銀行カードローンでお金を借りるメリットって何?お得に借りれる人の条件を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
銀行でお金を借りたい女性

「銀行カードローンでお金を借りるメリットって何?」

カードローンには銀行カードローン以外にもアコムやプロミスといった消費者金融系もたくさんあるので、どのカードローンを選べば良いのか悩みますよね。

この記事では銀行カードローンでお金を借りる最大メリットやデメリットをまとめました。

銀行カードローンが向いている人と向いてない人の条件もお伝えしていますので、お得に借りれるカードローンを選んで賢く利用していきましょう。

1.銀行カードローンでお金を借りる最大のメリット

銀行カードローンでお金を借りる最大のメリットはアコムやプロミスなど消費者金融に比べて低金利であることです。

消費者金融は年3.0%〜年18.0%前後が平均的なのに対し、銀行カードローンは年2.0%〜年14.0%前後が平均的です。

カードローン金利年
アコム3.0%〜18.0%
レイクALSA4.5%〜18.0%
プロミス4.5%〜17.8%
SMBCモビット3.0%〜18.0%
アイフル3.0%〜18.0%
楽天銀行1.9%〜14.5%
みずほ銀行2.0%〜14.0%
三井住友銀行4.0%〜14.5%
三菱UFJ銀行1.8%〜14.6%

銀行カードローンと消費者金融で支払う利息にどのくらいの差が出るのか、50万円を1年間借りるケースで見てみましょう。

カードローン 金利 利息
銀行 年14.0% 70,000円
消費者金融 年18.0% 90,000円

金利は50万円の時に適用される上限金利で計算しましたが、消費者金融と比べると20,000円も支払う利息が少なくて済むため非常にお得です。(利息の計算式「借入金額×金利÷365日×借入期間」)

利息の差は実際の借入額や返済期間によって異なりますが、金利で選ぶなら間違いなく銀行カードローンの方がお得です。

高額融資を受けたい方や長期の借入をする方は銀行カードローンを選びましょう。

2.銀行カードローンでお金を借りるデメリット

銀行カードローンでお金を借りるデメリットは無利息サービスがないカードローンが多いことです。

大手消費者金融の多くには無利息サービスがありますが、銀行カードローンは一部のものにしか付いていません。

カード金利年無利息期間
アコム3.0%~18.0%初めてなら30日間無利息
レイクALSA4.5%~18.0%借入額5万円まで180日間無利息
もしくは借入全額30日間無利息
アイフル3.0%~18.0%初めてなら30日間無利息
プロミス4.5%~17.8%初めてなら30日間無利息

給料日が来たらすぐに返せるなど少額の借入をしたい時や短期間の利用が目的なら、無利息サービスがある大手消費者金融の利用がおすすめです。

3.銀行カードローンの申込条件

銀行カードローンは、

  • 正社員
  • 派遣社員
  • パート・アルバイト
  • 学生(20歳以上である必要あり)

など、本人に安定収入があれば利用できます。(一部パート・アルバイト、学生は利用できないカードローンあり)

また、専業主婦の方も配偶者(旦那さん)に安定収入があれば借入可能です。

配偶者の同意書も不要ですし、配偶者や配偶者の勤務先への連絡もないため内緒でお金を借りれます。(一部利用できない銀行カードローンもあり)

利用できないのは安定収入がない無職の方です。安定収入がないの無職の方がお金を借りたい時は生活福祉資金貸付制度を検討してみてください。

▼生活福祉資金貸付制度を知りたいなら

「無職だけどお金を借りたい…」 無職でも生活福祉資金貸付制度を利用すれば安全にお金を借りることができます。 パートやアルバイトで安定収入がない無職の場合、配偶者に収入が...

4.おすすめの銀行カードローン

おすすめの銀行カードローンをご紹介していきます。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは入会で1,000ポイントもらえることから「楽天を普段から利用している」方に特に選ばれています。いつもの口座で利用することもできますし、コンビニなどの提携ATMから借入や返済も可能です。

なお、楽天銀行の口座を持っている場合は24時間振込が可能なので、楽天銀行口座を持っている方にも選ばれています。

楽天銀行カードローン詳細

▼楽天銀行カードローンでお得に借りる方法はこちら
楽天銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは最大800万円借入できるので「まとまったお金を中長期で借りたい方」に特に選ばれています。みずほ銀行の口座を持っていればキャッシュカードですぐ利用できるのも選ばれているポイントです。

なお、みずほ銀行の住宅ローンを利用するとカードローン金利が年0.5%低くなります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

みずほ銀行カードローン詳細

▼みずほ銀行カードローンでお得に借りる方法はこちら
みずほ銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは横浜銀行を普段から利用している方に特に選ばれています。専業主婦やパート・アルバイトの方も借入可能です。

なお、横浜銀行カードローンは神奈川県、東京都、群馬県(前橋市/高崎市/桐生市)に住んでいる、もしくはこの地域で働いている方が利用可能です。

横浜銀行カードローン詳細

▼横浜銀行カードローンでお得に借りる方法はこちら
横浜銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

5.まとめ

銀行カードローンは低金利なので高額融資や長期の借入に向いていて、大手消費者金融は無利息サービスがあるので少額の借入や短期の利用におすすめです。

あなたの状況に合わせて最適なカードローンを選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket