日融資にも対応しているので急ぎの方にもおすすめです。

カード金利年無利息期間
アコム3.0%~18.0%初めてなら30日間無利息
アイフル3.0%~18.0%初めてなら30日間無利息
プロミス4.5%~17.8%初めてなら30日間無利息

なお、銀行カードローンは基本的に即日融資に対応していません。融資を受けるまでには数日程度かかります。急いで借入するなら消費者金融を利用しましょう。

2.できるだけ支払い利息を減らす返済3つのコツ

カードローンの返済で利息を減らすためのコツを見ていきましょう。

コツ1 返済シミュレーションをする

30万円借りた時の支払利息を確認せずに選んでしまうと損する可能性があります。必ず利息額を返済シミュレーションしてから申込するようにしましょう。

仮に30万円を1年間(12ヶ月)で返済する場合の利息総額と毎月の返済額をカードローン別に比較してみました。金利は上限金利で計算しています。(各金融機関の返済シミュレーションで計算)

カードローン利息総額毎月返済額
アコム30,044円27,503円
アイフル30,044円27,503円
プロミス29,701円27,475円
SMBCモビット30,044円27,503円
楽天銀行24,075円27,006円
みずほ銀行25,146円29,559円
三井住友銀行24,075円27,006円
三菱UFJ銀行24,245円27,020円

三井住友銀行カードローンとアコムの毎月の返済額の差はほぼ変わりません。しかし、三井住友銀行カードローンの支払利息は24,075円で済みますが、アコムは30,044円と5,969円も利息に差が出ることがわかります。

実際の利息は借入額や返済期間によって変わるため、自分はどのくらいの利息がかかるのか事前に確認するようにしましょう。

コツ2 繰り上げ返済をする

できるだけ支払利息を減らしたい場合は繰り上げ返済をするようにしましょう。

利息は日割り計算なので1日でも早く返済すれば利息も減るからです。

無理に繰り上げ返済する必要はありませんが、ボーナスが出る月などお金に余裕がある時は積極的に返済に充てていきましょう。

コツ3 最低返済額以上を返済する

カードローンには毎月必ず返済しないといけない最低返済額があります。各カードローンで30万円借りた時の最低返済額は次の通りです。

30万円借りた時の最低返済額

決められた最低返済額だけ返済していれば利用上問題ありませんが、「返済額が丸々元金の返済にあてられるわけではない」ことには注意が必要です。

例えばアコムから30万円借りた場合の最低返済額は月9,000円です。

10回返済したら借入残高は20万円近くになると勘違いしそうですが、実際は返済額9,000円の大部分は利息なので元金は思ったほど減りません。

こちらの表はアコムの返済シミュレーションで出した返済計画です。毎月4,000円以上が利息にあてられていることがわかります。

アコム返済シミュレーション(出典:https://www.acom.co.jp/return/simulation/amount/)

ここがカードローンの落とし穴です。余裕がある時に繰り上げ返済をしないといつまでたっても借入金が減っていきません。

仮に30万円を毎月9,000円ずつ返済していく場合には完済まで47ヶ月(3年11ヶ月)かかってしまいます。

アコム返済シミュレーション2

アコム返済シミュレーション完済利息総額

支払う利息の合計も118,982円と非常に高額になるので、お金に余裕がある時は積極的に繰り上げ返済をしていくことが重要です。

3.カードローン審査通過率を上げて30万円借りる4つのポイント

カードローンの審査通過率を上げるポイントをご紹介します。

ポイント1 借入件数を減らす

すでに複数から借りている方は少しでも借入件数を減らしてから申し込むのが審査通過率を上げるポイントです。

特に4社以上からお金を借りている場合、審査に通るのは極めて難しくなります。完済できそうな少額のローンがある場合は、まずはそちらを完済してから申し込むと良いでしょう。

ポイント2 同時に複数のカードローン申し込まない

複数のカードローンに同時に申し込むと「申込者は相当お金に困っている」と判断されるため、審査に落ちる可能性が高くなります。

カードローンに申し込むと申込情報が信用情報機関に登録されます。審査では信用情報機関の情報を照会するため、他のカードローンに同じ時期に申込しているかどうかもすぐにわかります。

審査通過率を上げるためにもカードローンは1社に絞って申し込むようにしましょう。

ポイント3 1年以上働いてから申し込む

勤続年数は長ければ長いほどカードローン審査で有利になります。一般的に1年以上同じ勤務先で働いていると良いとされています。

そろそろ勤続年数が1年になるような場合はそれを待ってから申し込むと良いでしょう。

なお、勤続年数が1年未満だからといってカードローン審査に通らないわけではないですが、勤続年数が長いほど有利になると覚えておきましょう。

ポイント4 返済を怠らない

金融機関の事故情報の履歴は全て信用情報機関に登録されています。信用情報に一度延滞や強制解約などの事故情報が登録されると一定期間が過ぎるまで基本的に審査に通ることはありません。

延滞は延滞解消から1年、強制解約や自己破産などは最長5年間となっているため、新たに申込するのなら完済や自己破産の免責確定から5年経ってから申し込むようにしましょう。

KSCのみ自己破産などの情報は最長10年間の登録期間になっているため、銀行カードローンの申込をする場合は完済や自己破産の免責確定から10年経ってから行ってください。

なお、日本の信用情報機関は次の3つです。

  • JICC(株式会社日本信用情報機構)
  • CIC(株式会社シー・アイ・シー)
  • KSC(全国銀行個人情報センター)

銀行や消費者金融、信販会社などの金融機関はこのうちのどれか1つに必ず加盟していて、申込があると申込者の情報をこれらの信用情報機関に照会して確認します。

4.今すぐ30万円借りれるカードローンランキング

今すぐ30万円借りられるカードローンをご紹介します。この中から選んで申込をしてみてください。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アイフル

アイフルは土日祝日含め審査は最短30分で完了し、最短即日利用が可能なため、今すぐ借入したい方や忙しい方、時間がない方に選ばれています。

また、アイフルには「配達時間えらべーる」というサービスがあり、自宅でカードを受け取る場合は指定の時間帯に受け取ることができるため、家族にバレたくない方の利用者も多いです。なお、郵送ではなくアイフルの無人契約でんわBOX「てまいらず」でカードを受け取ることもできます。

アイフル詳細

▼アイフルでお得に借りる方法はこちら
アイフルのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

レイクALSA

レイクALSAには「借入額5万円まで180日間無利息」「契約額1万~200万円まで60日間無利息(*1)」の選べる無利息期間があるため、「短期間だけお金を借りたい」「少額の借入をしたい」方に特に選ばれています。

*1 新生フィナンシャルで初めて契約した方のみが対象。期間限定9月3日(月)から11月30日(金)契約完了の方、30日間無利息、180日間無利息との併用は不可

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクALSAでお得に借りる方法はこちら
レイクALSAのメリット・デメリットを徹底解説|最短即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

5.まとめ

30万円を借りるならクレジットカードキャッシングよりも利息を減らすことができるカードローンをおすすめします。

「30分後にお金が必要!」のように特に急いでいる場合を除き、カードローンを選ぶと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket