企業が銀行から低金利で融資を受ける方法と銀行金利の仕組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
銀行融資を提案している女性

経営者が借入先として銀行を選ぶ背景には「できるだけ低金利で融資を受けたい」という思いがあるはずです。

特に高額融資や長期融資を希望している方にとって金利は非常に重要なポイントとなるでしょう。

今回はそんな銀行金利の仕組みと、企業がより低金利で銀行融資を受ける方法をご紹介します。

保証付き融資からプロパー融資への切り替えを検討している経営者の方もぜひ参考にしてみてください。

1.銀行から低金利で融資を受ける方法

個人が銀行から融資を受ける場合は、借入元本や担保の有無などが金利を決める際の大きな基準となりますが、法人が融資を受ける場合、プロパー融資と保証付き融資のどちらかという部分も金利に深く関係してきます。

①プロパー融資

プロパー融資とは、信用保証協会を通さずに直接銀行から融資を受ける方法です。プロパー融資には決まった限度額が無いため、企業の実績と信用度が高ければ、保証付き融資よりも高額な融資を受けることが可能です。

ただ、その分審査も厳しく、初めて銀行から融資を受ける企業の場合、プロパー融資ではなく保証付き融資をすすめられることがほとんどです。

②保証付き融資

保証付き融資とは「制度融資」とも呼ばれ、信用保証協会に保証人になってもらい、銀行から融資を受ける方法です。銀行からの融資実績が無く信用が低い企業でも、保証会社が間に入ることで銀行側としては融資をしやすくなります。

基本的に保証付き融資の場合は、どの銀行を選んでも利率はある程度決まっているため、企業が銀行に金利交渉をしたい場合、まずはプロパー融資を受けられるだけの実績と信用を得ることが重要です。

2.プロパー融資の審査基準

どのような企業ならプロパー融資を受けることができるのでしょうか。決算書の内容から優良企業であると判断されるためのポイントをまとめました。

ポイント1 純資産が多い

債務超過や累積損失などで純資産がマイナスの場合、経営破綻の可能性が高まるため、銀行は貸し倒れリスクを警戒します。債務超過となっている場合は、経営改善計画や具体的な改善策を提示するなど何らかの対策が必要となるでしょう。

ポイント2 自己資本比率が高い

自己資本比率も重要なポイントの1つです。自己資本比率が高いほど外部資金に頼らない経営が可能となるため、銀行からの評価も高くなります。

自己資本比率は一般的に40~50%以上が優良企業とされていますが、中小企業の場合は15%前後が平均値と言われています。

ポイント3 フリーキャッシュフローが多い

フリーキャッシュフローとは、会社の利益から事業に必要な資金を差し引いた余剰資金のことで、その会社にどれだけの余裕資金があるのかを見る材料となります。

フリーキャッシュフローが多ければ経営状況が安定していると判断できるため、銀行側としても前向きに融資を検討することができます。

ポイント4 売掛金が少ない

決算時に売掛金が出てしまうのは仕方が無いことですが、審査において売掛金が多いと決して良い印象は与えません。できれば少しでも売掛金を減らす努力をし、それを銀行側にアピールしておきたいところです。

ポイント5 経営者個人にある程度の資産がある

経営者が保証人となって融資を受ける際は、経営者個人にどのくらい資産があるかもポイントになります。仮に累積欠損がある場合でも、経営者自身に一定の個人資産があればそれが審査にプラスに働く場合もあります。

ポイント6 投資用の土地や有価証券に含み損が無い

会社が保有している土地や有価証券に含み損があると、リスクの高い投資を行っていると判断され、評価が下がる場合があります。ただし、土地などの資産価値自体が高ければ、担保価値があるとみなされそれほどマイナス評価とならないケースもあります。

番外 経営者の人柄

銀行がその会社に融資をするかどうかは決算書など目に見える指標が最も重要なポイントとなります。しかし、融資担当者も同じ人間ですので、経営者の人柄や性格も少なからず影響してくる可能性はあります。

銀行から好条件で融資を受けるには、日頃から銀行から信頼される誠実な対応を心掛けることも意外と重要かもしれません。

3.銀行の融資金利の決まり方

銀行の融資金利の決まり方には主に以下の要素が関係しています。

  • 融資限度額と企業の財務状況
  • 銀行の種類
  • 金利は固定か変動か
  • プロパー融資か保証付き融資か

これは法人個人に限らず言えることですが、基本的に借入額が大きいほど金利は低くなり、借入額が少ないほど金利は高くなります。

銀行ローンの中で言えば、借入額が数千万円と高額な住宅ローン金利と10万円単位で借入が可能なカードローン金利では、金利幅に年10.0%以上違いがあることが分かります。

また、地方銀行や信用金庫などに比べると大手都市銀行のほうが一般的に金利は低い傾向にあります。

4.固定金利と変動金利

固定金利と変動金利の違いは、固定金利が完済までの金利が常に一定なのに対し、変動金利は金利市場などの動向により、借入期間中の金利が変動するのが特徴です。

基本的には金利が上昇傾向にある場合は固定金利が有利となり、金利が下降傾向にある場面では変動金利のほうが有利となります。

ただ、固定金利を謳っているローンでも、5年固定や10年固定など決まった期間で金利が変わってしまうものもあるので要注意です。

固定金利と変動金利はどちらがお得かかなりざっくり言ってしまえば、「金利が上がると予想するなら固定金利」「下がると予想するなら変動金利」になりますが、こればかりは個人が確実に予想できるものではないため、どちらの金利タイプが得だったかはローンを完済した後でなければ分かりません。

それぞれの違いは主に金利の変動リスクを誰が負うのかという部分です。固定金利の場合は金融機関側が負い、変動金利なら借り手側が負うことになります。

金利タイプを決める基準としては、金利の変動リスクを負っても現状低金利なほうを選ぶのか、もしくは割高な金利を払っても将来的な金利変動リスクを回避したいかという点がポイントになってきます。

5.低金利の融資なら公的機関もおすすめ

主に銀行融資についてお話をしてきましたが、低金利で融資を受けたいなら日本政策金融公庫などの公的機関からの融資も検討してみると良いでしょう。

日本政策金融公庫は政府系金融機関の1つなので、営利目的の民間の金融機関に比べ、実績の無い企業にも積極的に融資を行う傾向にあります。

また、貸付金利も年1.0%~2.0%ほどと低金利で基本的に固定金利となるため、返済計画が立てやすいメリットもあります。

すでに事業を行っている方だけでなく、新規で事業を立ち上げる方や個人事業主の方にとっても利用しやすい融資制度が揃っているので、銀行から融資を受けるのが難しい場合はまず公的機関からの融資を検討してみると良いでしょう。

参考までに基本政策金融公庫の融資制度の一部をご紹介しておきます。

日本政策金融公庫の普通貸付

日本政策金融公庫の新規開業資金

日本政策金融公庫の女性、若者、シニア企業家支援資金

▼日本政策金融公庫の融資を受けるなら

個人事業主が融資を受けたいと思ったら、まずは借入先を検討することになります。 個人事業主は銀行からの融資は難しい場合も多いため、すでに銀行に融資の申込をして断られてしまった方...

6.まとめ

融資を受けるなら少しでも低金利の借入先を選びたいと思うのは当然なので、その場合は銀行だけでなく公的機関からの融資も検討してみると良いかもしれません。

銀行の保証付き融資からプロパー融資への切り替えを希望している方は、今回ご紹介した決算書のポイントを少しでも参考にしていただけると幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket