即日入金が魅力のイオンカードキャッシング!すぐ発行する3つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
イオンで買い物

イオンの発行するクレジットカードは、ショッピングだけでなくキャッシング機能も充実しているため、いざという時、手軽にキャッシングを行うこともできるので便利です。

クレジットカードのキャッシングは金利が高いと思われがちですが、イオンカードのキャッシングは使い方によってはATM手数料がかからなかったり、返済額の増額もできたりするメリットがあります。

この記事では、イオンカードをスムーズに手に入れるコツやイオンカードでキャッシングする魅力、主な利用条件についてまとめました。

急な出費の時に便利なキャッシング。手続きが面倒という方は、手続きが簡単なイオンカードを検討してみてください。

1.イオンカードをスムーズに手に入れる3つのコツ

イオンカードを発行してもらうには、審査や手続きで時間がかかることもあります。しかし、申込方法によって発行までの日数を早めることができます。イオンカードをスムーズに発行する3つのコツをご紹介します。

コツ1 ネットで申し込みをする

イオンカードをインターネットから申し込みをすると、余分な書類送付の時間を短縮することができます。本人確認書類が運転免許証の場合には、画像でアップロードすることができるため、別途確認書類の送付の必要もありません。スピーディーにイオンカードを手に入れたいときは、インターネットから申し込みをしましょう。

コツ2 スマホを活用する

イオンカードはアンドロイドやiPhoneなどのスマホから申し込みができます。スマホの場合には、スマホ専用の申し込みページが表示されるため入力も難しくありません。

本人確認書類が免許証の場合、スマホがあれば申込時にスマホで本人確認書類を撮影し、直接アップロードができるため便利です。利用を始めてからも、スマホから明細の確認や手続きをすることができますので、申し込みもそうですが、申し込み後もスマホを活用するようにしましょう。

コツ3 ウソはつかない

イオンカードを作るためには、他のクレジットカードと同様、所定の審査があります。審査に影響する内容は、定期的な収入があるか、職業や勤続年数、住居状況などから総合的に判断されます。

審査は申込者が返済をきちんとできるかという返済能力を見ています。内容は正確に記入する、そしてウソの記入は行わないことが最も大切です。

審査については「落ちる人続出。間違えがちなキャッシング3つの審査と通し方」で詳しくお伝えしています。クレジットカードの審査もキャッシングやカードローンの審査と大きな変わりはありませんので、確実にイオンカードを作ることができるように事前に確認してみましょう。

>> 「落ちる人続出。間違えがちなキャッシング3つの審査と通し方」へ

2.イオンカードのキャッシング4つの魅力

お金を急いで借りたい時に便利なキャッシングですが、キャッシングを扱う会社はたくさんあります。なぜイオンカードが便利なのか、その理由を4つご紹介します。

魅力1 ネットや電話で申し込むと最短で即時入金

イオンカードのキャッシングは、イオン銀行を口座に設定している場合には、24時間いつでも振込が可能です。支払日が迫っているのに残高が足りない場合や、ATMに行く時間がないという時には、インターネットや電話で設定口座に振込キャッシングができるので、非常に便利です。

なお、他銀行の場合は9時から15時までは即日振込、それ以外は翌営業日に入金が行われます。電話は自動音声で24時間申込可能です。

魅力2 イオン銀行ATMなら手数料無料

イオンカードでキャッシングの借り入れや返済を行う場合、イオン銀行のATMを利用すれば、借入時もリボ払い返済時にもATM利用手数料がかかりません。

イオン銀行のATMはイオン・マックスバリュ各店をはじめ、ミニストップ内にも設置されていますので、お買い物のついでにお金を借りることができます。

なお、イオン銀行以外のATMを利用する場合、1万円以内では108円、1万円超の場合216円の手数料がかかりますので、注意しましょう。

魅力3 全国どこにいてもキャッシング可能

イオンカードのキャッシングは都市銀行や地方銀行、信用金庫のATMをはじめ、コンビニエンスストア各社のATMでも利用が可能です。全国に展開する約15万台のATMやCD機で使えるため、イオンカードと暗証番号があれば、全国どこにいてもキャッシングを行うことができます。

駅やショッピングセンターの提携カード会社のCD機も利用できるので、キャッシングをしたいのにATMが見つからないといったことは少ないため、便利に利用することができます。

魅力4 初めての方でも使いやすい

イオンカードにはキャッシングサービスが付帯していますが、カードローンに遜色ない便利さです。キャッシングが初めてという方でも非常に使いやすいです。

3.イオンカードキャッシングの主な4つの利用条件

キャッシングサービスにはあらかじめ借入可能額や返済方式などが定められていて、各社でさまざまな特色があります。特に返済方式は返済のしやすさとして重要な項目です。イオンカードのキャッシングサービスの主な利用条件をチェックしてみましょう。

利用条件1 借り入れ可能金額

イオンカードのキャッシングで借り入れ可能な金額は、1,000円から300万円で、申込者の支払能力に応じて設定されたキャッシング利用可能枠が決められています。可能枠内なら何度でも借り入れを行うことが可能です。

イオンカードではイオン銀行のATMで借り入れを行う場合は1,000円単位、提携ATMやネット、電話での借り入れでは10,000円単位で利用できます。

利用条件2 借り入れ利率

お金を借りる際に気になる借り入れ利率ですが、イオンカードのキャッシングの借り入れ利率は、実質年率7.8%~18.0%の間となり、借り入れの金額によって異なります。借り入れを行う前に金利をチェックしておきましょう。

なお支払が遅れてしまった場合にかかる遅延損害金は、実質年率20.0%と高額にです。支払期日には十分に注意してください。

利用条件3 返済期間と返済回数

イオンカードのキャッシングの返済期間は最長57か月、最大57回となっています。借り入れの金額や借入残高によって最長返済回数が異なりますので、借り入れの際には借入条件について確認しておきましょう。返済の計画を立てるためにも有効です。

またすぐにお金を返すことができる場合には翌月1回払いでの返済もできます。ただし海外でキャッシングを利用した場合にはリボ払いとなります。

利用条件4 返済方式

イオンカードのキャッシングの返済方法には翌月1回払いとリボルビング払い(残高スライド元利均等返済方式)が選択できます。リボ払いの場合、締め日の借入残高に応じて支払額が決定されます。自分で支払金額を設定することはできませんが、余裕がある時には1,000円単位で返済額をアップしたり、一括返済を行ったりすることが可能です。

4.まとめ

キャッシングのカードを選ぶには、金利や限度額だけでなく、借りやすさや返しやすさも重要です。イオンカードはお買い物の際に自社ATMが利用できるので、気軽に利用することができます。

これからキャッシングを検討している場合にはぜひイオンカードをチェックしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket