アコム

アイフルのATM使いこなし術|手数料無料で借入返済する賢い方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
アイフルのATMを利用している人

アイフルは手数料無料で利用できるATMが非常に少ないです。

有料で利用できる提携ATMも含め、ATMの豊富さで言えばアコムやプロミスなど他の大手カードローン会社と比較すると利便性が低くなっています。

ただ、重要なのは自分自身にとって便利であるかどうかです。

いくらATMが充実していても通勤経路上などの便利な場所にATMが無ければ何の意味もありません。

この記事では、アイフルをATM手数料無料で利用する方法や注意点などをまとめました。申込前に確認してアイフルを賢く利用していきましょう。

1.アイフルをATM手数料無料で利用する方法

アイフルはアイフル専用ATMのみ手数料無料で利用することができます。

逆に言えば、アイフルATM以外の提携ATMは全て利用手数料がかかります。無料で利用できるATMの少なさで言えば、大手カードローンの中ではSMBCモビットに次いで利便性に劣るでしょう。

2.アイフルをATMで利用する時の5つの注意点

アイフルをATMで利用する時の注意点は5つあります。

注意1 アイフルATMの設置台数

アイフルATMは全国に480台あまり設置されていますが、アイフルの全店舗に設置されているわけではありません。

アイフルの利用を検討する際は、アイフルの店舗が身近にあるのを確認するだけでなく、そこにアイフルATMが併設されているかどうかもチェックしたほうが良いです。実際アイフルの店舗数に対するATMの設置台数は半分程度となっています。

注意2 手数料がかかるATM

アイフルは次のATMでも利用できますが、1万円以下の利用は100円+税、1万円を超える利用は200円+税の手数料が毎回かかります。

  • セブン銀行ATM
  • E-net ATM
  • ローソンATM
  • イオン銀行ATM
  • 三菱東京UFJ銀行ATM
  • 西日本シティ銀行ATM
  • 親和銀行ATM
  • 福岡銀行ATM(借入のみ)
  • 熊本銀行ATM(借入のみ)

1万円以下で利用する機会は非常に少ないと思いますので、実質200円+税と考えておいたほうが良いでしょう。借入や返済のたびに余計なお金がかかってしまうので、無料で利用ができるアイフルATMをメインに使うようにしましょう。

注意3 ATMの上限額

提携ATMでは1回あたりの上限額や紙幣の枚数が限られている場合があります。高額の利用をしたい時には事前にコールセンターへ問い合わせて利用限度額を確認しておきましょう。

注意4 硬貨を利用できるATM

アイフルで利用できるATMは全て硬貨非対応です。一括返済などで端数が出ている時にはピッタリの返済はできませんので注意が必要です。(多めに振り込んでお釣りを口座に振り込んでもらうなどの対応は可能)

注意5 利用明細書が郵送で届く場合がある

利用明細書の発行を「可」に設定している場合、ATMによってはその場で明細書が発行されず、後日郵送で明細書が届く場合があります。

逆に利用明細書の発行を「不可」に設定している場合、利用明細書が郵送扱いのATMは利用できないという制限が出てきます。

郵送の可否によって取り扱いが変わってきますので、郵送が不都合な場合には特に注意して設定する必要があります。

3.ATMでの借入返済方法

アイフルをATMで利用する方法は非常に簡単です。使用するATMによって若干の表現の違いはありますが、銀行やコンビニATMで預金をおろすのとほとんど変わりません。

借入はATMのタッチパネルに表示された「お借入」「お引出し」の欄をタッチしてアイフルのカードをATMに入れ、希望金額と暗証番号を入れるだけです。

返済もATMのタッチパネルに表示された「ご入金」「ご返済」をタッチし、月々の最低返済額を上回る金額を入力し、現金をセットする程度で完了します。

アイフル

アイフル詳細

▼アイフルでお得に借りる方法はこちら
アイフルのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは


4.ATM手数料無料のおすすめカードローン

プロミス以外でATM手数料無料のおすすめカードローンは新生銀行カードローン レイクです。

レイクは提携ATMの利用手数料がかかりません。身近にあるコンビニATM手数料も無料なので利便性が非常に高くておすすめです。

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクでお得に借りる方法はこちら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

5.まとめ

アイフルは大手消費者金融の中でも自社ATMネットワークの面で若干遅れを取っているのは事実ですが、例えばアイフルATMがたまたま利用しやすい場所にある場合などは大きな問題にはなりません。

返済に限って言えば口座振替の返済も利用できるので、そういった方法を組み合わせることで無駄をそげ落としていくこともできます。

アイフルでストレスなくATMの利用ができるかどうか、自分自身の利用シーンを想像してみて融資を検討すると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket