在籍確認なし!イオン銀行カードローンで最速融資を受ける全手順

イオン銀行カードローンに申し込んだ女性

イオン銀行カードローンは利用極度額が最高800万円と、高額でも少額の借入でも低金利で借りれるカードローンです。

イオン銀行口座を持っていれば最短即日融資にも対応している優れたカードローンですが、デメリットがないわけではありません。

この記事では、イオン銀行カードローンがどのような方に向いているのかや借入するメリット・デメリット、最も早く融資を受ける手順などをまとめました。客観的にイオン銀行カードローンを他社と比較していますので、イオン銀行カードローンに申し込みをする前にぜひ確認してみてください。

1.イオン銀行カードローンのサービス詳細

まずはイオン銀行カードローンのスペックを確認しましょう。即日融資を受けるにはイオン銀行口座が必要ですが、それ以外の欠点は特に見当たりません。職場への電話連絡がないのも嬉しいポイントです。

イオン銀行カードローンサービス詳細

イオン銀行カードローンチェックリスト*1 イオン銀行口座を持っている必要あり

2.イオン銀行カードローンで借り入れするメリット・デメリットまとめ

急いで借り入れをしたいという方のために、イオン銀行カードローンのメリットとデメリットをまとめた表をご紹介します。この表を見れば、あなたにイオン銀行カードローンがピッタリかどうか丸わかりです。

イオン銀行カードローンメリットデメリット

3.イオン銀行カードローンの10個のメリット

イオン銀行カードローンのメリットを詳しくご紹介していきます。

メリット1 14時までの申込は原則即日回答

インターネットでイオン銀行カードローンに14時までに申し込みした場合、審査結果は原則即日回答です。急いでいる方は重宝します。(審査状況によっては翌日以降の回答となる場合あり)

メリット2 イオン銀行口座があれば最短即日融資可能

イオン銀行カードローンでは、イオン銀行口座を持っていれば土日祝日含め、持っている口座に振り込んでもらう形で最短即日融資を受けることができます。口座を持っていない場合には、ローンカードが届くまで待つ必要があります。

メリット3 職場への電話連絡なし

イオン銀行カードローンは職場への電話連絡がないため、同僚や上司にカードローンの利用がバレる心配はありません。

メリット4 300万円以内の申込は収入証明書原則不要

イオン銀行カードローンは、利用極度額300万円までは収入証明書の提出は原則不要です。まとまった金額を借りたい時でも、書類を取得する手間を省くことができます。(個人事業主、法人代表者の方は借入金額にかかわらず住民税の課税決定通知書が必要)

メリット5 極度額が最高800万円

イオン銀行カードローンの極度額は最高800万円なので、まとまったお金も低金利で借りることができます。

メリット6 コンビニATM手数料0円

イオン銀行カードローンはコンビニATMのE-net(イーネット)やローソンATMで24時間365日、手数料無料で利用することができます。もちろんイオン銀行ATMも手数料無料です。

メリット7 口座開設不要

イオン銀行カードローンはイオン銀行の口座がなくても利用できます。新たに口座開設する必要もありません。

メリット8 専業主婦も50万円まで借入可能

自分の収入が全く無い専業主婦の方でも、配偶者(旦那さん)に安定した収入があれば50万円まで借りることができます。旦那さんの収入証明書や同意書も必要なく、旦那さんの勤務先や旦那さんへの電話連絡もないため、バレることなく内緒で利用できます。

メリット9 毎月の返済・借入も1,000円から利用可能

イオン銀行カードローンは毎月の返済や借入も1,000円から利用可能できます。高額利用だけでなく少額利用もできるので、今月ちょっとだけピンチといった場合にも助かります。

メリット10 来店・郵送不要!すべてWebで完結

イオン銀行カードローンの申し込みはWebで完結するため、来店する必要はありません。本人確認書類もスマホで撮影してアップロードするだけなので簡単です。

4.イオン銀行カードローンの3つのデメリット

イオン銀行カードローンのデメリットは主に3つあります。

デメリット1 ローンカードが後日郵送されてくる

イオン銀行口座を持っている、持っていないに関わらず、5日程度でローンカードが郵送されてきます。ローンカードの受取は避けることができないので、家族に内緒で利用したい時は注意が必要です。なお、ローンカードは本人のみ受け取りができますので、他の家族が受け取ることはできません。

デメリット2 他行への振込キャッシングは不可

イオン銀行カードローンはイオン銀行以外への振込キャッシングはできません。振込キャッシングをどうしても利用したいという場合には、他のカードローンを選んだ方が良いでしょう。

デメリット3 無利息期間がない

イオン銀行カードローンには無利息期間はありません。短期の借入などすぐに返済できるから無利息期間があるカードローンを利用したいといった場合には、無利息期間がある新生銀行カードローン レイクなどのカードローンを検討しましょう。

5.最速|イオン銀行カードローンで即日融資を受ける手順まとめ

イオン銀行カードローンで今日中に借りたいという方のために、即日融資を受ける条件・確認点、全手順をまとめましたのでご紹介します。今からご紹介する手順が最も早い方法になります。

①即日融資を受けたい時の2つのチェック項目

イオン銀行カードローンで即日融資を受けるために、次の2つの条件をクリアできるかどうかをまずは確認しましょう。クリアできる場合には、即日融資を受けることは十分可能です。

チェック1 イオン銀行口座を持っている

即日融資を受けるにはイオン銀行口座を持っている必要があります。持っていない場合には、申込後ローンカードの到着を5日程度待たないといけないので、即日融資を受けることはできません。

チェック2 14時までに申し込む

インターネットから14時までに申し込みした場合、審査結果は原則即日回答です。審査の時間も考えると、即日融資を受けたい時はできれば午前中に申し込むことをおすすめします。

②いち早く即日融資を受ける全手順

申込完了所要時間

手順1 申し込みをする

インターネットからイオン銀行カードローンに申し込みをします。申込画面は非常にわかりやすいため、スマホやパソコンの入力が苦手な方でも、10分もあれば十分申し込みが完了します。

必要書類を事前に準備!
申し込みに必要な書類は次の2つになります。

①本人確認書類
以下のいずれか1つ必要。

  • 運転免許証
  • パスポート

*審査の状況によっては上記以外の書類(例:健康保険証)を提出する必要あり

②年収を確認できる資料のコピー(希望限度額が300万円を超える場合に必要)
以下のいずれか1通必要。希望限度額が300万円以下の場合は不要。

  • 源泉徴収票
  • 直近3ヵ月以内に発行された給与明細2ヵ月分
  • 住民税の課税決定通知書

*個人事業主、法人代表者は住民税の課税決定通知書が必ず必要

手順2 審査結果を待つ

申込が完了したら、イオン銀行からの審査結果メールを待ちます。

手順3 契約&利用開始

審査に通っていたら、お持ちのイオン銀行口座に振り込んでもらう形で融資を受けます。(ローンカードは後日郵送)

6.イオン銀行カードローンの借入条件

イオン銀行カードローン借入条件

7.まとめ

イオン銀行カードローンは高額でも少額でも利用できますし、イオン銀行口座を持っている場合には最短即日融資を受けることができます。イオン銀行口座を持っている方や、よくイオンを利用する方には、イオン銀行カードローンは非常におすすめです。