アコム

500円玉貯金で100万円貯めることに成功!挫折せず着実に貯められる3つのコツや500円玉貯金の始め方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
500円貯金

「500円玉貯金って意外に貯まるって聞くけど本当かな?」

気軽に始めることができる500円玉貯金。あなたも今までに試したことがあるかもしれません。

実際にやってみると思ったように貯めることができなかったり、途中で開けて使ってしまったり、銀行で両替してしまったりするものです。

500円玉貯金を成功させるためにはコツがあります。コツさえ知れば500円玉貯金は予想以上にお金が貯まることを実感できます。

この記事では500円玉貯金の成功例や方法、成功するコツなどを書きました。ぜひご紹介する方法を参考にしていただき、無理なく貯金をどんどん増やしていきましょう。

1.500円玉貯金でこれだけ貯まった!成功例3つ

ぶたさん貯金箱と積まれた小銭

500円玉貯金の成功例を3つご紹介します。500円玉貯金でも継続すればこれだけ貯まるんだ!ということを知って頂き、目標額と期間の目安にしてみてください。

成功例1 8年間で100万円

500円玉貯金で100万円貯めるには、やはりある程度長い期間がかかります。長期目標を定め、貯金しながらでも余裕を持って過ごせるかどうかも考えましょう。

1年間で10万円貯めるなら期間は10年。1年で20万円なら5年で貯金できるわけですが、年間20万円貯めるのは結構大変です。

2年で30万円貯めるペースで進めることにして、8年でなんとか100万円貯めることができました。

途中で急な出費とかもあって貯金できないこともあるので、現実的に見て10年くらいを目標にすることをおすすめします。

500円玉貯金用の貯金箱には100万円サイズのものが売っているので、これを使い貯まった時の感動は忘れません。

成功例2 2年間で30万円

500円玉貯金で30万円貯めるには目標を立てるだけではなく、私にもできるという自信やモチベーションを保つことも必要です。

30万円の高額を目指す場合に大切なのは根気強さです。「月に何回500円玉を貯金すれば目標期間で30万円になるのか」を明確にして貯金していく必要があります。

初めて500円玉貯金をする場合、いきなり30万円を目指すのではなく、まずは1年間で10万円をクリアしてから30万円にチャレンジしてみましょう。

10万円をクリアすると自信がつきますし、500円玉貯金も楽しくなってきます。これを継続していくと500円玉貯金で30万円貯まる成功率も高くなります。

このように10万円をクリアした後、毎日500円玉貯金するのを目標にして2年で30万円貯めることができました。

成功例3 1年間で10万円

貯金用の500円玉を作ることができない日もあるだろうと考えて、1年間で10万円貯めることに成功しました。

1年間で10万円貯めるために、月に20日間は500円玉貯金する方法を実践しました。

500円玉貯金で大切なことは楽しく継続することなので、貯めたい金額よりも少し高めに目標を立ててゆとりを持って取り組んでいきましょう。

2.失敗しない500円玉貯金の始め方

500円玉貯金の始め方と流れをお伝えします。特に難しい流れはなく、今すぐに始められるので参考にしてみてください。

ステップ1 理想を設定する

理想とはお金を貯めたら何がしたいかというイメージです。海外旅行でも趣味に使うでも、使い道はなんでも構いません。

大切なのはその理想が「楽しいイメージ」であるかどうかです。毎日思い浮かべても飽きないものにしましょう。

紙に書いておくのも効果的で、現状から理想への架け橋にしてくれてモチベーションも保てます。いつでも見える場所に貼っておくと良いでしょう。

ステップ2 目標金額を設定する

理想が決まれば次は目標金額です。その理想を実現するためには一体いくらの現金が必要なのか、いつまでに達成したいのかを明確にしましょう。

貯金を成功させるためには、何年後に自分がこうなっているというイメージを持つことが大切です。500円玉貯金を始める前にしっかりと目標金額を設定しておきましょう。

ステップ3 貯金箱の購入

500円玉貯金には専用の貯金箱がいくつもあります。スタンダードな10万円貯金箱や30万円貯金箱だけではなく、50万円や100万円のものもあります。自分の目標に合わせて購入しましょう。

ステップ4 日常生活の中で無理なく貯金

貯金は無理なく始めていきましょう。貯めることを毎日の目的にせず、楽しむことを目的にすることがポイントです。

500円玉貯金の魅力は、なんといっても金額的にも価値が高く貯めやすいということです。

同じ硬貨でも10円や100円でがんばって貯金してもなかなか貯まりませんが、500円の場合はきちんと計画を立てれば大きな金額もどんどん貯まっていきます。

あまり急いで貯金をすると無理が生まれてきます。ある程度のんびりと貯金箱を信頼して貯めていきましょう。

ステップ5 500円玉貯金専用の口座を作る

自分の目標に合わせた貯金箱に500円玉が貯まったら、貯金専用口座に預金しましょう。

貯金専用口座の通帳を見ることでさらにモチベーションを高められ、次の500円玉貯金の成功にもつながります。

貯金専用口座でおすすめの銀行は、預金に手数料がかからない「ゆうちょ銀行」です。

曜日や時間帯に関わらず手数料は無料ですが、ATMで預金する場合、旧500円玉(平成11年以前の硬貨)は預金できないので窓口で預金しましょう。

三菱UFJ銀行など他の銀行の場合、「硬貨預金ができない(硬貨投入口がない)ATMがある」「休日は硬貨預金できない」「100枚以上の預金は手数料がかかる」ことがあるので注意が必要です。

なお、初めて500円玉貯金をする方は比較的少額の10万円、20万円貯まる貯金箱を使い、貯金専用口座にお金が貯まっていく実感を楽しんでみることも500円玉貯金が続けられるポイントです。

3.500円玉貯金を成功させる3つのコツ

500円貯金

せっかく500円玉貯金をスタートするのですから、途中で断念することなく貯金を成功させたいですよね。次は500円玉貯金を成功させるコツを3つご紹介します。

コツ1 日常の無駄を把握する

日常生活には意外と無駄が潜んでいます。例えば毎朝缶コーヒーを買ってしまう方や、ランチをコンビニや近くの定食屋で済ませる人はたくさんいますが、その分のお金は節約できるはずです。

仮に缶コーヒー1本が130円程度だとしたら、土日を抜いた20日間では月に2,600円使っています。

毎日500円程度の定食を食べている場合は月に1万円になります。「お弁当にすればいくら貯められるだろう」などと考えていけば、貯められる小銭が財布の中にどんどん増えていきます。

日常の無駄を把握して節約できることは節約し、500円玉貯金にまわしていくようにしましょう。

コツ2 習慣をつける

500円玉貯金は気がついたら貯金箱に入れているという習慣を作ることが大切です。習慣さえ作ることができれば、あとは毎日楽しんで貯金をしていくだけです。

習慣を作るためにも、できるだけ日常で多くの500円玉を財布の中に作り出すことを意識してみましょう。

小さな買い物でも千円札などお札を使うようにして、必然的にお釣りで500円玉が生み出される状況を作ることがポイントです。

例えば会計が600円の時は、1,100円を出してお釣りが500円になるように工夫すると良いでしょう。

なお、自販機など自動精算機の場合、先にお札を入れてしまうと100円玉でお釣りが出てしまいます。500円玉を出すためには、先に小銭から投入することが必要です。

例えば140円の缶コーヒーを購入する場合、先に40円(硬貨)を投入してから千円札を入れるようにすると500円玉と400円のお釣りが出てくることになります。

このように釣り銭で生み出された500円玉は「使わない」と意識することも必要です。

コツ3 とにかく楽しんでやる

楽しむためには「毎日理想を思い描く」「ゲーム感覚でやる」ことが大切になってきます。

理想を思い描くとは、貯まった後の未来を想像することです。

例えば500円玉貯金で貯まったお金をバカンスに利用する人は、その未来を思い描きましょう。車がほしい人、ブランドの時計やカバンがほしい人なども同様です。そんな自分を想像したとき、きっと新たなモチベーションになります。

ゲーム感覚でやることも大切です。1ヶ月の目標をある程度低めに設定し、慣れてきたら目標をほんのすこし上げてみたりして貯金そのものを楽しむことです。

家族や恋人と貯金をするのも一緒に楽しめて良いかもしれません。

4.500円玉専用の貯金箱の選び方

中身が見えない貯金箱

500円玉貯金をするときには使う貯金箱の形も重要になってきます。ポイントは2つです。

ポイント1 フタがない貯金箱を選ぶ

貯金箱はどのようなものでも良いわけではありません。まずはフタがない缶タイプのものを購入しましょう。フタがないものを選ぶ理由はもちろん、自分で取り出せないようにするためです。

せっかく貯めたものも途中でジュース代や細かいお金に使ってしまっては意味がありません。

よくある例が「現金を銀行に引き出しに行く時間がないから後でまた戻そう」と思って、貯金箱から使ってしまうパターンです。これではなかなか貯まりません。

ポイント2 中が見えない貯金箱を選ぶ

いくら貯まっているのか見えないようにするのも大きなポイントです。

始めたばかりであれば「まだこれだけしか貯まってない…」と思ってしまいますし、たくさん貯まっている場合には「これくらいで終わってもいいかな」と誘惑が生まれるかもしれません。

500円玉貯金はすべて貯まって初めて成功です。貯金には必ず500円玉貯金専用の貯金箱を買うようにしましょう。

5.500円玉貯金の失敗談と対策

500円玉貯金でよくある失敗談とその対策をご紹介します。

失敗談1 重みにだまされない

500円玉は硬化の中で最も重量があります。それにだまされて「貯まっている」という錯覚を感じないようにしましょう。

よくある失敗が結構貯まったと思って開けたら、思ったよりも金額が貯まっていないというものです。貯金を始めてある程度の月日が経った頃に起こりやすいかもしれません。

500円玉の重さに期待しすぎても、多少の月日では(貯金の頻度によりますが)貯まっていないかもしれません。

だからこそ硬貨の重さ(感覚)を信じず、最後の1枚が入らなくなるまで続けることが肝心です。

失敗談2 無理をして貯めようとする

無理して貯めるとは、日常生活へ影響が出たりする貯め方のことです。金銭面もそうですが精神面への影響もです。

たとえば楽しみにしていた友人とのランチをやめて500円玉貯金にあてたり、1週間の食費を減らして貯めたり、無理な節約術をすると自分へのストレスにつながります。

豊かな生活は精神が満たされていないとできません。500円玉貯金を重いものとしてとらえず、日常をより楽しくするための遊びとしてとらえてみてもよいかもしれません。

6.まとめ

500円玉貯金は貯まるのが早く、かつ大きな金額にも手が届きます。貯め切った暁には何がしたいのか。何がほしいのかという目標をきちんと持ちましょう。宝くじと違い、500円玉貯金は実現できる理想に挑戦することです。そのことを忘れず、毎日楽しく貯金をしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket