絶対にお金を借りられる所はどこ?ブラックでも借りたい時に検討したい消費者金融10社を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
絶対にお金を借りたい女性

「ブラックや多重債務で消費者金融の審査に通らない」「アルバイトで収入が少ないため審査が不安」などの理由から、審査が甘いという条件で借入先を選ぶ方は多いと思います。

ですが、そんな時こそ業者選びを慎重に行わないと、闇金などの違法業者につかまってしまうことがあるので注意が必要です。

今回は審査が通りやすいと言われる金融機関の中から安全な所だけを厳選してご紹介します。絶対に借入を成功させたい方はぜひ参考にしてみてください。

1.絶対にお金を借りたい時に検討したい消費者金融

ブラックや多重債務などで大手消費者金融からの借入が難しい方でも、中小消費者金融ならお金を借りることができるかもしれません。

中小消費者金融は大手に比べ金利が高く融資限度額もそれほど多くありませんが、たとえブラックでも現時点で返済能力があれば融資を受けられるケースも多いです。大手の審査に通らない方にとっては最後の砦と言える存在です。

国の登録を受けた安全な業者を10社まとめました。大手消費者金融や銀行からの借入が難しい方はこの中から借入先を選んでみると良いでしょう。

中小消費者金融10社

2.中小消費者金融でお金を借りる時の3つの注意点

中小消費者金融の中には闇金のような違法業者も存在します。もしも自分で業者を探す場合は次のポイントに注意してください。

注意1 登録番号は正しいか

きちんと認可を受けた業者であればHPなどに貸金業者登録番号が載っています。

貸金業者登録番号が記載されているのかを確認するのはもちろんのこと、本当にその番号が正しいものかどうかも「金融庁 登録賃金業者情報検索ページ」ページで必ず確認しておきましょう。

金融庁 登録賃金業者情報検索ページ
http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/

注意2 金利は年20.0%以下か

消費者金融の貸付金利は上限年20.0%までと法律で決められています。これは業者の規模に関わらずすべての消費者金融に当てはまります。

支払いを延滞してしまった場合に発生する遅延損害金の金利も年20.0%を超えることはありませんので、これ以上の金利を設定している金融会社からは絶対にお金を借りないようにしましょう。

利息制限法で定められた利用限度額ごとの上限金利は次の通りです。

利息制限法で決められた上限金利

注意3 連絡先が携帯電話の番号ではないか

金融会社が賃金業の届出をする際には必ず固定電話の番号が必要ですが、闇金などの違法業者の場合は取締りを恐れ、特定の場所に店舗を構えていないことも多いので、連絡先が携帯電話の番号になっているケースがあります。

こういった金融会社は「090金融」と呼ばれる違法業者と判断してまず間違いないので、申込をする消費者金融のHPに固定電話の番号と住所が記載されているかどうかも必ず確認するようにしましょう。

3.初めてカードローンを利用する方が検討したい大手消費者金融

もしもキャッシングが初めてで信用情報などに問題がなければ、まずは次の大手消費者金融で審査を受けるのがおすすめです。

大手5つの消費者金融の金利比較表

大手なら金融会社自体の安全性も確保されていますし、金利や利便性の面で見ても中小消費者金融に比べてメリットが多いです。

20歳以上ならパートアルバイト、学生でも申込ができるので、それほど収入が多くなくても特に不安に思う必要はありません。

4.大手消費者金融5つの特長

大手消費者金融の主な特長をまとめました。

特長1 利便性が高い

大手消費者金融の借入や返済は全国のコンビニに設置してある提携ATMからも行えます。窓口や無人契約機に行くとなると人目も気になりますが、コンビニであればその心配もなく、買い物のついでに利用できるので非常に便利です。

さらに、スマホや電話で依頼をすれば即日中の振込融資ができるなど、利用時の利便性が高いというのも大きな魅力です。

特長2 即日融資に対応している

大手消費者金融は即日融資に対応しています。審査は最短30分で完了し、申込から最短1時間でお金を借りることができるので、急いでいる時も助かります。

特長3 来店不要

大手消費者金融なら店舗や無人契約機に出向くことなく、ネットや電話で申込ができるため忙しい方にもおすすめです。本人確認書類や収入証明書もメールやアプリで簡単に提出できるので、自宅にいながら申込から借入まで全て行うことも可能です。

特長4 無利息期間がある

大手消費者金融は無利息期間を設けている業者が多いです。無利息期間中に完済すれば利息を1円も支払わずに済むので、短期間の利用なら低金利の銀行よりもお得に借りられる場合が多いです。

無利息期間がある大手消費者金融は次の通りです。

カードローン無利息期間
アコム初めてなら30日間無利息
プロミス初めてなら30日間無利息
アイフル初めてなら30日間無利息

特長5 低金利

大手消費者金融の上限金利は年18.0%が多いのでカードローンの中でも金利は高い方ですが、中小消費者金融に比べれば若干低めです。中小消費者金融は金利年20.0%に及ぶ業者も存在します。

5.みんなに選ばれているカードローンランキング

みんなに選ばれているカードローンをご紹介します。初めての方はこの中から選んで申込をしてみてください。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アイフル

アイフルは土日祝日含め審査は最短30分で完了し、最短即日利用が可能なため、今すぐ借入したい方や忙しい方、時間がない方に選ばれています。

また、アイフルには「配達時間えらべーる」というサービスがあり、自宅でカードを受け取る場合は指定の時間帯に受け取ることができるため、家族にバレたくない方の利用者も多いです。なお、郵送ではなくアイフルの無人契約でんわBOX「てまいらず」でカードを受け取ることもできます。

アイフル詳細

▼アイフルでお得に借りる方法はこちら
アイフルのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

6.絶対にお金を借りられる所の危険性

消費者金融や銀行から融資を受ける際には必ず審査があるので、審査に落ちてしまえば当然お金を借りることはできません。

審査基準こそ金融会社によって違いがあるものの、そもそも「審査がない」もしくは「誰でも借りられる」といった宣伝文句を売りにしている業者があるとすれば、それは闇金と思ってまず間違いありません。

闇金の利息は10日で1割や3割に及ぶこともザラなので、仮に10万円を借りたとするとたった10日で1万円~3万円の利息が発生する計算です。

支払いを滞納すれば自宅や職場に押し掛けるなどの強引な取り立てをするケースも珍しくありません。

安全な金融会社を選ぶ上では、絶対にお金を借りられる所などそもそも存在しないことをよく理解しておきましょう。

7.まとめ

どうしてもお金が必要な時はとにかく審査が甘いところ、絶対に借りられる所という基準で借入先を選びがちですが、最低限安全な金融会社かどうかはしっかりと見極める必要があります。

最近は闇金以外にもクレジットカード現金化や個人融資掲示板といった危険な情報が数多く出回っていますが、そのような手段を選んでも自分の首を絞めるだけなので絶対にやめましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket