アコム

足利銀行カードローンの審査はこれでバッチリ!申込前に疑問を解消して審査通過率を上げよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
足利銀行 カードローン 審査0

足利銀行カードローンモシカはパートアルバイトの方はもちろんのこと、専業主婦(夫)、年金受給者でも申込可能なカードローンです。

とはいえ「自分は年収が少ないから、審査に通るか不安・・・」と感じる方も多いと思います。

そこで今回は、足利銀行カードローンの審査通過率を上げる実践的な方法を5つご紹介します。これから申込をする方はぜひ参考にしてください。

1.足利銀行カードローン〈モシカ〉の審査通過率を高める方法

モシカの審査通過率を上げるためのポイントを5つご紹介します。

方法1 他のカードローンには申し込まない

同時に複数のカードローンに申し込むと審査では不利になるので、モシカに申込む際は他のカードローンへの同時申込は極力避けるようにしてください。

同時申し込みをするとその情報が信用情報によってそれぞれの金融機関に知られることになり、借入額が大きくなった場合の返済能力を心配されるだけでなく、「お金に困っている」という印象を与えやすくなります。

最悪、申込ブラックと呼ばれるどこからも借入ができない状態に陥ることもあるので、カードローンの申込はできるだけ1社に絞るのが無難です。

方法2 他社からの借入件数を減らす

他社からの借入件数が多いと貸し倒れリスクが高くなるため、審査ではかなり不利になります。特に審査では借入額よりも借入件数が重視される傾向にあるため、一般的に借入件数が4社以上あると審査通過は難しいと言われています。

他社からの借入が多い方は、少額のローンから1社でも完済しできるだけ借入件数を減らしておくのが理想的です。

方法3 不要なクレジットカードは解約する

クレジットカードのキャッシング枠も他社からの借入状況に含まれるため、お持ちのカードにキャッシング枠がある方は要注意です。仮にキャッシング枠が50万円ある場合、実際の借入状況に関わらず借入が50万円あるとみなされます。

審査をできるだけ有利に進めるためにも、カードを利用していない場合はあらかじめキャッシング枠を外しておくか、カードそのものを解約しておいたほうが良いでしょう。

方法4 申し込み内容を正直に申告する

年収や他社からの借入額など申込時には様々な情報を申告しますが、この時申込情報に嘘があると審査には通りません。

例え嘘をついても大抵の場合は信用情報や提出書類でバレますし、嘘をついたことで大きく信用を失い審査落ちの直接的な要因になってしまいます。嘘をついても決して得はありませんので、申込情報は正直に正しく申告しましょう。

方法5 支払いを延滞しない

クレジットカードやローンの支払い状況はすべて信用情報に登録されるため、現時点で毎月の支払いを延滞していると審査に通ることはできません。また、スマホ本体を分割で購入している場合もローンを組んでいるのと同じ扱いになるので注意が必要です。

2.足利銀行カードローン〈モシカ〉の審査

足利銀行カードローンモシカの審査から借入までの流れをまとめました。

①審査

申込情報、信用情報、職場への在籍確認を基に銀行と保証会社での審査が行われます。在籍確認はおそらく多くの方が不安に感じる部分だとは思いますが、電話の内容は至ってシンプルで、その職場に在籍していることが分かればそれ以上のことを聞かれることはありません。

ただし、足利銀行の場合、銀行の担当者は基本的に銀行名を名乗るので、個人名でかけて欲しい場合は申込後すぐに次の番号に連絡をしておきましょう。審査結果については最短即日でメールまたは電話で回答がもらえます。

<足利銀行カードローン「モシカ」受付専用フリーダイヤル>

  • 電話番号0120-881-714
  • 受付時間 平日9時~19時

②契約

契約手続きは送られてきたメールに添付してあるURLから、自分の足利銀行の口座情報を入力するだけで簡単に行うことができます。ただし、まだ普通預金口座を持っていない場合は店頭での契約手続きと口座開設が必要です。店頭に出向く際は本人確認書類と印鑑を忘れずに持っていきましょう。

③借入開始

契約手続きから10日ほどで自宅にカードが送られてきます。カードを受け取れば後は自分の好きなタイミングでATMから借入ができますが、契約時に申込んでおけばその前に自分の口座にお金を振り込んでもらうことも可能です。

3.足利銀行カードローン〈モシカ〉の審査に落ちた時の対処法

モシカの審査に落ちてしまった時の対処法を3つご紹介します。

対処1 審査のポイントを確認する

「同時申し込みをしない」「申込情報を正しく申告する」など、審査で重視されるポイントを知ることは、審査通過率を上げることに繋がります。他のカードローンに申込む場合は、事前に今回ご紹介した審査のポイントをよく確認しておきましょう。

▼詳しいカードローン審査なら
キャッシング審査に落ちた時の対処法とカードローン審査通過率を徹底解説

対処2 アコム(株)の保証会社を避ける

足利銀行カードローンの保証会社は大手消費者金融のアコム(株)となっています。モシカの審査に落ちたということは保証会社であるアコムの審査に落ちたということです。もしも別のカードローンへ申込をする場合は、次の消費者金融か銀行カードローンの中から選ぶことをおすすめします。

カードローン 保証会社
みずほ銀行カードローン オリコ
新生銀行カードローン レイク 株式会社新生フィナンシャル
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス
アイフル アイフル
プロミス SMBCコンシューマーファイナンス
モビット モビット

対処3 自分の信用情報を確認する

信用情報は審査落ちの最も大きな要因と言われていますので、審査に落ちた場合は一度自分の信用情報を確認してみたほうが良いかもしれません。信用情報の開示には500円~1,000円の手数料がかかりますが、以下の信用情報機関に情報開示請求をすることで確認ができます。

仮に信用情報に事故情報が登録されていた場合、基本的に5年間はその情報が残るため、その間新たな借入は難しいでしょう。

株式会社 日本情報信用機構(JICC)
http://www.jicc.co.jp/kaiji/about-kaiji/index.html

割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関(CIC)
http://www.cic.co.jp/mydata/index.html

一般社団法人 全国銀行協会(KSC)
https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/open/

4.まとめ

足利銀行カードローンモシカは、地方銀行のカードローンでありながら「最短即日融資」「来店不要」と非常に便利な商品です。

審査の難易度としては消費者金融が保証会社に入っていることからハードルはそれほど高くないと予想されますが、少しでも審査通過率を上げるためにも、ぜひ今回ご紹介した内容を参考にしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket