今日中にお金を借りたい!5分でわかる銀行で即日融資を受ける方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
銀行 融資0

急ぎでお金を借りたい場合には、即日融資も可能なカードローンがおすすめです。

特に銀行カードローンは消費者金融と比べて低金利なので、少しでもお得に借りたい方は銀行のカードローンを検討すると良いでしょう。

今回は、即日融資に対応した銀行カードローンと融資までの流れをまとめました。契約後の注意点などについてもご説明していますので、銀行カードローンの申込を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

1.即日融資対応の銀行カードローン一覧

即日融資に対応しているカードローンが多いのは断然消費者金融ですが、銀行カードローンの中にも、即日融資ができるものはあります。口座開設不要で即日融資ができるカードローンをまとめました。

銀行 融資 審査1

2.これだけは知っておきたい銀行カードローンの真実

銀行カードローンを利用するにあたり、あらかじめ知っておきたいポイントをご紹介します。

①利用限度額の目安

銀行カードローンの限度額自体は500万~1,000万円ほどが相場ですが、この金額を全ての方が借りられるかというとそうではありません。

銀行カードローンの場合、消費者金融のように総量規制(最大の借入額を年収の3分の1までとする規制)は適用されないため、年収によって借入額が制限されることはないものの、初回の限度額はほとんどの場合50万円程度と考えておいたほうが良いでしょう。

しかし、既に他のカードローンを利用したことがあり返済実績がある場合は、初回から100万円の限度額をもらえる場合もあるので、限度額については年収や他社からの借入状況なども含め総合的に判断される部分となります。

②専業主婦(夫)でも借りれるか

総量規制の対象となる消費者金融では、基本的に専業主婦(夫)の申込は受け付けていませんが、銀行カードローンなら、配偶者に安定した収入があれば、専業主婦の申し込みも可能です。この時、配偶者の勤務先の情報や年収を確認されることはありますが、配偶者本人に特に同意を得る必要はなく、職場に連絡が行くこともありません。

ただ、専業主婦の方の場合、限度額は通常よりも少なくなることが多いため、大体が30万円まで、多くても50万円以内と考えておきましょう。

③振込融資の受付時間

「レイク」と「じぶん銀行カードローン」で振込融資を選ぶ際は、平日14時までに申し込みと審査、振込依頼までを終わらせておく必要があります。それ以降の時間帯については、翌営業日の振込となるので注意しましょう。

④自動契約機の活用術

もしも振込受付時に間に合わなかった場合でも、自動契約機でカードを受け取れば当日中の借入が可能です(じぶん銀行カードローン以外)。自動契約機の営業時間は設置してある店舗によっても違いますが、夜8時頃までは営業している場合が多いです。店舗ごとの営業時間については、各銀行のホームページをご確認ください。

3.即日融資を受けるまでの流れ

申込から融資までの手順は全部で4つです。簡単に流れを見てみましょう。

その1 申込

インターネット、電話、自動契約機のいずれかの方法で、希望のカードローンに申し込みをします。じぶん銀行カードローンについては自動契約機が無いため、インターネットか電話で申し込んでください。申込方法は他にも郵送やFAXなどもありますが、即日融資を希望する場合は、インターネットからの申し込みが最速です。

その2 審査

氏名や住所、勤務先、年収など、申込時に申告したあらゆる情報をもとに、銀行側で審査が行われます。早い銀行であれば審査は最短30分となっています。このタイミングで職場への在籍確認も行われることになります。

在籍確認はその職場に在籍していることを確かめるだけなので、必ずしも申込者本人が電話に出る必要はありません。他の人が対応しても、「○○は、ただいま席を外しております」という回答があればそれでOKです。

また、基本的に銀行名ではなく個人名を名乗るため、銀行からの電話だとあからさまに分かるようなものでもありません。

その3 契約手続き

審査が終わると、銀行からメールや電話で審査結果の連絡が来ます。審査に通った場合は契約手続きに移ります。と言っても、スマホや携帯から本人確認書類(限度額によっては収入証明書)を提出し、後は銀行店舗に設置してある自動契約機でカードと契約書類を受け取るだけです。

振込融資に対応している「レイク」と「じぶん銀行カードローン」の場合は、契約手続きについてもスマホや携帯から行うことができます。

その4 融資

カードを受け取れば、コンビニや銀行のATMから、すぐに借入ができる状態となります。振込で融資を受ける場合は、その日のうちにカードを受け取る必要はなく、契約後スマホや携帯から振込依頼をすれば、即日中に自分の口座に入金してもらうことができます。

4.契約後の注意点

カードローン借入後の注意点についてまとめました。

注意1 自宅に郵送物が届くことがある

契約書類やカードを自動契約機で先に受け取ってしまえば特に問題ありませんが、郵送による受取りを選んだ場合は、後日契約書類が自宅に送られることになります。家族に内緒で申込んだ方は、郵送物でバレてしまう可能性があるので注意しましょう。

また、利用後に明細書が送られてくる場合もあるので、心配な方は事前にWeb明細を選んでおくのがおすすめです。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「カードローンの利用が家族にバレるタイミングと秘密にする3つの方法」

注意2 延滞をすると信用情報に傷がつく

カードローンの返済が遅れると、信用情報に延滞履歴が登録される場合があるので十分注意しましょう。延滞情報については1年ほどで消えることが多いですが、強制解約やその他の情報については、5年~10年間の間ずっと残ってしまいます。

信用情報に問題があると今後ローンの審査に大きく影響してくるので、くれぐれも延滞はしないよう気をつけましょう。

注意3 延滞すると遅延損害金が発生する

延滞をすると、信用情報に加え遅延損害金が発生するというデメリットもあります。遅延損害金は延滞した日数に応じてかかるものですが、通常よりも高い金利になるためいつもよりも多めに利息を支払わなければなりません。延滞が長引くと遅延損害金がどんどん膨らんでしまうので注意しましょう。

注意4 カードローンは繰上返済が基本

カードローン金利は比較的高いため、月に1度最低返済額のみの支払では、なかなか元金が減りません。ですので、カードローンの場合は積極的に繰り上げ返済をし、少しでも利息を減らすことが重要です。繰り上げ返済はコンビニのATMなどからも手軽にできるので、余裕のある月は少し多めに返すよう心掛けたほうが良いでしょう。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「キャッシングの繰り上げ返済の使いこなし術|利息を減らす全知識」

5.銀行カードローン徹底比較

即日融資に対応している銀行カードローンを比較してご紹介します。特徴やポイントもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクは口座不要で土日祝日含め即日融資に対応しています。選べる2つの無利息期間もありますので、短期間の借り入れや少額のお金を借りたい時は利息ゼロで借りることもできます。専業主婦の方も借り入れ可能です。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクの詳細を確認したいなら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンも三井住友銀行の口座がなくても土日祝日含め即日融資対応です。

三井住友銀行カードローン詳細

▼三井住友銀行カードローンの詳細を確認したいなら
三井住友銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

バンクイック

バンクイックは土日祝日含め即日融資対応です。専業主婦の方も30万円まで借り入れができます。

バンクイック詳細

▼バンクイックの詳細を確認したいなら
バンクイックのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

6.まとめ

今回は銀行カードローンで即日融資を受けるための方法と、契約後の注意点などについてご紹介しました。

銀行カードローンは消費者金融に比べ即日融資に対応したものが少ないですが、今回ご紹介したカードローンについては、その銀行に口座が無くても申込めるカードローンとなっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

また、カードローンは他の銀行ローンと比べて金利が高いので、繰り上げ返済をしてできるだけ返済期間を短くするのがお得に利用するためのポイントです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket