ブラックでも融資OK?!消費者金融から安全にお金を借りる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ブラック 融資0

支払いの延滞をすると俗に言う金融ブラックという状態になり、カードローンやクレジットカードの申込ができなくなってしまいます。

そうなると銀行や大手消費者金融からは借りることができず、闇金など悪質な業者に手を出してしまう方も少なくありません。

しかし、ブラックの状態でも安全に借入をする方法はあります。今回は、ブラックの方が安全に融資を受けたい時の注意点や、中小消費者金融のデメリットなどをご紹介したいと思います。

1.ブラックの方が安全に融資を受けたい時の注意点

中小消費者金融から借入をする場合、闇金などに捕まらないように次のポイントは最低限確認しましょう。

注意1 上限金利

中小消費者金融の金利は大手に比べ割高ではあるものの、上限金利は利息制限法の範囲内で設定されています。金利がその範囲を超えている金融会社は法律を無視した違法業者であると判断できます。借入元本ごとの上限金利は次の表の通りです。まずは金利がこの範囲を超えていないか確認しましょう。

お金貸して1

注意2 登録番号

大手であれ中小であれ、きちんと国から認可を受けている金融会社は「賃金業者登録番号」が割り振られていて、登録番号は必ずホームページや広告に記載する義務があります。

ホームページなどの隅の方に記載されていることが多くて少し分かりづらいですが、登録を受けた業者なら「登録番号:第○○号」のような記載があるはずです。こちらについても確認してみましょう。また、登録番号を偽っている違法業者もあるため、番号が正しいかどうかも厚生労働省のページで調べておきましょう。

厚生労働省 登録賃金業者検索ページ
http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/

注意3 固定電話の番号

賃金業者として登録をするには会社の固定電話の番号が必要です。金融会社の連絡先が携帯電話になっている場合、登録を受けていない業者である可能性が高いです。連絡先が個人の携帯電話の番号になっている場合、まず闇金であることを疑った方が良いでしょう。

2.ブラックでも融資が受けられる中小消費者金融のデメリット

中小消費者金融の中には、ブラックでも一定期間年数が経っていたり、現状返済能力があると判断できれば少額でも融資をしてくれる業者はあります。ただ、大手と比べデメリットがあるので、まずは中小消費者金融のデメリットを確認しておきましょう。

デメリット1 金利が高い

中小消費者金融の金利は大手よりも1.0%~2.0%ほど高く設定されている場合が多く、大体が19.0%~20.0%の上限金利となっています。

大手と比べ利用者が少ないため、その分金利を上げて利益を出す必要があるのも理由の1つだと思いますが、中小消費者金融を利用する方の多くは信用情報や属性があまり良くないため、貸し倒れリスクが高いという理由が大きいでしょう。

デメリット2 限度額が少ない

大手消費者金融の場合、限度額は500万~800万円程度です。中小消費者金融でも同等の限度額を設定している業者もありますが、街金など地域密着型の営業をしている業者は、限度額が10万~50万円程度の場合が多いです。

ただ、たとえ限度額が高額な業者でも、ブラックの方が100万円以上の金額を借りるのは難しく、10万円や20万円の少額融資となる可能性が高いです。

デメリット3 利便性が低い

中小消費者金融の場合、申込や契約は基本的に店舗に出向いて行う必要があります。また、借入や返済も店舗で直接の手渡しか振込となる場合がほとんどです。大手のようにカードを使ってコンビニATMからいつでも借りられるわけではありません。

デメリット4 安全な業者か判断しづらい

テレビCMを大々的に打ち出している大手の場合、知名度が高くその安全性も保証されています。しかし、中小消費者金融は名前を聞いたことが無い業者の方が多く、安全な業者なのかを見分けるのが難しいのが現実です。

よく調べずに申込をしたら実は闇金だったというケースも多いため、中小消費者金融を利用する際は安全な業者選びが最も重要なポイントとなります。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「中小消費者金融の審査は甘い?学校では教えてくれないキャッシングの授業」

3.ブラック融資のよくある疑問を一発解決!

ブラック融資に関してよくある疑問とその答えをまとめました。

疑問1 中小消費者金融=闇金?

「中小消費者金融=闇金」と思っている方もいますが、この2つは全くの別物です。中小消費者金融でもきちんと国の認可を受けた業者であれば、お金を借りても特に問題はありません。中小消費者金融の中にはブラックでも融資をしてくれる金融会社もありますので、混同しないようにしましょう。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「10分で理解する闇金の悪質な手口10個と1番安全な対処法」

疑問2 信用情報っていつまで残るの?

信用情報とは、これまでのローンやクレジットカードなどの利用状況のことで、ローンやカードの申込をしたことがある方なら、その履歴は全て信用情報機関に登録されています。現在国内にある信用情報機関は次の3つです。

銀行、消費者金融、信販会社などの金融機関はこのうちのどれか1つに必ず加盟しており、申込があると申込者の信用情報を信用情報機関に照会して確認します。そのため、万が一信用情報に延滞履歴や強制解約などの情報が登録されていると、返済能力が無い人とみなされ、審査落ちの原因となってしまいます。

一度登録された信用情報は永久に残るわけではありません。信用情報の登録期間はその内容や情報機関によっても多少違いがあり、申込情報は最長半年、延滞は延滞解消から1年、強制解約や自己破産などは最長5年間となっています。つまり、完済や自己破産の免責確定から5年経てば、事故情報は元通りというわけです。

ただ、全国銀行個人信用情報センターのみ、自己破産などの官報情報は最長10年間の登録期間となっているため、すべての信用情報機関から事故情報が完全に消えるまでには最長10年かかることになります。

疑問3 「ブラックでも融資OK」は危険?

信用情報に一度事故情報が登録されると、一定の期間が過ぎるまで基本的に新たなローンを組むことはできません。「ブラックでもOK」のように誰でも借りれることを謳っている業者があるのも事実ですが、こういった業者はほとんどの場合闇金です。

闇金は審査が甘いことを宣伝文句にし、借りたら最後、法外な利息を請求してきます。一度借りてしまうと利息の支払いがどんどん膨らみ、とても返せる額ではなくなってしまうので、「誰でも借りられます」、「ブラックでもOKです」と謳っている業者には、決して近づかないようにしましょう。

疑問4 ブラックリストって本当にあるの?

「ブラックリストに載る」などとよく言われますが、実際にそのようなリストがあるわけではなく、どこからもお金を借りられなくなった状態を俗にそう呼んでいるに過ぎません。

ブラックリスト入りする原因は主に支払いの延滞ですが、数日延滞をしたからといって必ずブラックリストに載るわけではなく、信用情報が大きく関係しています。

4.まとめ

ブラックの状態で借入先を見つけるのは非常に難しいのは事実ですが、大手以外であれば状況次第で融資をしてくれる業者もあります。ただし、中小消費者金融は大手よりも金利が高いため、金利に応じた利息を事前に計算し、無理のない返済計画を立てることが非常に重要と言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事