アコム

銀行からのお金の借り方って何があるの?ローンの種類と賢い選び方を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
銀行から借りたお金

「どんなお金を銀行から借りれるの?」
「どんな種類のものがあるの?」

銀行には様々なローンがあるのでどれが自分にぴったりなのか悩みますよね。

適当にローンを選んでしまうと金利が高かったり、使い勝手が悪かったりと失敗してしまうこともあります。

この記事では銀行からお金の借り方と種類をまとめました。事前に確認してあなたに最適なローンを選びましょう。

1.銀行からお金の借り方と種類

まずは銀行からお金を借りる方法と種類を見ていきましょう。

①カードローン

カードローンは利用限度額の範囲なら繰り返しお金を借りることができる商品です。借りたお金の使い道は自由で、主に次のような目的で利用する方が多くいます。

  • 給料日前でお金がない
  • 家賃が払えない
  • 携帯代が払えない
  • 生活費が足りない
  • 急な冠婚葬祭でお金が必要
  • 旅行費用が足りない
  • 税金が払えない

カードローンは融資スピードも早いため、急ぎでお金が必要な方にも向いています。保証人や担保は不要です。

②フリーローン

フリーローンは資金使途自由の個人向け融資です。

融資金は一括で受け取り、あとは返済していくだけなので繰り返し借入することはできませんが、まとまったお金を低金利で借りられます。

ただし、フリーローンの中には利用目的が限られているものがあり、その場合は見積書や契約書などが必要になることがあります。

フリーローンとカードローンのどちらを選べば良いのか悩む方も多いですが、主な違いがわかれば選ぶのは簡単です。

 フリーローンカードローン
金利低い高い
利用限度額低い高い
審査時間遅い早い
審査の難易度高い低い

確実に返済したいフリーローンはカードローンよりも低金利なのでお得ですが、繰り返し借入できるカードローンの方が利便性では優れています。

  • できるだけ利息を抑えたい
  • 繰り返し借入できなくても構わない

このような方はフリーローンの方が向いているでしょう。

③マイカーローン

車を購入する際、ディーラーや中古車屋に言われるがままローンを組んでしまう方が多いですが、銀行のマイカーローンの方がお得です。

マイカーローンの金利は年0.5%〜4.5%程度、ディーラーや中古車屋で組むローンの金利は年4.0%〜8.0%程度と、マイカーローンの方が低金利です。

例えば300万円の車を5年ローンで購入する場合の利息を比べてみましょう。

 銀行ディーラー
毎月の返済額55,929円60,829円
総返済額3,355,740円3,649,740円
支払う総利息355,740円649,740円

*銀行マイカーローンは金利年4.5%、ディーラーローンは金利年8.0%で計算

銀行マイカーローンの支払う総利息は355,740円ですが、ディーラーローンの場合は649,740円もかかります。銀行マイカーローンの方が294,000円も得することがわかります。

すでにディーラーや中古車屋さんでローンを組んでしまった場合でも銀行のマイカーローンに借り換えることができるので、返済シミュレーションをして利息を減らせるようなら借り換えがおすすめです。

なお、マイカーローンは車の購入以外にも次のような目的でお金を借りられます。

  • 乗用車購入(新車・中古車)
  • オートバイ購入
  • 自動車の教習所費用
  • ガレージ設置費用
  • 車検、定期点検、修理費用
  • 車の保険費用
  • 車やバイク部品・カーアクセサリー費用

④ブライダルローン

ブライダルローンは結婚費用のために利用できる低金利ローンです。結婚式費用だけでなく、新居や新婚旅行のためにも使えます。

  • 結婚式の費用
  • 結婚指輪
  • 新婚旅行費
  • 新居費用
  • 結婚式までに通ったエステ代(美容関連費)

結婚式にかかる費用は平均250万円〜400万円です。思っている以上にお金がかかりますが、結婚式は人生で一度です。

満足のいく挙式をあげるためにも、貯金だけで足りない時はブライダルローンを活用しましょう。

⑤住宅ローン

住宅ローンはマイホーム購入や住居予定の土地購入のためのローンで、主に次のような目的に利用できます。

  • 新築購入
  • マンション購入
  • 中古住宅、中古マンション購入
  • 居住予定の土地購入
  • 底地購入
  • 借地権付き住宅の購入

銀行によって異なりますが、住宅ローンの金利は年0.5%〜3.0%前後です。

住宅ローンには変動金利と固定金利があるので、申込前に必ず返済シミュレーションをして自分に合った金利を選ぶようにしましょう。

また、住宅ローンは借り換えも可能です。よりお得な住宅ローンがあった場合には利息を減らすために借り換えを検討してみると良いでしょう。

⑥教育ローン

教育ローンは子供の教育をサポートできるローンです。教育ローンは低金利で使い道が広く設定されているので使い勝手がいいです。

次のような場合でも利用できます。

  • 幼稚園〜大学の学費
  • 大学院、専修学校、予備校、塾の学費
  • 資格を取得するための費用
  • 教育のために借りたアパート等の費用
  • 教育に必要な制服、教科書、通学定期、部活動費

銀行によってはすでに支払っている教育関連費に対してもローンを組む事が可能です。今後かかる費用と合わせて申込をすると良いでしょう。

⑦事業者ローン

事業者ローンは法人や個人事業主向けのローンで、主に次のような目的でお金を借りられます。

  • 運転資金
  • 設備資金
  • つなぎ資金
  • 決算
  • 従業員の賞与

事業者ローンは審査に時間がかかるので余裕を持って申込することをおすすめします。

2.銀行からお金を借りたい方におすすめなカードローン

銀行からお金を借りたい方におすすめなカードローンをご紹介します。銀行カードローンを利用する時はこの中から選んで申込をしてみてください。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは入会で1,000ポイントもらえることから「楽天を普段から利用している」方に特に選ばれています。いつもの口座で利用することもできますし、コンビニなどの提携ATMから借入や返済も可能です。

なお、楽天銀行の口座を持っている場合は24時間振込が可能なので、楽天銀行口座を持っている方にも選ばれています。

楽天銀行カードローン詳細

▼楽天銀行カードローンでお得に借りる方法はこちら
楽天銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは最大800万円借入できるので「まとまったお金を中長期で借りたい方」に特に選ばれています。みずほ銀行の口座を持っていればキャッシュカードですぐ利用できるのも選ばれているポイントです。

なお、みずほ銀行の住宅ローンを利用するとカードローン金利が年0.5%低くなります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

みずほ銀行カードローン詳細

▼みずほ銀行カードローンでお得に借りる方法はこちら
みずほ銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるので「お金を短期間借りたい方」「少額の借入をしたい方」に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクでお得に借りる方法はこちら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

3.まとめ

お金の使い道がはっきりと決まっている場合はマイカーローンやブライダルローンなど目的ローンがおすすめです。

光熱費が払えないなど生活費や趣味に使いたい場合はカードローンを選ぶと良いでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket