銀行カードローンの審査は厳しいって本当?審査通過率を上げるコツを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
考え事をする男性

近年は即日融資可能な銀行カードローンが増えたため、困った時の借入先として銀行カードローンを検討する方が増えています。

銀行と聞くと審査が厳しいイメージがありますが、実際のところ消費者金融などに比べて本当に厳しいものなのでしょうか。

この記事では、銀行カードローン審査で見られるポイントや審査通過率を上げるコツなどをまとめました。

利用したい銀行カードローン審査に通過するためにも申込前に確認しておきましょう。

1.銀行カードローン審査で見られる3つのポイント

銀行カードローンの審査で主に見られているポイントは3つあります。

ポイント1 属性

属性とは申込者の現在の状況をトータル的に評価するための項目です。

例えば年収や雇用形態、勤続年数などの他、他社からの借入状況、健康保険証の種類などチェック項目がいくつもあります。

属性はどれか1つの項目で判断されるのではなく、最終的な総合点が審査基準を満たしているかどうかで判断されます。

ポイント2 信用情報

信用情報とはこれまでのローンの借入状況や返済状況などを個人ごとに記録したもので、現在国内に3つある信用情報機関にそれぞれ登録されています。

株式会社 日本信用情報機構(JICC)
http://www.jicc.co.jp/kaiji/about-kaiji/index.html

割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関(CIC)
http://www.cic.co.jp/mydata/index.html

一般社団法人 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/open/

一度でもローンを利用したことがある人なら、ローンの申込履歴や延滞の有無など借入に関わるすべての情報が信用情報に登録されることになります。

銀行が審査を行う際は必ずこの信用情報を照会し返済能力に問題がないかを確認します。

信用情報はすべての金融機関で照会可能なので、ここに問題があるとどこからもお金を借りることができません。

ポイント3 在籍確認

カードローンの審査ではほとんどの金融機関で勤務先への在籍確認が行われます。

在籍確認は本当にその職場に在籍しているかを確かめるのが目的なので「〇〇さんはいらっしゃいますか?」という問い合わせに対し、「はい、私です」または「〇〇はただいま外出しております」といった返答があればそれで問題ありません。

2.銀行カードローンの審査時間

銀行カードローンの審査時間は金融機関によって異なりますが、早ければ30分~1時間ほどで結果が出るカードローンもあるので、申し込んだその日に即日融資を受けることも可能です。

一般的に地方銀行やネット銀行のカードローンは借入までに1〜2週間かかるものが多いので、即日融資を希望なら新生銀行カードローン レイクなど口座開設の必要がない銀行カードローンを選ぶと良いでしょう。

3.銀行カードローンの審査の難易度

銀行は消費者金融に比べ審査が厳しい印象がありますが、それはあくまで銀行によります。

銀行カードローンの方が金利が低い分審査が厳しくなるという見方もできますが、派遣やアルバイトでも銀行から借入をすることは可能なので、銀行だから特別ハードルが高いというわけではありません。

都市銀行が発行するカードローンの多くは保証会社を子会社である消費者金融に委託しているため、審査は実質消費者金融が請け負っています。

一方で年収や雇用形態などに銀行独自の申込基準が設けられているカードローンもあり、そういった場合は比較的審査も厳しくなる可能性が高いでしょう。

審査が不安な方は消費者金融が保証会社になっている銀行カードローンを選ぶのがおすすめです。

主な銀行カードローンの保証会社は次の通りです。

カードローン 保証会社
新生銀行レイク 株式会社新生フィナンシャル
みずほ銀行 オリコ
三井住友銀行 SMBCコンシューマーファイナンス
三菱東京UFJ銀行 アコム

4.銀行カードローンの審査通過率を上げる5つのコツ

銀行カードローンの審査通過率を上げるコツをご紹介します。

コツ1 他社からの借入件数を減らす

申込時点で他社からの借入がある場合は確実に審査に影響してきます。

一般的に4社以上借り入れがあると審査落ちの可能性が高いと言われているため、おまとめローンなども視野に入れ、借入件数を1件でも減らすよう心掛けましょう。

もちろん3件以下というのはあくまで目安なので、これよりも少ないに越したことはありません。少額のローンから完済するなどして、できるだけ印象を良くしておきたいところです。

コツ2 スマホ代金を滞納しない

携帯電話やスマホを分割(割賦)で購入している場合、毎月の利用料とあわせて本体の料金も支払っています。

割賦購入もローンに含まれるため、携帯料金を滞納してしまうと同時に本体の支払いも遅れてしまうことになり、延滞をしてしまうと信用情報機関に延滞の記録が付いてしまう可能性があります。

毎月の電話料金は延滞しないよう注意しましょう。

コツ3 支払を延滞しない

ローンやクレジットカードなどの支払いは、一般的に3ヵ月以上の長期延滞で事故情報として扱われます。

一度事故情報が登録されると5年間はその情報が消えず、その間は新規の借入ができなくなるので、支払いの延滞には十分注意しましょう。

なお、金融機関によっては3ヵ月未満の延滞であっても事故とみなす場合もあるので、とにかく支払いの延滞は厳禁です。

コツ4 複数申し込みをしない

カードローンに申し込むと信用情報機関に申込情報が登録されます。

一度に複数のカードローンに申込をすると「相当お金に困っている」とカードローン会社に判断され、審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

カードローンは1社に絞って申し込むようにしましょう。

なお、申込情報は信用情報機関に半年間は残ります。

すでに3〜4つのカードローンに申し込んで審査に落ちてしまっている場合には、申込履歴が消える半年間後を待ってから申し込むのが賢明です。

コツ5 嘘をつかない

審査を少しでも有利に進めたい気持ちはわかりますが、申込時に嘘をつくのは絶対にやめましょう。

嘘だと分かればそれ自体が審査落ちの大きな原因になりますし、本来通るはずの審査にも通らなくなってしまいます。

申込内容は正直に申告しましょう。

5.おすすめの銀行カードローンランキング

おすすめの銀行カードローンをご紹介します。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは最大800万円借入できるので「まとまったお金を中長期で借りたい方」に特に選ばれています。みずほ銀行の口座を持っていればキャッシュカードですぐ利用できるのも選ばれているポイントです。

みずほ銀行カードローン詳細

▼みずほ銀行カードローンの詳細を確認したいなら
みずほ銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるので「お金を短期間借りたい方」「少額の借入をしたい方」に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクの詳細を確認したいなら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

ちばぎんカードローン

ちばぎんの口座を持っていれば提出書類なしで最短即日利用できるので「ちばぎんを普段から利用している方」に特に選ばれています。銀行ならではの低金利で専業主婦も借入可能です。

ちばぎんカードローン

▼ちばぎんカードローンの詳細を確認したいなら
ちばぎんカードローンのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

6.まとめ

銀行カードローンは消費者金融よりも低金利なのでその分利息を減らすことができますし、初めての方にとっては銀行という安心感も大きなポイントでしょう。

審査通過率を上げてから銀行カードローンに申し込み、借入を成功させましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket