バンクイックで増額したいけど審査が不安…増額の申込前に確認して利用限度額を増やそう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
カードローンの増額を検討している女性

生きていれば急な出費などが重なることもあるので、バンクイックを利用していても今の借入限度額では足りなくなってしまうこともあるでしょう。

そんな時は他のカードローンに申し込むよりもバンクイックで増額をした方が便利です。

この記事では、バンクイックの増額を成功させる条件や増額するメリット・デメリットをまとめました。

申込前に確認して増額を成功させましょう。

1.バンクイックの増額を成功させる3つの条件

バンクイックの増額を成功させる条件を3つご紹介します。

条件1 利用期間が6か月を超えている

バンクイックで増額したい場合、最低でも6か月以上利用してから申し込むのが望ましいです。できれば1年以上の順調な返済実績があるとなお良いでしょう。

審査が通りやすくなる条件は公表されていませんが利用実績がしっかりとあることは重要です。

条件2 返済に余裕がある

バンクイックで増額したい場合は現在の収入で返済に余裕があることも大切です。

毎月の返済額が収入の3割を超えると審査に通る可能性は厳しくなるため、その金額の範囲内の融資が理想です。

条件3 延滞していない

バンクイックで増額するにはバンクイックの返済を延滞せずきちんと行なっている必要があります。

延滞している場合は増額申込ができないので注意しましょう。

2.バンクイックの増額審査の難易度

バンクイックの増額は融資額を増やすことになるため、高額融資を受けたい時と同じように審査が厳しくなります。

ただし、バンクイックから増額案内が来ている時は別です。

バンクイック内部では常に利用状況や信用情報の照会などで見直しが行われているため、順調に利用している優良顧客にはメールなどで増額案内が来る場合があります。

案内が来ている場合、要件はすでに満たしていると言って良いので申込をすればすぐに増額できる可能性が高いです。

逆に案内が来ていない状態での申込は増額基準に達していない可能性があるため、増額審査に落ちる確率も高くなるでしょう。

3.バンクイックで増額する3つのメリット

バンクイックで増額するメリットを3つご紹介します。

メリット1 適用金利が下がる

バンクイックの金利は利用限度額の大きさで変化します。

利用限度額が100万円超、200万円超と大台を超えるごとに金利が下がり、1段階ごとに1.0~3.0%も金利が下がります。

利用限度額 借入利率
400万円超
500万円以下
年1.8%~年6.1%
300万円超
400万円以下
年6.1%~年7.1%
200万円超
300万円以下
年7.1%~年9.6%
100万円超
200万円以下
年9.6%~年12.6%
10万円以上
100万円以下
年12.6%~年14.6%

*利率は変動金利です。
*平成27年7月6日以降に契約の方の適用金利です。それ以前に契約の方の適用金利は異なる場合があります。

利用限度額が大きくなれば借入利率は下がるようになっているため、増額によって今より金利が下がる可能性は大いにあります。

たった数パーセント違うだけでも思っている以上に利息の差が生まれるので、一度シミュレーションをしてみると良いでしょう。

→ バンクイックのシミュレーションへ

メリット2 返済管理しやすい

借入できる金額を増やすために他のカードローンに申し込む方法もありますが、複数のカードローンを利用すると返済管理がしづらくなります。

特に返済日や利用できるATMが違う場合には非常に不便です。

増額であれば利用しているカードローンは増えないので返済管理も非常に楽です。

メリット3 ピンチの時に対応しやすくなる

利用限度額が増えると急な出費にも対応しやすくなります。余裕がある時に増額申請をして、いざという時のために備えておいても良いでしょう。

4.バンクイックで増額する3つのデメリット

バンクイックで増額するデメリットを3つご紹介します。

デメリット1 お金が増えた錯覚に陥る

カードローンの利用者で多いのが利用限度額が増えることによって自分の財布のお金が増えたように錯覚してしまうことです。

しっかりと自己管理ができる方は心配ありませんが、使えるお金をすぐに使ってしまうタイプの方は注意が必要です。

カードローンの増枠は借金の枠が増えるだけと認識して気をつけましょう。

デメリット2 月々の返済負担が増える

増額をして借入額が増えると月々の返済額も増えていきます。

使い道がはっきりしていて月々の収入からしっかりと返済できるなら大丈夫ですが、生活費の穴埋めなどに利用する場合は返済負担が増えないように注意しましょう。

デメリット3 完済までの期間が延びる

カードローンの返済は思っている以上に長期に渡ります。カードローンの残高が増えると支払利息も増え、なかなか元金が減っていきません。

カードローンの鉄則は繰り上げ返済を活用し、できるだけ早く完済することです。計画的に返済できるメドが立たない増額は極力避けましょう。

5.バンクイック増額の豆知識

バンクイックの増額時に知っておきたい豆知識をご紹介します。

豆知識1 申込方法

バンクイックの利用枠を増額したい時は三菱東京UFJ銀行第二リテールアカウント支店のフリーダイヤルに電話をして申し込みます。

三菱東京UFJ銀行第二リテールアカウント支店フリーダイヤル
0120-76-5919
平日9:00~21:00
土日祝9:00~17:00(12月31日~1月3日を除く)

増額金額に応じて必要な情報のヒアリングがあり、収入証明書類の追加提出が必要かどうかなど案内されます。

豆知識2 審査時間

バンクイックから増額案内が届いている場合はすでに審査が終わっているようなものです。

申請するだけで増額OKとなる可能性が高いため、審査時間を心配する必要はないでしょう。

増額案内が届いていない場合、長くて数日程度は時間がかかると思った方が良いです。ゆとりをもって申し込むようにしましょう。

豆知識3 在籍確認

増額に申し込むと改めて審査が行われるため、再度在籍確認が行われる可能性があります。

特に初回申込時の勤務先から転勤している場合などは在籍確認が再度あると考えた方が良いでしょう。

豆知識4 審査結果の連絡

審査結果の連絡は電話かメールで連絡が来ます。指定着信許可や迷惑メールフィルターを設定している時はあらかじめ許可設定をしておきましょう。

6.増額できなかった時の新規借入先

バンクイックで増額ができなかった場合は他のカードローンの申込を検討しましょう。おすすめの借入先を比較してご紹介します。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは最大800万円借入できるので「まとまったお金を中長期で借りたい方」に特に選ばれています。

みずほ銀行の口座を持っていればキャッシュカードですぐ利用できるのも選ばれているポイントです。

みずほ銀行カードローン詳細

▼みずほ銀行カードローンの詳細を確認したいなら
みずほ銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|最速融資を受ける手順と注意点とは

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは銀行ならではの低金利で最高800万円まで利用できます。来店も口座開設も不要なので手間がかかりません。

オリックス銀行カードローン詳細

▼オリックス銀行カードローンの詳細を確認したいなら
オリックス銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|最速融資を受ける手順と注意点とは

モビット

モビットの利用限度額は最高800万円でWEB完結申込なら電話連絡や郵送物がありません。

派遣社員のように普段会社にいることが少ない職業の方や家族や職場にバレずに借入したい方に選ばれています。職場への電話連絡をどうしても避けたい方の利用が特に多いです。

モビット詳細

▼モビットの詳細を確認したいなら
モビットのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

7.まとめ

バンクイックの増額を成功させるには何よりも返済実績が重要です。日頃から毎月の約定返済をしっかり行い、時には繰り上げ返済もして計画的に返済していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket