アコム

債務整理後でも借りれる消費者金融ってある?ブラックでも借入できる可能性がある方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
債務整理後の借金について考える人

債務整理は借金の返済ができなくなった時の法的解決策なので、債務整理をすると社会的に返済能力がない人と判断されてしまいます。

そのため、消費者金融や銀行からの借入は当分できませんし、クレジットカードを作ることも難しくなります。

とはいえ、一度債務整理をすると一生借入ができないのかと言えばそうではなく、債務整理の種類によって一定の期間が経過すれば再び借入をすることは可能です。

今回は債務整理をした場合、どのくらい経てば消費者金融から借入ができるようになるのか、債務整理をした方がどうしてもお金を借りたい時の方法などをご紹介します。

1.債務整理後でも借りれる消費者金融

債務整理を行った場合、最長5年間その情報が信用情報機関に登録されるため、債務整理後5年間は消費者金融や銀行からの借入ができなくなります。

とはいえ、5年間というのはそれなりに長い期間なので、その間どこからも借りられないというのは少し厳しい気もしますよね。

基本的に大手消費者金融の場合は信用情報に問題があるとまず審査に通ることはできませんが、中小消費者金融であれば債務整理後でも借入ができる場合があります。

というのも、中小消費者金融は独自審査を行っているため、担当者の裁量次第で審査結果が変わってきます。また、大手に比べ限度額が少なく金利も1.0%~2.0%ほど高いため、その辺りも審査に通りやすい要因の一つです。

もちろん、中小消費者金融でも審査時に信用情報の照会は行われますが、仮に信用情報に事故情報が残っていたとしても、現状返済能力があるとみなされれば、数万円~数十万円の範囲で融資を受けられる可能性はあるでしょう。

「どうしてもお金が必要だけどブラックで大手からは借りられない」方は次の中小消費者金融への申込を検討しみると良いでしょう。

中小消費者金融10社

ただし、KSC(一般社団法人全国銀行協会)は自己破産などの官報情報の登録機関が最長10年になるため、自己破産をした場合は10年間新たな借入ができなくなる場合もあるので注意しましょう。

2.安全な中小消費者金融を選ぶ3つのポイント

大手消費者金融以外は全て闇金だと思っている方も少なからずいるようですが、それは大きな間違いです。

中小消費者金融は日本にいくつも存在しますが国の認可を受けた正規の貸金業者はたくさんありますし、先ほどご紹介した金融会社もその中の一部です。

確かに中小消費者金融の中には闇金のような違法業者が存在するのも事実ですが、安全な金融会社かどうかを見極めるのは実はそれほど難しいことではありません。

正規の貸金業者かどうかを見極めるポイントをご紹介します。

ポイント1 登録番号は正しいか

きちんと認可を受けた金融会社であればHPなどに貸金業者登録番号が載っています。この番号は記載の有無だけでなく、本当にその番号が正しいものかどうかも次のページで必ず確認するようにしましょう。

金融庁 登録賃金業者情報検索ページ
http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/

ポイント2 金利は年20.0%以下か

消費者金融の貸付金利は上限20.0%までと法律で決められています。これは金融会社の規模に関わらず、すべての消費者金融に当てはまります。

また、支払いを延滞してしまった場合に発生する遅延損害金利も20.0%を超えることはありませんので、これ以上の金利を設定している業者からは絶対にお金を借りないようにしましょう。

利息制限法で決められた上限金利は限度額に応じて次のとおりです。

利息制限法で決められた上限金利

ポイント3 連絡先が携帯電話の番号ではないか

金融会社が賃金業の届出をする際には必ず固定電話の番号が必要ですが、闇金などの違法業者の場合は取締りを恐れ特定の場所に店舗を構えていないことも多いので、連絡先が携帯電話の番号になっているケースがあります。

こういった金融会社は「090金融」と呼ばれる違法業者と判断してまず間違いないので、申込をする消費者金融のHPに固定電話の番号と住所が記載されているかも必ず確認してください。

3.個人信用情報機関と情報開示請求のやり方

債務整理をすると信用情報に事故情報(異動情報)が登録されてしまうため、消費者金融を含めた金融機関からの借入は基本的にできなくなります。

しかし、一度事故情報が登録されても一定期間が過ぎると個人信用情報機関からその情報は消えるため、それ以降であれば審査に影響を与えることはありません。

過去に債務整理をしており、現在自分の信用情報がどうなっているのか気になる方は、次の3つの信用情報機関に情報開示請求をして現在の信用情報を確認してみると良いでしょう。

全ての金融機関はこの中のいずれかに必ず加盟しており、一般的に消費者金融はJICCかCICもしくはこの両方、銀行は3つ全てに加盟している場合が多いです。

信用情報開示の申込は窓口だけでなくスマホやPC、郵送でも可能ですので、自分の信用情報を取り寄せたい方は次のページを参考に手続きをしてみてください。

JICC(株式会社日本信用情報機構)
http://www.jicc.co.jp/kaiji/about-kaiji/index.html

CIC(割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関)
http://www.cic.co.jp/mydata/index.html

KSC(一般社団法人全国銀行協会)
https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/open/

4.消費者金融独自のブラックリスト

債務整理後5年~10年経てば信用情報はきれいになりますが、実はそれぞれの金融機関には独自のブラックリストが存在すると言われています。

これはいわゆる社内ブラックと呼ばれるものですが、消費者金融からの借金を債務整理で解決した場合、当然その事実は消費者金融側も把握することになります。

一度社内ブラックになるとその情報は基本的に消えることがないため、債務整理後5年以上経過した場合でも同じ消費者金融から再び借入をするのは難しいでしょう。

5.債務整理とは

債務整理と自己破産は別物と捉える方も多いかもしれませんが、自己破産は債務整理の中の一つの手段です。債務整理とは何なのかも見ていきましょう。

①任意整理

任意整理とは、金利の引き直し計算や金利カットにより借金額そのものを減額する方法です。民事再生や自己破産のように裁判所を通す必要がなく、一般的に司法書士や弁護士が代理人となり、金融会社と直接やりとりを行います。

任意整理は借金をなくす方法ではないのでその後も返済義務は生じますが、原則元金のみを支払えば良いので支払総額を大幅に減らせるメリットがあります。

②民事再生(個人再生)

民事再生とは借金の返済が難しい状況を裁判所に認めてもらうことで借金が減額され、残りの借金を3年程度の分割で支払っていく方法です。

民事再生なら住宅など一定の財産を残したまま手続きができ、借金額や財産の状況によっては最大10分の1まで借金を減らせるケースもあります。

③自己破産

自己破産とは借金の返済ができないことを裁判所に認めてもらい、借金の返済義務自体をなくす方法です。車や家などの高価な財産は手放すことになりますが、借金から解放され新たな生活をスタートさせることができます。

6.まとめ

基本的に債務整理後5年間は大手消費者金融や銀行からの借入が難しくなりますが、中小消費者金融なら現在の状況に応じて貸してくれる可能性はあります。

ですが、一度債務整理をしている方の場合、また借金をすれば同じ結果にならないとも限りません。

本当にお金を借りる以外方法はないのか今一度よく検討し、借入をする場合は必要最低限の金額に止めるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket