アイフルの賢い返済方法|手数料無料で損せず返済する全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
アイフル 返済0

自分に合ったカードローンを選ぶ上で、意外と見落とされがちなのが返済方法です。

審査の通りやすさや金利の低さなどはきちんと確認する方が多いですが、詳しい返済方法はなかなかチェックが行き届きません。

カードローンはお金を借りたら終わりではありません。お金を借りた後には長い返済が待っているので、できる限り負担がかからない方法で返済をするに越したことはありません。

この記事ではアイフルの返済方法について詳しくまとめました。申し込みをして融資を受ける前にしっかりと確認し、手数料がかからない方法で賢くアイフルを利用していきましょう。

1.手数料無料!お得なアイフルの返済方法

アイフルの返済方法は主に4つありますが、提携ATMからの返済と銀行振込以外は全て手数料無料です。おすすめはアイフルATMか口座振替での返済です。

  1. ATM返済(アイフルATM・提携ATM)
  2. 口座振替(自動引落)
  3. 銀行振込
  4. 窓口返済

アイフルATMはキャッシングも返済も手数料無料ですし、主要駅を中心に全国に設置されていますのでいつでも手軽に利用できます。通勤経路上などにアイフルATMがあるかどうか事前にチェックしておきましょう。

→ アイフルの店舗検索へ

アイフルATMが近くにない場合には、口座振替を登録しておきましょう。こちらも手数料無料ですし、返済日には指定口座から自動で引き落としされます。口座振替は6日・23日・27日から選ぶことができるので、給料日後の日程にしておけば、うっかり延滞することもなく安心です。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「アイフルのATM使いこなし術|手数料無料で借入返済する賢い方法」

2.失敗しないアイフルの返済日の選び方

アイフルの返済日は、毎月一定の返済日を指定する約定日制と、返済した日の翌日から35日後が次回の返済日となるサイクル制のいずれかを選択することができます。

約定日制は毎月キッチリと返済していきたい方向けの返済方法で、返済の自由度は少なくなります。これに対し35日のサイクル制を利用した場合、返済を行ってから35日以内であればいつでも有効な返済としてカウントされ、再び35日間の支払期限が設定し直されます。気が向いた時や余裕があるときに自由に返済できるので、マイペースで返済したい方には向いている返済方法です。

3.借入残高を早く完済する極意

アイフルの借入を早く完済したい時は、積極的に繰上げ返済を行いましょう。返済期間を短くすることができますし、支払利息も抑えることができます。お金に余裕がある時で良いので、繰上げ返済をうまく活用していくのが、早く完済するコツです。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「キャッシングの繰り上げ返済の使いこなし術|利息を減らす全知識」

4.アイフル返済5つの注意点

アイフルで返済する際の注意点を5つご紹介します。

注意1 アイフルATMの営業時間

アイフルATMの営業時間は店舗ごとに決められていますが、大体は朝7:00〜8:00オープン、夜の22:00〜23:00クローズです。24時間営業ではないので注意しましょう。

注意2 提携ATMは手数料がかかる

アイフルは提携ATMでも借入・返済ができますが、手数料がかかります。取引金額が1万円以下の場合は108円、1万円超の場合は216円かかりますので注意しましょう。

アイフル提携ATM出典 アイフル提携CD/ATM一覧

注意3 口座振替は返済記録が残る

口座振替の返済は、SMBCファイナンスサービス株式会社が収納代行しています。通帳には「SMBCファイナンスサ」「SMBCファイナンス自払」のいずれかで返済記録が残ります。アイフルの名前が出ることはありませんが、家族に内緒で借入したい時はアイフルATMだけを利用した方が良いかもしれません。

また、口座振替の明細書は郵送で送られてきますので、不要の場合は郵送不可とアイフルに登録しておく必要があります。なお、郵送不可にする場合、ほとんどの地方銀行ATMでは利用できなくなりますので注意しましょう。

注意4 約定日制の落とし穴

約定日制を選択した場合は返済期日から10日間が返済期間となり、それ以外の日に返済すると臨時返済分として扱われ、もう一度返済期間内に返済する必要がありますので注意しましょう。なお、返済期日が土日祝日でアイフルが休業日の場合は、翌営業日が返済期日になります。

注意5 サイクル制の落とし穴

サイクル制の返済パターンで常時35日ギリギリで返済していると、約定日返済より返済期間が長くなっていきます。また、返済日が固定されていないため、返済日を忘れてしまわないよう、支払期日数日前にメールで返済日をお知らせしてくれるaiメール送信サービスを利用することをおすすめします。

ちなみに、返済日の変更は可能ですが、店頭窓口のみでの受付となっています。平日の営業時間に手続きする必要があるので手間がかかります。

5.知って得するアイフル返済の豆知識

アイフルの返済で知っておいた方が良い豆知識をご紹介します。

豆知識1 アイフルの返済方式

アイフルは「借入後残高スライド元利定額リボルビング方式」を採用しています。(平成23年9月3日以前に借入をした方は元金定率リボルビング方式)簡単に説明すると「借入後残高スライド」というのは、借入直後の残高に応じて返済額も変わってきます。

基本的には借入直後の金額が大きくなればなるほど返済額も大きくなりますが、追加借入をしない限り、最初に借入した金額をもとに返済額が決定されるため、その後の変更はありません。追加借入した場合は、その時に返済金額も見直されます。

豆知識2 遅延損害金

アイフルの支払いに遅れると、借入金に対し、1日毎に遅延損害金(年率20%)が支払利息とは別に加算されていきます。また、即座にカードローンの口座が停止になり、新規借入が一切できなくなりますので気をつけましょう。

なお、返済がちょっと厳しくなってきたなと感じたら、遠慮せずにアイフルのコールセンターに電話をして相談することが大切です。コールセンターのオペレーターにはある程度返済を猶予する権限がありますので、顧客の状況に応じて対応策を提案してもらうことができます。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「カードローンの3つの賢い返済方法と返済できない時の対処法」

豆知識3 返済シミュレーション

アイフルの公式ホームページには返済シミュレーションがあります。実際の返済とほぼ一致したものを出すことができる優秀なものなので、申込前に一度はシミュレーションすることをおすすめします。

支払い方式は借入後残高スライド元利定額リボルビング方式と、元金定率リボルビング方式から選択できるようになっていますが、元金定率リボルビング方式は現在申し込みできませんので、借入後残高スライド元利定額リボルビング方式を選びましょう。

シミュレーション結果は毎月の支払額の他に、支払回数と支払い期間、そして支払総額が1円単位で表示されます。アイフルのシミュレーションは返済予定表が全期間に渡って表示されますので、返済計画を立てやすいものになっています。月々の返済額のうち、いくらが利息に当てられているのかもよくわかります。

→ アイフルの返済シミュレーションへ

アイフル

アイフル詳細


▼アイフルの詳細を確認したいなら
アイフルのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

6.まとめ

アイフルの返済方法は、手数料無料で利用できるATMがアイフルATMに限定されてしまうこと。そして提携ATMが比較的少ないことがやや弱点と言えます。毎月の返済を滞りなく行っていくには、返済手続きが不便だとつらいものがあります。返済にATMを利用される予定の場合は、身近にアイフルATMがあるかどうかをチェックすることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket